船井総合研究所のインターンシップ体験談

船井総合研究所の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • 船井総合研究所のインターンシップ(2015年卒,6月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

船井総合研究所のインターンシップ(2015年卒,6月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社船井総合研究所
参加期間1日
参加時期大学三年生3年6月
大学名、学部名横浜商科大学 商学部
卒業予定年2015年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

コンサルティング業界に興味を持っていたからです。
私は、大学時代に学習塾のアルバイトをしていた事があり人に勉強を教える事に魅力を感じていました。
「人に教える事」に魅力を感じていた為、コンサルティング業界も視野に入れていました。
コンサルタントは、クライアント先が会社の重役が多く、より専門的知識が必要になります。そういった高度なアウトプットが必要になる為、自分の教える力がどこまで通用するのかも楽しみにしていました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

「何も知らないという謙虚な姿勢」

ES、面接の内容

ES:「あなたがコンサルティング業界に興味を示した理由」
専門分野を勉強して人の困り事を解決したいという旨を書いたら通過できました。
インターシッツプ選考のレベルは、本選考と比べて甘いので誰でも通過できると感じます。

インターンシップで体験した仕事内容

「東京駅内の店舗の売り上げの伸ばし方や改善点を分析する事」
まず、船井総合研究所のコンサルティング手法を学びます。船井総合研究所のクライアント先は、中小企業が多い為、それを念頭に置いた状態で会社の成長を考えたコンサルティングが大事になります。
まず、チームを組みお店の中を視察します。東京駅内なのでお土産屋さんがターゲットになりますから、商品ラインナップの分析、店舗の光のライトなどの細かい分析も一緒にしました。もちろん、「立地が悪いから立地を変える」というのは、NGでした。そういったNG事項を踏まえた上で考える事は、条件を踏まえた考える力を身に付ける上では、とても良い体験になりました。
自分が分析した店舗の分析が終わったら、チームごとに分かれてグループディスカッションをしました。
「良い所」「悪い所」を話しあい、プレゼンターを決めて発表してもらいました。
意外と他の人と被らないポイントが多く、「人の着眼点は様々なんだな」と感じました。
プレゼンターの発表が終わった後は、人事部からのフィールバックを頂きました。グループごとの良かった点と改善点を教えて頂いたので、グループディスカッションの力も身に付ける事が出来たと思います。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。★★
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ