イトーキのインターンシップ体験談

イトーキの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

イトーキ
目次
  • イトーキのインターンシップ(2016卒)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

イトーキのインターンシップ(2016卒)体験談

インターン、学生情報

企業名 株式会社イトーキ
参加期間 1週間
参加時期 2015年8月
大学名、学部名 東京理科大学工学部
卒業予定年 2016年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

よく耳にする「営業」という職種について、実際にどういった仕事をしているのか、どういった人が仕事をしているのかを詳しく分かっていなかったため、営業の方の仕事をしている様子を間近で見てみたいと思ったのがきっかけです。その中でもイトーキさんを選んだのは、自分自身「オフィス家具」の分野に関心があり、イトーキさんから出されているチェアが人間工学に配慮しつつデザインもスタイリッシュに仕上がっている印象のものが多かったため、興味を持ったからです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

インターンシップの参加のために要求されていたものは準備しました。例としてはエントリーシート、経歴書の作成および提出などです。基本的にweb上で提出するものがおおかったため、エントリーシートもwordといったソフトで作成し、作成したものを提出しました。あとは、軽く業界雑誌等でオフィス家具のトレンドあたりは確認していました。

ES、面接の内容

面接はありませんでした。 ESについては、主に「大学で何を学んでいるか」「営業という職種についてどう考えているか」「なぜイトーキに興味をもったか」「インターンシップで何を学んでいきたいと考えているか」について回答する項目が設けられていました。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップは全部で5日間のプログラムとなっていました。内容的には、「営業の方の同行」は初日〜最終日まで、「ショールームの見学」は2,3日目、「営業向けのプレゼン資料作成のロールプレイ」は4〜5日目に行わる、といったものでした。「営業の方の同行」は、イトーキさんの社員の方が営業で他者等に赴く際に同行させて頂き、クライアントとの打ち合わせや会議といった場に参加せて頂きました。また、ちょっとした座談会もセッティングして頂き、他社の方と仕事やキャリアの話についてお話しさせて頂き機会も設けて頂きました。「ショールームの見学」については、イトーキさんのショールームを見学させて頂き、実際のレイアウトや製品の用いられ方を詳細に説明して頂けました。また、チェアに座ったりデスクを使ってみたりなど、製品を実際に体験することもできました。「営業向けのプレゼン資料作成のロールプレイ」は、「あるクライアントにイトーキさんの製品を用いたフロアのレイアウトの提案を行う」という内容のロールプレイを行い、同じくインターンシップに参加していた同期とチームを組んで、プレゼンを行う、というものでした。インターンシップ参加時は、1日の終了時間間際に日報を書き、内容を残すといったこともしていました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ