Wizのインターンシップ体験談

Wizの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

Wizのインターン体験談
目次
  • wizのインターンシップ(2021卒,8月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • Wizのインターンシップ(2021卒,2月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

wizのインターンシップ(2021卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名wiz
インターンシップ名面接力up1dayインターン
参加期間1日間
参加時期大学3年生の8月
職種
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

デアイバという就活イベントに参加した際に、この会社が出展していました。後日、この会社から面接力向上インターンシップのお知らせが届き、面接練習ができるようなインターンシップがあることを知りました。
就職活動において、面接に苦手意識や不安を感じていたので、面接力を鍛えることができるというところに惹かれて参加した。また、面接の連取ができるインターンシップは、実際、あまりないなと思い、参加することにしました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

なし

ES、面接の内容

インターン参加のためのエントリーシートや面接は特にありませんでした。参加者には、

既に他のセミナーに参加している人がいて、そのような人は名前を覚えられていたので、この会社に入りたいなら接点を増やすべきだと思う。

インターンシップで体験した仕事内容

冒頭に少しだけ会社説明が行われる。その際、この会社の資料についてももらうことができました。また、他にも行っているインターンシップについても紹介されました。
司会やナレーター経験者の社員の方が面接についてレッスンを行う。また、電話対応のマナーや、発声方法なども学んだ。隣の人と、模擬的な面接(自己紹介・自己pr等)を数回行い、全体で2,3名あてられ、電話対応などをやった。このときに自分のスマホに声を録音して確認することもできます。隣の人とやるので事前に仲良くなっておくとやりやすいかもしれません。発声方法については、インターンシップ終了時に、やり方が書かれている資料をダウンロードできる特典がもらえました。
インターンシップの時間は2時間程度でした。参加学生数は15人程度で、社員の方は全体で2人でした。社員の方は2人いたものの、ナレーター経験者の社員の方1名が主に進行を進める形で、もう1人の方は会社説明後は、後ろから様子を見ているだけでした。

インターンシップで得たものや成長できた点

面接対策について学ぶことができた。また、発声方法については、知らないものを教えていただいたので、よかった。面接対策などのインターンは色々な企業でやっていると思うが、夏の段階で参加することができてよかったと思う。実際、就活が終わった今振り返っても貴重な体験ができたと思う。面接に対してかなり苦手意識があったのだが、面接のときのポイントを学ぶことが出来、あとは練習を積み重ねていくことでできるようになるのではないかと感じた。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

IT業界
理由
もともと、IT業界に対して興味がありました。この会社はもともと、そこまで志望度は高くなかったので本選考では受けませんでした。インターンシップに参加したため、何度か連絡がきましたが受けませんでした。

このインターンはどんな学生にオススメ?

面接に苦手意識がある学生におすすめです。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

志望する企業のインターンシップに応募するのはマストですが、このように興味がない会社でも面白いインターンシップをやっているので、いろいろなインターンシップを探すといいと思います。特に面接に苦手意識がある人はこのインターンシップはおすすめです。効率よくかつ実践的に面接対策をすることができました。興味がない会社でも短時間のものであれば新たな発見があるかもしれないので時間に余裕があれば参加することをお勧めします。

Wizのインターンシップ(2021卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名Wiz
インターンシップ名
参加期間1日
参加時期大学3年生の2月
職種
大学名、学部名熊本大学、工学部
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

キミスカに登録していて、その、キミスカにメールでスカウトが来たから。そしてそのメールのリンクにホームページも載っていて、見てみたところ、会社の雰囲気や仕事内容も良さそうだと感じたから、インターンシップに行ってみたいと思って、自分から応募した。IT関係には興味があったわけではなかったが、インターンシップに行くことで、自分の勉強にもなるし、人生経験にもなるので、インターンシップに行ってみようと思った。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にありません。

ES、面接の内容

インターンシップに行くためのエントリーシートや面接などは特になかった。ホームページから、

いつでも予約できるかんじだった。ただ、インターンシップも毎日あってるわけではなかったので、日程の調整は必要だった。

インターンシップで体験した仕事内容

今回のインターンシップは、約3時間くらいで、学生は10人程度参加していた。まず、1時間くらいで会社説明をしていただいた。そして、そのあとに、1人ずつ自己紹介をしていった。自己紹介をすると言っても、ただ適当にするわけではなく、どうにか話を繋げて1分間喋るというものだった。それに加えて、誰か1人の学生と絶対会話をしなければいけないというものだった。意外と1分という時間は長く感じて、1人と会話するというのも難しかった。そして、次に面接の質問を5つするとして、どんな質問をするのかを2つの班に分かれて話し合った。そして、話し合う中でもそれぞれ、進行役、秘書役などに分かれて話し合いを行った。そして、話し合ったものを他の人に発表した。そして、最後にその考えた質問を社員の方にして、面接のようなことをして、学生が社員の方を合格か、不合格か決めるというものだった。学生が社員の方を評価するということはしたことがなかったので、とても新鮮だった。

インターンシップで得たものや成長できた点

今回のインターンシップでは、投げかけられる質問に込められた真意を考えることについて学んだ。この質問を学生にすることで、社員の人が何を知りたいのかを考えるようになった。また、面接で、答える人を客観的に評価するということをしたことで、広く考える力がついたと思う。社員の方を評価するのは難しかったが、とても自分の勉強になったと思う。自分たちは社員の方を合格にしたが、社員の方は自分を不合格だと仰っていたので、自分の甘さにも気付くことができた。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

就職予定の業界は化粧品業界である。IT関係も一時期は探したりしていたが、残業が多いイメージだったから自分には向いてないのではないかと思った。それに、自分自身、化粧品に昔から興味があり、就職活動を始めるときも化粧品関係の会社を探していたので今の内定先に決めた。

このインターンはどんな学生にオススメ?

IT関係に興味のある人で、グループワークなどを積極的にやってみたい人にオススメ。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

インターンシップは、たくさん行けば行くほど、いろいろな経験ができるから、ぜひたくさん行ってみて欲しいと思う。こうやって、いろいろな職場を体験できるのは、この就職活動をしているときしかない。だから、ぜひ楽しみながらいろいろな仕事をみてほしいと思う。実際に体験することで、メリットやデメリットなどがわかってくると思う。私はインターンシップに10個程度参加したが、とても就職活動を進める上でこの経験が役になった。私ほどは行かなくてもいいとは思うけど2つ程度は行って欲しいと思う。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
大学生おすすめコンテンツ