みずほ証券のインターンシップ体験談

みずほ証券の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

みずほ証券
目次
  • みずほ証券のインターンシップ(2022卒,9月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • みずほ証券のインターンシップ(2022卒,8月①)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • みずほ証券のインターンシップ(2022卒,8月②)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • みずほ証券のインターンシップ(2022卒,8月③)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • みずほ証券のインターンシップ(2022卒,1月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • みずほ証券のインターンシップ(2020卒,9月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

みずほ証券のインターンシップ(2022卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほ証券株式会社
インターンシップ名
参加期間1日
参加時期大学3年生の8月
職種
大学名、学部名中央大学・法学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私は、メインな業界としては金融業界を見ていました。その中でも、特に銀行に憧れを持ち、銀行を第一志望としてインターンシップの申し込みを各種行なっていました。しかし、調べていく中で、銀行は、そのグループの中でいかに収益を出していくかが、最近のトレンドであり、例えばみずほであればOne Mizuhoという理念の下で、銀行・信託・証券の連携が必要不可欠で、常に、グループ間でお客様を回していると説明会やサイトで耳にしました。そこで、証券も申し込むことにしました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ニュースサイトを見ました。

ES、面接の内容

インターン参加のためのエントリーシートは気を衒ったものではなく、

基本的な学生時代に力を入れたことや志望動機、そして、資格を持っているかなどだったので、そこまで難易度は高く無いと思います。また玉手箱を受けることがありました。

インターンシップで体験した仕事内容

まず、みずほ証券の行なっている証券業務についての説明がありました。これは、金融に知識が無かった私にとっては中々ハードルが高く、難しかったです。次に、株を出す会社側への営業を行う発行体チームと、株を買う投資家への営業を行う投資家チームに分かれて、それぞれヒアリングや営業活動を交えて、会社側には、より多くの株を発行してもらい、投資家側にはより多くの株を買ってもらうように提案します。そして、これを同じ班の中で分かれた2チームが回転して、合計して点数を合わせていくといった流れです。発行体の特徴としては、株を発行するという行為は、実は資金調達の一環であり、銀行からの融資の割合や社債の割合をどうするかで悩みました。また、時間が限られた中で、いかに投資家(個人の時もあれば会社の時もあります)の方から会話を引き出して、それに相応しい株を購入してもらうかで、発行体チームの発行した中から買ってもらう量が決まるのでチームワークが重要でした。

インターンシップで得たものや成長できた点

銀行・信託・証券の連携が一体どのように行われているか非常に気になっていたのですが、実際に株を発行する会社への営業の際に、みずほ銀行からはいくら融資できるかなどの事も含んで営業をしていったので、実際に連携が行われているのだと感じて納得しました。また、信託が一体どのように連携していくのかは分からなかったのですが、投資家の扱う巨額の金を信託を通じて、さらにみずほ内で囲い込むということで活かされるのだと感じました。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

夏時点では、金融をメインにしながらも色々な業界を見て行ったのですが、今回のインターンシップを通じて、更に金融への関心が深まったので、銀行・信託・証券と幅を広げて志望していっています。また、それらの業界は割と体力を求められると聞いたので、政府系金融機関も今後は志望していきたいと思っています。

このインターンはどんな学生にオススメ?

金融に興味がある人

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

このインターンシップは金融知識をかなり詰め込むので、全く事前知識が無い人はかなり大変だと思いますが、学生であるうちは多少の失敗は全然大丈夫なので、とりあえずエントリーして力試しをしてみることをおすすめします。何故なら、あなたが見ている業界にもしかしたら、何らかの形で、関わっているかもしれないですし、働き方が意外と気にいるかもしれないからです。特に、みずほともなると、世間的にも高い評価を得ているグループであるので、経験としても一回見てみることをおすすめします。

みずほ証券のインターンシップ(2022卒,8月①)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほ証券
インターンシップ名Summer 1day Internship【業界理解編】
参加期間1日
参加時期大学三年生の8月
職種
学部名法学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

証券業界の理解を深めたいと思ったためです。夏休みに入る前、業界地図を観るだけでは、証券業界が良く分からなかったこと、直接金融で働くことの醍醐味というのを学ぶ必要があると感じていました。初めて証券業界を見始めたときに5大証券のどこかにまず行ってみようと思い立ち、その中でも特にインターンが1日で業界の理解から業務内容の理解までがギュッと凝縮されて体験できるということで、みずほ証券のインターンに参加しようと思い立ちました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ES,玉手箱の勉強

ES、面接の内容

ESは、「学生時代に力を入れたことについてお答えください。」と、

「ご自身が選択したインターンシッププログラム・コースを志望する理由、なかでも当社のインターンシップを志望する理由を入力してください。」の2問でした。面接のフローはなく、WEBテストとESのみでした。

インターンシップで体験した仕事内容

オンラインでの実施で、証券業界の理解から、みずほ証券の社風の理解に至るまでを広くレクチャーしていただきました。そののちに、グループワークで、実際に証券ビジネスの一部を体験した後、社員の方々との座談会において、ざっくばらんに学生からの質問を対応していただくという流れでした。グループワークについては、証券化までの過程と、証券営業の過程、それからONEMIZUHOの連携力の強さを実感できるプログラム内容でした。ワーク中は、グループごとにメンターが付き、終始分からないことがあれば質問することができ、場合によってはアドバイスをくれるなど、サポートし続けてくれました。初めて証券会社のインターンで、知識等が全くない状態で参加しましたが、特に不安に感じることもなく、集中して参加することができる内容でした。そしてグループワーク終了後には、社員の方から営業時の心構えやあるべき姿についてのフィードバックをいただくことができ、みずほ証券の社員の方の雰囲気の理解に繋がりました。

インターンシップで得たものや成長できた点

得たものについては、証券業界やみずほ証券の理解が深まったこと、そして座談会において、働き甲斐の理解等も深めることができました。また座談会を通しては、人柄の理解というところもできました。成長できた点については、レベルの高い学生と限られた時間の中で答えを出すために、終始自身の主体性を意識していたので、主体性の点と、時間が結構タイトで議論をまとめるまでの時間配分に対する意識が高まりました。ただ本当に証券に対する知識がなくても、手厚いフォローがあるので大丈夫です。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

金融業界、総合商社に興味を持っています。金融業界は、銀行、証券会社、損害保険会社を中心に見ています。理由は、どちらも、海外で働ける可能性があるということと、付き合う人が限られた業界ではなく、本当に幅広いためです。

このインターンはどんな学生にオススメ?

証券業界を初めて見る学生におすすめです。もちろんみずほ証券の志望度が高い学生も参加するべきだと感じました。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

先ほども書かせていただきましたが、証券に対する知識がない状態で参加しても、フォローアップが充実しており、不安になるようなことはないので、やる気と主体性さえあれば問題ありません。また、1日で理解を本当に深めることができるので、初めて証券会社のインターンに参加する際に迷ったら、みずほ証券のインターンに参加することはおすすめです。ただ結構参加者のレベルは高いので、ESとWEBテストだけは、よく準備して挑む必要があります。

みずほ証券のインターンシップ(2022卒,8月②)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほ証券株式会社
インターンシップ名Summer 1day Internship【業界理解編】
参加期間1日
参加時期大学3年生の8月
職種
大学名、学部名慶應義塾大学経済学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

経済学部に所属しているということで、経済学部で学んだ知識を活かしたり経済の動きを常に感じていることができる仕事に就きたいという想いから金融業界を志望しており、金融業界についてとにかく業界理解、企業理解を深めたかったからです。そのため、金融業界の複数日程のインターンシップには積極的に申し込んでおり、保険やメガバンク、信託銀行等のインターンシップも併願する中でこのみずほ証券のインターンシップにも参加しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ESに関して、就活サイト等を活用して過去に通過したESを読み込み、それを参考にして読みやすい文章を書けるように準備しておきました。

ES、面接の内容

エントリーシートに関しては「学生時代に力を入れたことを教えてください。」と

「ご自身が選択したインターンシッププログラム・コースを志望する理由、なかでも当社のインターンシップを志望する理由を入力してください。」という設問の2つでした。以上のESとwebテストのみでの選考となります。

インターンシップで体験した仕事内容

1day開催で6時間前後のプログラムでした。内容としては、証券業界における事業内容や業務内容、みずほ証券の強みや特色についての理解を深めることを目的としたもので、「投資家と発行体を繋ぐ」というテーマの業務体験グループワークを行いました。内容は1dayインターンシップではあったものの、かなり濃密なプログラムでした。具体的なタイムスケジュールとしては、まず証券業界全般の業務内容(営業部門、グローバルマーケッツ部門、投資銀行部門それぞれ)についての説明、証券業界を取り巻く現状や将来性についての講義が行われ、その後みずほ証券の業界内での立ち位置、強み・弱みなどの特徴、これからの経営方針などについてのレクチャーがありました。その後、営業部門と投資銀行部門の業務それぞれについて理解を深めるような簡単なグループワークや社員座談会を行いました。証券会社での業務内容やみずほ証券の強み、社風などを深く学ぶことができるような内容のインターンシップだったと思います。

インターンシップで得たものや成長できた点

みずほ証券が、五大証券会社の中でも野村證券、大和証券、SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券などとどのような違いがあり、どのような特徴を持った会社であるのかについて、本インターンシップにも参加することで理解を深めることができた点が良かったです。また、証券会社が現在置かれている状況や、その中でどのような戦略を立てているのかといった業界動向に関してもしっかりと学ぶことができたと考えています。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

夏の早い時期ということもあり、参加前までは証券業界全般についての知識が乏しく、志望度もそれほど高くありませんでしたが、本インターンシップを通して証券会社での業務内容やみずほ証券の強み、社風などを深く学ぶことができたため、志望度が上がりました。しかし、他社のインターンシップなどを通して金融業界について広く検討した結果、最終的には金融の他業界の企業に就職することを決めました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

金融業界を志望しており、中でも証券業界を志望している方は参加した方がいいと思います。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

まず、早期選考ルートに乗れるといった特典はありませんが、リクルーター面談や模擬面接の案内をいただけるのみならず、インターンシップに参加すると業界理解・企業理解が非常に深まるため、参加することを強くお勧めします。また、インターンシップ選考について、まずESに関しては、就活サイト等を活用して過去に通過したESを読み込み、それを参考にして読みやすい文章を書くことが大切だと思います。webテストに関しては、他社選考において出題形式に慣れておくことが重要だと思いました。

みずほ証券のインターンシップ(2022卒,8月③)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほ証券
インターンシップ名投資銀行部門
参加期間1週間
参加時期大学院1年生の8月
職種投資銀行部門
大学名、学部名神戸大学大学院 工学研究科
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

身につくスキル,年収の高さが魅力で投資銀行に興味をもち参加した.外資系は興味があったか通過しなかった.日系IBを2社受けたが,特にこの会社を選んだ理由はない.もう少しGMやアクチュアリーなど幅広く調べておけばさらに満足する選択ができたと考える.
また,レベルの高い学生と知り合うことも目的の一つとしていた.期待通り学生のレベルは高く,基本は東大京大早慶,たまに宮廷といった感じだった.すでにMBBの内定持ちや,外銀ジョブ参加者が多数だった.

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

会社指定の財務に関する本を読んだ.

ES、面接の内容

これといった特徴は特になし.ベーシックな内容.証券会社におけるIBの位置付けを理解して志望動機を練るなど,

差別化が必要.また,年次の高い方が面接官になり得るため,臆せず経験と思って取り組むこと。圧迫とかはない。

インターンシップで体験した仕事内容

大きくわけて2つあり,講義と実践からなる.1日目と2日目の午前中は講義,以降はワークを行う.
講義について,ここでは投資銀行とは,といった入門からバリュエーションまで深く説明がされ,リーグテーブルを用いた自社の特徴の説明から,カバレッジ ,プロダクト,MAアドバイザーの仕事について触れていく.デットやエクイティに関して,ワークには不必要だと思われるところまで詳細に教えてくれる.私は全くついていけなかったが,周囲の外銀ジョブ参加者も講義は完璧に理解しているわけではなかった.説明の後,部署の社員の方との質問会が開催され,ここで疑問を解消することができる.
ワークに関しては,クライアント企業に対するMA提案がお題であり,クライアント企業,MA先ともに選択肢が提示されている.また,IR情報に関するリンクが既にまとめられており,非常に取り組みやすい内容となっている.ワークの詳細な進め方としては,企業分析,ストーリー設計,スライド作成からなる.特に企業分析とバリュエーションでは数字を見るため,経験者が有利であった.

インターンシップで得たものや成長できた点

大きくは3つある。1つは,実際に働いたらどんなことをするのか,詳細に想像できたこと。他社のインターンとは異なり,良くも悪くもそれなりに実務に近く学生が努力しないと篩い落とされるような内容であり,非常に満足度が高い.2つ目は,レベルの高い学生と会えたこと。その後も関係が続き,勉強になり感謝している.3つ目は,企業分析になれたこと.この数日でIRやPL/BS/CFを見続けたため,その後の企業分析にそれなりに活きたと感じている.

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

業界は特に決めていない.現在の内定先に決定した理由は,ワークライフバランスや単に縁の有無などが原因.もともと幅広く業界を見ており,どの仕事にも魅力を感じていたが,内定を頂けた企業が限られていたため.金融専門職の内定があればそちらに行ったと思う.

このインターンはどんな学生にオススメ?

投資銀行志望者

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

周囲のレベルの高さに焦らず頑張ってください.適切な準備を行い,冷静に現在やっているワークの内容を把握できれば,処理できない問題はないです.専門性の高いところは素直に経験者に頼り,できることをこつこつ行えば大丈夫です.
また,このインターンシップで出会える学生は非常に優秀なので,つながりを保持することをおすすめします.就活を終えて蓋を開けてみれば,私の班員は戦コン,外銀,日銀,商社の内定者がいました.

みずほ証券のインターンシップ(2022卒,1月)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほ証券
インターンシップ名
参加期間4日間
参加時期大学3年生の1月
職種営業
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

完全に業界を絞っていたわけではないが、金融業界に当時興味を持っていた。その中でも証券業界に関心があったため、インターンシップに参加して証券業界について知ろうと考えてインターンシップに参加した。そして、証券業界の中でも5大証券の一つ、みずほ証券のインターンシップに参加することで、証券業界だけでなく、みずほ証券についても知ることができ、証券会社で働くイメージを具体化できると考えて参加した。また、みずほの場合、One MIZUHOが売りであるため、みずほグループとの連携についても知ることができると考えた

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特別なことは何もしていないが、他社の証券企業のインターンシップで事前知識はある程度身についていた。

ES、面接の内容

ESはごく一般的な内容で

ガクチカと証券業界・このインターンシップの志望動機の2つだけである。面接の質問内容もエントリーシートの軽い深堀程度でしかない。時間は30分程度と短く、逆質問の時間も少ししかない。

インターンシップで体験した仕事内容

基本的にワークの前に必ず説明が入る。証券業界の説明からみずほ証券の企業理解説明。そして証券営業の仕事内容に関する説明が行われた。ワークはすべてのワークにおいて同一の6人のメンバーでグループワークを行う。グループワークの内容は4日間かけて架空のお客様(企業の社長とその家族)に対して証券営業を体験すると言ったもの。代表者を毎回1人決めて、お客様(社員の方が担当)に対して証券営業のシミュレーションを行い、情報を揃え、最終日の発表に向けて準備を進める。シミュレーションの回数は1人1回ずつくらいである。ワークはかなり資料を読み込む。具体的には、お客様やその企業の情報、相続、事業承継に関する情報、金融商品に関する情報などがある。これらの情報を全員で読みつつ、お客様に対してどのような営業を行うのかをグループで話し合っていく。メンターは2班に1人ついてくださるので、かなり質問などはしやすく、フィードバックも手厚い。

インターンシップで得たものや成長できた点

証券業界に関する知識や証券営業のリアルな仕事内容に関しては特に知ることができた。また、みずほ証券が他の証券会社と比べてどのような特徴があるのかも詳しく知ることができた。また、読み込む資料がかなり多く、全て実際に使っているもののため、金融商品に関する知識も身につけることができた。また、グループワークは4日間常に議論している状況と言っても過言ではないため、議論に必要な能力は全体的にかなり身についたように感じる。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

IT業界。このインターンシップの参加前からIT業界に興味を持っていて、どの業界にしようかと考えていた。このインターンシップに参加して、証券業界に関して詳しく知った上で、自分の適正と証券業界はあまりマッチしていないと言うことを感じたので、証券業界をやめてIT業界を選択した。

このインターンはどんな学生にオススメ?

証券業界、みずほグループを志望している学生。ガッツリインターンシップをやりたい学生。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

このインターンシップのテーマは企業理解だったため、みずほ証券やみずほグループに興味のある人はぜひ参加してみてください。また、証券業界の知識や証券営業の仕事内容に関してもかなり詳しく知ることができるので、参加することを強く勧めます。ただし、グループワークの内容自体は結構レベルが高く、周りの学生も優秀な人が多いので、他のインターンシップなどで経験値をしっかり貯めて、本気で挑戦することを推奨します。頑張ってください。

みずほ証券のインターンシップ(2020卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほ証券
インターンシップ名サマーインターンシップ
参加期間1日
参加時期大学院1年生の9月
職種総合職
大学名、学部名筑波大学生命環境科学研究科
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

理系として、生産技術、研究開発、商品開発以外の道もあるのではないかと考えた。理系のメーカーへの融資等で理系の知識が活かしたい、また半沢直樹がかっこいいからという理由で金融業界に興味を持ち、メガバンクの中でも自分が利用しているみずほに注目した。ワンデーインターンとお手頃で、金融業界について知ることができるし、理系としてどのように活躍する事ができるのかを知りたいと思い、みずほ証券のインターンシップに参加することを決めた。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ESのみの選考だったので、ESを簡潔に分かり易く書いた。

ES、面接の内容

学生時代力を入れたことについて、

その成果もわかるように記載(300字)、みずほ証券採用HPの中で印象に残った記事、または人物について理由も併せて簡潔に記載(100字) 、2018年8月31日の日経平均株価の終値が上昇しているか下落しているかを予想し、その理由と合わせて簡潔にご記入ください 例)下落。米中貿易摩擦への懸念により・・・(100 字) 上記の内容であった。

インターンシップで体験した仕事内容

始めに、みずほフィナンシャルグループ全体の説明を受け、金融業界の中でも財閥系でなく、独立系だからこそできることや総合金融グループだからこその強みを聞いた。その中で、みずほ証券は発行体と投資家をつなぎ、あらゆる社会課題を解決に導くことを行っている事を学んだ。次に、実際に社会課題の解決に向けて、金融ビジネスモデルを構築し、どのように価値提供を行うかというグループワークを行った。このグループワークがほとんどの時間を占め、社会課題を見つけるところから証券会社としてどう解決できるか、どう価値を生み出せるかを議論して詰めていった。社員さんも1グループに1人ついてくださり、本質性のあり、実現性のビジョン、金の流れが具体的にどうであるかをアドバイスしてくれた。最後に、各グループの発表を聞き、質疑応答とフィードバックを行った。発表練習もしっかりし、各グループしっかりと練りこまれた内容で面白かった。グループワークが重かったが、非常にためになる内容であった。

インターンシップで得たものや成長できた点

みずほフィナンシャルグループとは、金融業界でどういう立場なのか、またみずほ証券はその中でどういう事ができるのかを知ることができた。また、よく分からなかった証券会社が、発行体と投資家を繋ぎ、あらゆる社会課題を解決に導く事を指名として、仕事に取り組んでいる事を感じることができた。グループワークが非常に難しかったが、ビジネスに関する目線、グループで物事を進める力、証券の仕事に求められる力が身についたと思う。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

化学メーカーに就職予定である。 インターン期間で、金融業界や商社業界を見る事ができた。だからこそ、自分は実際にモノづくりの観点から、社会に貢献し、活躍したいと感じた。インターンで他の業界から学んだ事は働く上でも活かせる視点だと思う。

このインターンはどんな学生にオススメ?

金融業界に興味ある学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

金融業界に興味のある学生は非常にためになります。金融業界の中でも財閥系でないみずほフィナンシャルグループだからこそできる事がとてもよくわかります。グループワークがとても重く、大変ですが、その分、ビジネスに関する視点やグループで物事を進める力が身につきます。ここで身に着けておけば、今後これよりきついワークはそうないと思います。ただお金を動かすだけでなく、社会課題を解決に導くことができる金融業界はとてもやりがいがあり、面白いと思います。ぜひチャレンジングにインターンシップに参加してほしいです。

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
みずほ証券株式会社の新卒・インターン関連募集
みずほ証券株式会社に関する情報


金融業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ