あおぞら銀行のインターンシップ体験談

あおぞら銀行の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

あおぞら銀行
目次
  • あおぞら銀行のインターンシップ(2018卒,8月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

あおぞら銀行のインターンシップ(2018卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名 株式会社あおぞら銀行
参加期間 1day(夏1回、秋2回の計3日)
参加時期 2016年8月
大学名、学部名 慶應義塾大学法学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

金融業界を選んだ理由は、当初、銀行業務は厳しく、人間関係も大変で、残業が多いイメージがあり、就職の候補から外そうと考えていたため、その確認をするために銀行のインターンシップに参加することにしたのがきっかけでした。
その中で、あおぞら銀行を受けたのは、他の銀行の申し込み締め切りが過ぎていたこと、また、あおぞら銀行のインターンシップの内容が「行員になったつもりで、事例を実際に行う」経験型だったので、銀行員の仕事を教えてもらうだけでなく、自分で感じることができると思ったからです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

何もしていません。

ES、面接の内容

面接はなく、ESのみの選考でした。(そのためか、有名な大学が多かったように感じます)ES内容は、ゼミの概要、サークル・部活動の概要、アルバイト・インターンシップの経験、志望理由、自身が興味を持っているもの・好きなものの魅力が伝わるように紹介、自分らしいエピソード、自己PRなどがありました。

インターンシップで体験した仕事内容

丸一日、缶詰になって、頭フル稼働の内容でした!
〈午前は、1分間の自己紹介→あおぞら銀行の特徴の説明。(あおぞら銀行は財閥に属していない中立な立場にある独特な銀行であり、顧客層や業務内容が信金や信託銀行に近い面があります。)→リテール営業について→グループワークとして、実際に行員の方がお客様になり、学生がニーズ調査などヒアリングを行い、用意されたプランから最適な選択・組み合わせなど考えて提案をしました。
午後は、法人業務の説明→実際にあったお客様との取引を基にした資料からニーズを予想し、行員の方が扮したお客様にヒアリングを行なって、融資をするかどうか考え、プランを提案するというものでした。
秋の日程では、金融法人営業(一般的には、銀行が銀行をお客様に取引することはないにですが、これもあおぞら銀行の特徴です)の説明と、実際にロールプレイしました。今回は地銀がお客様で、悩みの種類を予想し、ヒアリングを行い、聞き出したニーズにあおぞら銀行が持つ強みを提案するというものでした。例えば、人事で悩んでいるなら、あおぞら銀行の人事部に相談して〜〜という感じです。
他、不動産業務など銀行業務及びあおぞら銀行の独特な商業スタイルを実践的に学ぶ内容となっていて非常に面白かったです。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ