東京メトロのインターンシップ体験談

東京地下鉄株式会社の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

東京メトロ
目次
  • 東京メトロのインターンシップ(2018卒,9月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • 東京メトロのインターンシップ体験談(2018卒,12月)
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

東京メトロのインターンシップ(2018卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名 東京地下鉄株式会社
参加期間 一週間
参加時期 3年生の9月
大学名、学部名 京都大学、経済学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

もともと大学で都市交通に関するゼミナールに所属しており、勉強してきたことを生かすために都市インフラに関する仕事を探していました。その中で東京メトロの夏季インターンシップは、交通費、宿泊費などの手当ても支給され、面接してくださった方の印象も良かったため参加を決めました。長い夏休み期間を有効活用し、就職活動が本格化する前にインターンシップに参加することで今後の面接、グループワークにも生かせると考えました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

私にとってこのインターンシップが初めての就職活動になるため、スーツ、靴の準備や入室マナーの確認を行いました。また、好きな東京メトロの駅が面接で問われるという噂を耳にしたため、好きな駅とその理由を考えて面接に臨みました。

ES、面接の内容

ESも面接もインターンシップに応募した理由やインターンシップを通して何を学びたいかなど、スタンダードな質問が多かったです。他に、大学で今勉強していること、集団の中で自分はどんな役割を果たしていると思うか、ということを面接で聞かれました。

インターンシップで体験した仕事内容

5日間にわたるインターンシップでした。初日はインターンシップ参加者同士の自己紹介や東京メトロの仕事内容紹介でした。初日の午後には参加者全員で渋谷に行き、東京メトロが出資する建物の紹介や地下鉄銀座線渋谷駅リニューアルに関するお話を聞きました。二日目以降は二度のグループワークと発表がありました。一つ目のグループワークは東京メトロ所有の建設予定地へ行き、どんな建物が建設されるかを予想するというものです。ホテル、商業施設、オフィス、住居などからグループでの話し合いを通じてイメージを作り、それをイラストと文に起こして発表しました。二つ目のグループワークは東京メトロ全駅の中から新たに観光案内所を作るならどの駅がいいかを決め、その理由や実際に案内所を作る場所をプレゼンするというものです。プレゼンにあたって選んだ駅の写真を撮影することが課せられていたため、いろいろな駅をめぐりながら話し合いを進めました。以上の職場体験以外の時間は、社員さんの仕事内容などを座談会形式で聞いたり、研修で使われている模擬電車や模擬駅を見学したりという内容でした。参加学生同士で交流を深めることも重視されていて、グループの入れ替えが何度か行われました。

インターンシップで得たものや成長できた点

まず、グループでの話し合いや、大勢の前での発表に慣れることができました。各グループに一人ずつ社員さんがついていて、プレゼンや発表が終わった後に必ずフィードバックをしてくださるのでとても勉強になります。また、実際に働いてる社員さんに質問する機会が多くあったため、東京メトロの面接対策にも役立ちました。そして一週間、十人程度の少人数でインターンシップを行うため、参加学生同士が仲良くなり、インターンシップ後も交流が続きました。

インターンシップの報酬

無し

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

このインターンシップが非常に楽しかったため、交通インフラ業界を中心にそれ以降も就職活動を行いました。実際に就職したのは車両や交通システムを作っているメーカーですが、このインターンシップでの経験が役に立つと思います。

このインターンはどんな学生にオススメ?

交通インフラ関係の企業を志望する学生には広くお勧めできます。東京メトロは東京にしか路線がありませんが、東京に縁のない私でも参加できましたので、どのエリアに住んでいても興味があれば応募したほうが良いと思います。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

インターンシップにはぜひ参加してください。面接、グループワークなどの練習にもなりますし志望業界を固めるのにも最適です。また、どの企業のインターンシップに行ったかということをエントリーシートで聞いてくる企業は多くあります。インターンシップ中のグループワークなどは本番の面接でもエピソードの一つとして自己PRにつなげることができるので時間のある方は興味のある企業のインターンシップへの参加をお勧めいたします。

東京メトロのインターンシップ体験談(2018卒,12月)

インターン、学生情報

企業名 東京地下鉄株式会社
参加期間 1日
参加時期 大学3年の12月
職種 総合職
大学名、学部名 慶應義塾大学
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

これまで鉄道業界がどのような仕事をしているのかなどのビジネスモデルを知らなかったため。実際に研修所に行き鉄道業界の体感が出来るという基準でインターンを選びました。中でも東京で働きたいという思いがあったので東京地下鉄のインターンシップに参加しました。他にはIT業界を中心にメーカー、金融業界など幅広い業界を自分の目で見たいと思っていました。エントリーシートについては端的に分かりやすく書くことが必要だと感じました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

WEBテストの対策

ES、面接の内容

エントリーシートとWEBテストのみでの選考になります。WEBテストは簡単な計算テストなどですが、満点を取るのは不可能なレベルの問題でした。エントリーシートでは、自分の強みについての質問、そしてインターンシップで学びたいことを書きました。

インターンシップで体験した仕事内容

初めに簡単な会社説明と総合職の業務説明を受けました。その後、一般の方には公開されていない研修センターの内部に入って、電力システムや制御システムなどを見学しました。最後に社員2人に対して学生10人程度で30分の社員座談会を計2回おこないます。普段では見ることのできない電車の電力システムや制御システム等の見学は非常に有意義でした。そして、鉄道会社の総合職という働き方があまり想像できない職種について、様々な部署の方からお話を伺うことで働くイメージをつかむことができました。東京地下鉄は少数精鋭で若い人が活躍しているイメージ、株式上場も見据えて新しい取り組みもおこなっているというイメージを持てると思います。しかし、開催期間が1日間のみに限られてしまっているため、特にグループワークやプレゼンテーションなどをおこなう時間も設けられていません。そのため、他のインターン参加者との関わりはあまりありませんでした。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ