マッキンゼー・アンド・カンパニーの短期インターンシップ体験談

マッキンゼー・アンド・カンパニーの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • マッキンゼー・アンド・カンパニーのインターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

マッキンゼー・アンド・カンパニーのインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名マッキンゼー・アンド・カンパニー
参加期間3日間
参加時期大学3年生の11月
職種コンサルタント
大学名、学部名早稲田大学政治経済学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

マッキンゼー・アンド・カンパニーにおける採用には、インターンシップへの参加が必須となっています。多くの方がご存知のように、マッキンゼー・アンド・カンパニーはコンサルティング業界においけるトップ企業であり、世界的に活躍できる企業です。私は、将来海外で働きたいという思いと、なかなか課題が解決せず、イノベーションを起こせずに困っている企業の手伝いをしたいという思いを持っていました。このような思いを両方とも達成するため、このインターンへ参加しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

常にビジネスをどう改善することができるかについて考えていました。

ES、面接の内容

面接の質問はいわゆるケース面接でした。マッキンゼー・アンド・カンパニーの場合、ホームページに過去の面接で使われていたケースが数題用意されています。それを友人とともに時、お互いの答えにフィードバックする形で対策をしました。

インターンシップで体験した仕事内容

マッキンゼー・アンド・カンパニーのインターンシップは、実際の仮想ケースを与えられ、チームでそれを3日間かけて解き、その答えを最終日に発表するという形でした。チームはすでに決められており、3人1チームの編成でした。お題は民泊事業におけるある会社の売り上げを向上させる施策についてでした。チームでの議論はとても楽しく、同時に刺激的で、より良い提案を行うため、激しい議論になりました。何度か議論が尽きかけたのですが、各チームに現役コンサルタントの方が一名ついているので、その方のアドバイスを取り入れながら議論を進めることで、難所を乗り越えることができました。さらに、1日に1回、パートナーと呼ばれる最上級の役職についていらっしゃるコンサルタントからもアドバイスをいただく事が出来、とても良い刺激を受ける事が出来ました。最終日には、4チームが同じ部屋でメンターのコンサルタントやパートナーの方々を目の前に、実際の企業に対する発表のような形でプレゼンを行いました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。★★
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ