会社選びで見るべきポイントは?知名度や規模以外にどこを見るか

皆さんはどのような基準を持って会社選びをしていますか?この記事では企業の知名度や規模以外に重視するべき会社選びのポイントを紹介します。 

会社選びで見るべきポイントは?知名度や規模以外にどこを見るか
目次

就活の会社選びでは「軸」を持つことが重要

就活の「軸」とは

就活の軸とは、会社選びの基準となるものです。何を基準にエントリーする会社を決めるのか、判断材料とする基準やその優先順位が就活の軸となります。

就活では多くの業界や企業の中からどの企業の選考を受けるか選択します。中には内定を得るためにとにかく数多くの選考を受ける人もいるかもしれません。しかし就活ではどのような 基準で選ぶのか「軸」を持つことが重要です。

軸を持つことで受ける企業が絞り込みやすくなり、志望動機も書きやすくなります。企業を選ぶことで一貫性のある就活ができます。

面接で「就活の軸」について聞かれることも

就活の面接では、採用担当者に「あなたの就活の軸は?」と聞かれることも少なくありません。就活の軸からあなたの価値観がわかるため、この質問をすることであなたの大切にしている価値観や企業との相性が判断されます。

就活の軸についてしっかりと考えておくことで、面接で聞かれた時に慌てることなく答えることができるでしょう。

なぜその条件が自分にとって大切なのか、その理由も答えられるようにしておくといいでしょう。

会社選びのポイント

会社選びのポイント、就活の軸の例をいくつか紹介していきますので参考にしてみてください。

事業内容

企業の事業内容は重要な基準の1つです。その企業が現在どのような事業を展開しているのか、今後どのような新規事業を行っているのかなどその事業に自分が携わりたいと思えるかはとても重要です。

仕事内容や勤務形態

事業内容だけでなく実際に行う仕事内容や勤務形態も重視するポイントの1つです。実際に入社してどのような仕事をするのか、転勤や海外で仕事をすることもあるのかなど自分が働くとき重視するポイントがあるかしっかり確認することが重要です。  

企業の価値観

企業理念や企業が事業を通じてどのような目的を達成しようとしているのかなど、自分と企業の価値観が合うかどうかは早期離職を無くすためにも重要な条件です。

企業も自分たちに共感してくれる同じ価値観を持っている学生が欲しいと思っています。自分と価値観が合う企業のほうが採用されやすいです。  

企業の雰囲気や社風

企業の雰囲気や社風が合っているところは働きやすいです。仕事内容が良くても社風が合わないと職場になじみにくく、働きづらくて会社に出勤することが苦痛になってしまうかもしれません。

どのような雰囲気の社員の方が多いのか、活躍している社員の共通点など実際に働いている人たちについて知ることが重要です。

自己成長

自己成長はその企業で働くことを通じて成長できるのかというものです。将来は様々な仕事に挑戦することで成長し自分の市場価値を上げられる経験ができるのか重視する人もいます。

働いて成長し続けることは、自分のキャリア形成をするうえでとても重要です。仕事内容や研修、資格サポートなどどのような研修制度があるのかも確認してみましょう。

ワークライフバランス

プライベートと仕事が両立できる環境であるかも重要な基準です。休日や有給の制度が整っているのか、社員がきちんと制度を利用しているのかなど福利厚生の面も重視するべきポイントです。

また将来結婚や育児などライフイベント後も働き続けたいと考えている場合、育児休暇や育児サポートなどが用意されているかも重要です。

会社選びを成功させるためには

会社選びを成功させるためにはいくつか就活の軸を決めて、その条件に合うような企業を選択することが重要です。就活の軸は面接で質問として聞かれることもあり、価値観が合う企業ほど選考も進みやすいです。また就活の軸を定めるには自己分析や企業研究がとても重要になってきます。

自己分析

自己分析は就活でとても重要な作業です。今までの経験から何故その行動をとったのか、どんなことで喜びを感じるのかなど自分の価値観を言語化してまとめておくとより自己分析を深めることができます。自分について深く知ることでより仕事を選びやすくなります。

企業研究

企業の研究も自己分析と一緒に進めておくべきです。 企業がどのような事業を行っているのか、企業の価値観やビジョン、労働環境などなるべく多くの情報を収集しましょう。OB・OG訪問など直接働いている社員の方と話すことでより実際の状況に関する情報を得ることができます。

インターンシップ

インターンシップは企業や業界研究をするのにとても効率的な方法です。企業によってインターンシップのプログラム内容は異なりますが、実際の業務体験や社員の方との座談会など様々な経験ができます。より多くの企業のインターンシップに参加し就活の準備することが重要です。

会社選びで失敗しないために心がけておくべきこと

はじめは選択肢の幅を広げておく

就活の初期の段階では、選択肢をなるべく増やすことをおすすめします。はじめから「この業界だけ受けよう」「この職種に絞ろう」と決めると視野が狭まってしまいます。

就活のスタート時は、できるだけ多くの業界、企業、仕事を知るのがいいでしょう。その中から自分に合うと思う業界や仕事を選んでみてください。そこに自分の就活の軸が見えてくるはずです。

条件の優先順位を決めておく

仕事内容、社風、働く環境など自分が大切にしたい条件が絞れてきたら、その中で優先順位を決めることです。

条件の優先順位が決まっていると会社選びがスムーズになり、就活で迷うことも少なくなるでしょう。

軸は変わってもいい

就活を進めていくうちに、考え方が変わることもあります。いろいろな業界、企業、仕事を知ることで優先順位が変化することもあるはずです。

そうした気持ちの変化には柔軟に対応していきましょう。知識や経験が増えて大切にしたい基準が変わったら、就活の軸も柔軟に変えていって構いません。

最後に

就活は内定を取ることがゴールだと思われがちですが、実際は内定はスタートであり会社選びを失敗するとせっかく受かった会社で働くことが苦痛になってしまうかもしれません。

また企業と自分の価値観がマッチングしないと就活自体も上手くいきません。自己分析や企業研究をしっかり行い、就活に備えましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加


企業選び役立ち情報の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ