トーシンパートナーズのインターンシップ体験談

トーシンパートナーズの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • トーシンパートナーズのインターンシップ(2020年卒,11月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

トーシンパートナーズのインターンシップ(2020年卒,11月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社トーシンパートナーズ
インターンシップ名ライフプランインターンシップ
参加期間1日
参加時期2018年11月
大学名、学部名学習院大学 経済学部
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

東京ビッグサイトで行われた企業の合同説明会を通じて、採用担当の方と仲良くなったことをきっかけにインターンシップに参加してみようと思いました。トーシンパートナーズの社員さんは、他の企業の社員の方と比べて明るくてパワフルな人が多く、明るい社風を感じ取ることが出来ました。私は、働く場所に伸び伸びと働くことができることを求めていたので、そのような社員さんたちが明るく働いている様子を見たというのも大きなきっかけです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

カードゲーム方式のグループワークという内容だったので、特に準備したことはありません。

ES、面接の内容

東京ビッグサイトで行われた合同説明会に参加し、その時にインターンシップへの案内があり、

希望の日時を伝えることでインターンシップへの参加が確定しました。よってインターンシップ前にESや面接などはありませんでした。

インターンシップで体験した仕事内容

まずは、1日一緒にワークをするメンバーとの自己紹介です。しかし、普通の自己紹介ではなく自己紹介文を4つ書き、その中に1つ嘘の自己紹介文を混ぜ、他のメンバーひその嘘を当てるという自己紹介でした。次が、メインのワークになります。中央に沖縄旅行に行く。やルンバを買う。など60種類ほどの様々なライフプランのカードが置かれています。その中から自分が25歳の時にしたいカードを全て取っていきます。カードの裏には、そのライフプランを行うための平均費用が書いてあります。この平均費用と年間でしたい貯金の額、さらにカードにはなかった自分の趣味などへの出費を足して、年間に必要となる費用を計算するというものでした。ここから、自分が将来いくら稼げば全てのライフプランを実行出来るのかということを知ることが出来ます。ここで前半は終わりとなり、休憩を挟みます。休憩後、トーシンパートナーズがなにをしている会社なのか、合同説明会よりも詳しく説明があります。そのあと、トーシンパートナーズの社員さんの年収やプライベートなどの声を聞くことが出来ます。その後、グループでインターンシップの感想を共有し、全てのプログラムが終了となります。

インターンシップで得たものや成長できた点

このインターンシップでは、将来的に自分がしたい事を満足にするにはいくら稼がなければいけないのかを具体的な数字で知ることが出来ます。具体的に知ることによって、企業を絞る時の参考になる情報になります。さらに、グループワークを通して、他の人の意見も多く聞くことが出来るので、自分にはない考え方を聞くことが出来ます。このグループワークは今後するであろうグループディスカッションを軽く体験することが出来るので、その雰囲気を知るという面では大きく得たものがあったと思います。

インターンシップの報酬

無し

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

主に食品メーカーを中心に就職活動を進めていたのですが、不動産業界にも興味を持つようになりました。その理由は、1つ1つの営業が大きな額の営業になるので、責任はありますが、それだけやりがいのある仕事であると感じたからです。

このインターンはどんな学生にオススメ?

トーシンパートナーズに興味がある人もない人も、就職活動においてプラスとなるので、気軽に行ってみる事をお勧めします。また、グループワークが多いので人と話すのが苦手で就職活動が本格化する前に対策したいという人にもお勧めです。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

このインターンシップは深く考える事なく、自然体で臨めばいいと思います。社員の方も明るく接してくれるので、緊張せずに取り組むことが出来ると思います。服装は私服となっていて、ほとんどの人が私服でくるので大丈夫です。まだどの業界にするか全く絞っていない人、インターンシップにとりあえず参加してみたい人などはトーシンパートナーズのインターンシップに参加してみると、大体の流れを掴むことが出来るのではないかと思います。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


不動産・建設業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ