三井不動産レジデンシャルのインターンシップ体験談

三井不動産レジデンシャルの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

三井不動産レジデンシャル
目次
  • 三井不動産レジデンシャルのインターンシップ(2018卒,9月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

三井不動産レジデンシャルのインターンシップ(2018卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名 三井不動産レジデンシャル株式会社
参加期間 一週間
参加時期 3年生の9月
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

元々は銀行に就職したくてその一環で宅地建物取引士の資格を取得していました。資格をもっているのだしついでに不動産業界も見てみるか、といった気持ちでなんとなく目についたこの会社のインターンシップに応募してみました。
不動産業界についての知識はほとんどなく、この会社についても何も知らなかったので本当にたまたまリクナビで応募をしました。
ですので、この会社のインターンに参加した理由はほとんど無かった気がします。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

選考内容に面接があったので、提出したESの内容を確認するくらいでした。

ES、面接の内容

ESは学生時代頑張ったことや不動産業界に志望した理由など、オーソドックスな内容でした。
面接は集団面接で、学生3人に対して面接官は1人で行われます。
内容はESの深堀が主で、特に変わったことは聞かれませんでした。

インターンシップで体験した仕事内容

初日はこの会社が手掛けた物件の見学から始まります。実際にモデルルームに行って先輩社員の話などを聞きます。
その後は会社に帰って、不動産業界のことや三井不動産レジデンシャルの会社についてを座学で学びます。
二日目以降は5~6人のグループに分かれてグループワークを行っていきます。
ワークの内容は、この会社が現在建設しているマンションについてのわずかな情報を与えられ、そのマンションの具体案をグループで決めていきます。
マンションの価格、間取り、共有部施設などを周辺のマンション価格を参考にしてターゲット層を絞り込んで、時には実際にその場に赴いてフィールドワークもします。
そうして作り上げた具体案を全体に向けてグループごとに発表を行います。
発表の後は懇親会が開かれ、先輩社員の話を聞かせてもらえます。
また、インターンシップの途中に社員に同行して実際に会議に出席したり建設現場を見学させてくれます。
通常は会議室等で閉じ込められてグループワークをするインターンが多い中で、会社の内容を深くまで見せてくれるので少し驚きました。
班ごとに会社の出入りが自由だったり社食も自由に使って良かったりなど、全体を通して自由に活動のできるインターンシップでした。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ