フロムスクラッチのインターンシップ体験談

フロムスクラッチのサマーインターンシップ、短期インターンシップ体験談です。
インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

フロムスクラッチ
目次
  • フロムスクラッチのインターンシップgrow体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • フロムスクラッチのインターンシップaxel体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

フロムスクラッチのインターンシップgrow体験談

インターン、学生情報

企業名 フロムスクラッチ
インターンシップ名 grow
参加期間 2日間
参加時期 大学3年の9月
大学名、学部名 青山学院大学国際政治経済学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

フロムスクラッチは動き出しがとても早く、少し就活を意識し出した大学3年生の6月ごろに検索するとすぐに出てきたのでそこから1dayインターンシップ兼選考会に応募しました。フロムスクラッチの理念として掲げている日本再浮上には極めて共感を持っていたこと、集まっている学生層や働いている社員の皆さんの質がものすごく高かったこと、やっている事業が最先端の技術を扱っていたこと、以上の3点に興味を持って参加しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

スクリーニングは計2回ありました。最初に1dayのインターンシップで4〜7人チームで難度が高めなボードゲームをしました。ここでの通過率は大体25%くらいです。その後、集団面接(3〜4人ほど)で最後のスクリーニングがあり、ここの突破率は16%ほどだそうです。結果として、夏の本番には4%の上位層のみが参加となるようです。

インターンシップで体験した仕事内容

1日目の午前中にチームビルディングをしました。5〜6人ほどでチームを組まされるので、全体での自己紹介が終わった後に、各チームで自己紹介・アイスブレイクが行われ、チーム対抗でのちょっとしたゲームを行いました。その後、昼食を食べ、1dayで行ったようなボードゲームをしました。1dayではベンチャー企業がプレイヤーとなっていましたが、今回はVCという立場でゲームをしました。正直、それなりなスクリーニングを経てきている仲間だったので、1dayのようにお荷物になったりするような仲間はいなかったので何度いは低く感じました。初日の夕刻から翌日にかけてが本番の事業立案系のコンテンツになります。データ×AIというような切り口で新規の事業を立ち上げろという指令です。途中で何回か役員の方からフィードバックをいただける機会があり、そこで修正をしながら寝れない夜を過ごし、発表まで持って行きました。結果発表後、懇親会でたらふく食べれます。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
興味のないインターンにも参加した方がいいのか?

インターンシップも含めた就活の相談を受けていると、よく出てくる質問として「知らないもしくは興味のない企業のインターンシップでも参加した方がいいのか?」というものがあります。今回は、その疑問に...

続きを読む
インターンシップでお金はもらえるのか?

インターンをしようと考えている方で、「インターンシップに参加してお金はもらえるのか?」という疑問を抱く方はたくさんいらっしゃると思います。 基本的に長期インターンシップでは支援金という形で...

続きを読む
就活で使うメールアドレス、普段使っているものでいいの?

就職活動が始まると企業と連絡を取り合うことが多くなります。 その手段には電話や郵送などありますが、最近ではメールで連絡を取り合う機会が非常に多いです。 そこで、就職活動では普段サークルの...

続きを読む