TDCソフトのインターンシップ体験談

TDCソフトの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

TDCソフト
目次
  • TDCソフトのインターンシップ(2022卒,8月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • TDCソフトのインターンシップ(2019卒,9月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

TDCソフトのインターンシップ(2022卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名TDCソフト株式会社
インターンシップ名1DAY仕事体験
参加期間1日
参加時期大学3年生の8月
職種システムエンジニア
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

幅広い業界を見ている中で、TwitterでTDCソフトのインターンシップは本選考への優遇があるという情報を見かけ、とりあえず早期内定が欲しいと思い応募した。転勤したくないという考えからIT業界にも興味を持っていたので、まずは業界の概要を知りたいという思いもあった。加えてTDCソフトは選考がウェブテストのみ、かつ時間が短い1dayなので、参加のハードルが低かったことも応募理由の一つ。まずはこういった軽めのインターンシップに参加し、IT業界への理解を深めたいと考えていた。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ウェブテストのみの選考のため、対策本を解いたり、他社のインターンに応募して練習したりすることで対策していた。

ES、面接の内容

ウェブテストのみ。ESや面接はなかった。
テストの形式は

自宅受験のTG-WEB。科目は言語、非言語、性格。時間は60分程度で、問題数はあまり多くなかった。
選考はテストだけなので、少なくともコミュニケーション力や文系理系の区別、業界の志望度などは気にする必要はない。

インターンシップで体験した仕事内容

形式はすべてオンラインだった。
時間は3時間半~4時間程度。
企業理解・業界理解を深める講義形式と、簡単なゲーム形式のグループワーク。
会社紹介→質疑応答→グループワークという流れ。
参加者は全体で20人程度。グループワークの際はブレイクアウトルームに分かれ少人数で取り組んだ。

最初にSIerに関する説明と会社紹介があり、SIerとは何かという基本的なところから説明があった。システムエンジニアの業務に関しても説明を受けたのちに、グループで論理クイズのようなゲームに取り組んだ。グループワークはあまり凝ったテーマではないものの、論理的思考力が求められるので頭をしっかり働かせる必要があった。時間内に正しい回答を出しているグループはあまりなかったので、クイズ自体の難易度は高めだったと思う。

また、人事社員との座談会の機会もあり、業務内容や会社について気になったことを聞くことができた。最後には退職金に関する講義もあり、TDCソフトだけではなく一般的な知識として役立った。

インターンシップで得たものや成長できた点

それまでSIerのインターンシップに参加したことがなかったので、業界の概要について知ることができた点で良かったと思う。特に、インターンシップに参加する前までは、文系からシステムエンジニアになるのは無理だと思い込んでいたので、その印象は大きく変えることができた。
また、グループワークは論理的思考力が求められるので、頭を使うことで論理的に物事を考える力を養うことができたと感じる。グループワークの練習にもなった。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

SIerにシステムエンジニアとして就職予定。
主な理由は、ITへの興味がもともと強かったことに加え、専門性を身に着けて市場価値の高い人材になりたいという思いがあるから。また、SIerの場合はほとんど転勤がない点にも魅力を感じた。

このインターンはどんな学生にオススメ?

IT業界に興味がある学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

本選考への優遇があるので、早期内定が欲しいという学生は参加した方が良いと思う。SIerについて全く知らなくても、1から丁寧に説明があるので安心して参加して良い。業界理解もでき、早期内定のチャンスにもなるインターンシップだった。
私はこのインターンシップを通じて年内に内定を頂くことができ、その後の就活では本当に行きたい企業に絞って選考を受けることができた。早期内定に繋がりそうなインターンシップには積極的に応募すると良いと思う。

TDCソフトのインターンシップ(2019卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名TDCソフト株式会社
参加期間1日
参加時期大学3年の8月、2017年
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

新年度が始まり、就活のナビサイトに登録した後企業からの宣伝メールを受け取ったのがそもそも会社を知ったきっかけでした。メールには、就職活動について何もわからない人向けにインターンシップをしますという旨が書いてありました。もともとIT系に興味があった上、何をしたらいいのか、何を基準に企業を判断したらいいのかわからなかったため、このインターンシップに参加してたくさん情報を仕入れようと思い参加を決意しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にありません

ES、面接の内容

就職活動を始めたばかりで何もわからない人向けに開催されたインターンシップだったため、

ESも面接もありませんでした。このため、ナビサイトに必要な情報を登録すれば、希望者は誰でも参加することができました。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップでは以下の2つを行いました。
1つ目はグループワークです。2種類のグループワークをしました。仕事自体はチームでするものだから、ということで1種類目はチームメンバー間のコミニュケーションにある制限を設けられた上で与えられた課題に取り組むものでした。2種類目は、複数のチームを合併させて1種類目と同様に制限を設けて与えられた課題に取り組むものでした。どちらもチーム・グループ間でスピードや正答率を競い合ったため、かなり盛り上がりました。
2つ目は社員との懇談、質疑応答です。3名の若手社員が前に出てきました。インターンシップに参加している学生から出てくる、IT企業のイメージや残業の程度といった様々な質問に答えてくださりました。また、採用担当社員の方々が、会社の説明をしてくださった後にナビサイトの会社概要の見方について非常に熱心に説明してくださったのが印象的でした。就職活動を始めたばかりの学生はイマイチ理解してないであろう、給料表示の意味や、 IT企業によくある派遣や受託などの説明をホワイトボードを使ってきちんと説明してくださりました。一般的な説明をした上で、この企業はこんな良い面がある一方、こんな悪い面があると丁寧に札名されていました。

インターンシップで得たものや成長できた点

グループワークを通して、コミニュケーションの必要性と重要性を実感しました。また、本来誰も教えてくれず自分で調べてやっと理解できるかという企業情報の簡単な見方についても知ることができました。このインターンシップで、IT企業に対するイメージが変わった上、仕事に対する具体的イメージも湧きました。このインターンシップに参加していなければ、IT企業に対するイメージも変わらず、チームでの仕事に対するイメージもわかなかったと思います。

インターンシップの報酬

QUOカードをもらいました。

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

参加するまで IT企業に努めようか悩んでいましたが、インターンシップに参加してから自分で仕事に対するイメージがつかめるようになったので、IT企業でチームで働くことができるようなプログラミングをする仕事をしたいと思うようになりました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

就職活動を始めたばかりの学生、IT企業を狙おうか悩んでいる学生、IT企業を希望するが企業の社風を見たい学生、どんな学生にもオススメしたいです。もっというと、企業の誠実さを見たい学生にはぜひ参加するのをお勧めします。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

いざ就職活動を始めようと思っても、何をしたらいいかわからず、どんな会社を見てどうやって判断したらいいのかわからないことだらけだと思います。この企業は、学生のそのような気持ちに寄り添いフォロー・手助けしていただけるようなインターンシップを開催してくれます。私もわからないことだらけで、会社に行くのすら怖かったのですが、このインターンシップでそんな気持ちを拭うことができました。インターンシップは就職活動の大きな一歩になると思います。

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


IT・通信業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ