イラストレーターのインターンは未経験でもできる?プログラム内容やメリットを解説

イラストレーターは会社には所属せずフリーランスで仕事をしている方も多い職業で、興味を持っている方も多いでしょう。この記事ではイラストレーター向けのインターンシップについて解説します。未経験でも参加可能なのか、内容や参加のメリットについても紹介します。

目次

未経験でもイラストレーターインターンに参加できる

実際にイラストレーターとして働いた経験がない方でも応募できる募集もあります。募集の要項をよくチェックして自分の持っているスキルで応募が可能なのかを判断してください。

最低条件はイラスト制作ツールが使えること

未経験者でも参加できるとはいえ、デジタルのイラスト制作ツールが使用できることが条件となっている募集が多いです。会社によって使用するツールはそれぞれです。Photoshop、ペイントツールSAI、Clip Studio Paintなどのプロ向けツールがメジャーです。

もし応募する会社が使用しているツールと自分がもとから使用していた物が違っても、使い方から指導してくれる場合もあります。デジタルでのイラスト制作経験があれば、新しいソフトに慣れるのも比較的簡単だと思うので、社員から指導してもらえる場合は自分の使えるツールを増やす機会だと思って積極的に挑戦しましょう。

応募の際にポートフォリオが必要なことも

実務未経験での参加を受け付けているインターンでも、選考の際に自分の作品をまとめたポートフォリオが必要な場合もあります。会社によってどのような絵が描けるイラストレーターを必要としているのかは変わってくるので、インターン応募用のポートフォリオを作る際は、応募先がどのようなサービスを提供しているのかを意識してそれに合わせた編集を行うと良いでしょう。

アシスタントの募集もある

イラストレーター社員のアシスタント業務をするインターンもあります。未経験でいきなりイラストレーターそのものを体験するのは気が引けるという方はこのような募集を探してみてはいかがでしょうか。

アシスタントとして間近で本職のイラストレーターの仕事を見られますし、この体験はイラストレーターとしてインターンをする際や実際に働く時にも活かすことが出来るでしょう。

イラストレーターインターンのプログラム内容

次にイラストレーター志望者向けのインターンにはどのようなプログラムが含まれているのかを紹介していきます。

ビジネスとしてのイラスト制作を知る

まずイラスト制作ビジネスについて学びます。美術系の授業内での制作は授業の方針や自分が表現したいことなどによって変わりますが、ビジネスの場では「イラストを使ってどれほどサービス売り上げを向上できるのか」が最も大事な点になります。

Web広告や雑誌・テレビのカットを作成する会社ならインパクトを重視したイラスト制作を重点的に学ぶでしょうし、ゲーム内キャラのイラストを作成する会社ならゲームの世界観やキャラクター性を立たせるためのイラスト制作過程を学べるでしょう。

社員と共にイラストのブラッシュアップ

課題に沿うイラストをまず自力で制作し、イラストレーターの社員が改善点を指摘する、というのを一定期間繰り返すプログラムもあります。時間制限の中でサービスとして提供できるイラストを作成する体験ができる上、イラストの商品価値を挙げるためのアプローチを知ることが出来ます。

実際に納期がある中でイラスト作成ができる点、プロからイラストへのフィードバックをもらえるという点から、イラストレーターとしてのスキルアップにかなり有効なプログラムになります。

イラストレーターインターン参加のメリット

仕事を意識した制作を体験できる

第一にイラスト制作を仕事として行うという体験ができます。美術系の授業などでも、完成までの締め切りは設定されていますがそこに仕事としての責任が伴うという体験はなかなかできません。また先述したように自分の表現したいことだけではなく売り上げに繋げるイラストを描くという意識を持って制作する経験を積むことは、就職後にも大きなアドバンテージにできるでしょう。

自分のイラストに向いた業界を知れる

イラストレーターのインターンを体験することで自分の描くイラストがどのような業界に向いたものなのかを把握することができます。自分は細かい人物キャラクターデザインに向いていると思っていたけれど実際は広告用のポップなマスコットキャラ等をデザインするほうが得意だった、などの新しい発見が生まれて、進路を見つめなおすいいきっかけになるかもしれません。

本採用の為のポートフォリオへの応用

インターン応募の際にポートフォリオを作っていれば、本採用のためのポートフォリオを作成する際に役立てることが出来ます。単純に経験値が活かせるという事もありますが、インターン活動を通してどのような分野でどのようなイラストレーターが必要とされているのかの理解を深めることが出来れば、就職したい会社のニーズを分析して、応募用のポートフォリオに何を含めるべきかをより鋭く見極めることが可能でしょう。

本採用につながる場合もある

インターン生から本採用に繋がることもあるという点もあります。イラストレーターの就職活動は他の分野と比べて会社の選択肢が少ないので、本採用に繋げられる可能性があるのはとても大きなメリットです。

加えて、一度インターン生として体験している職場で働けるため初期の頃のなれない空気感や人間関係の構築に関しても心配が減りますし、正社員としての仕事になれるのも比較的簡単です。新生活には不安が付き物ですが、インターン参加によってこれが軽減できるのは大きいです。

最後に

イラストレーター志望の方は一般的な就職活動とは違う過程を踏む必要が多いため、いろいろと不安が多いでしょう。ですが一般的な就職活動と同じように未経験者でも応募できるインターンを通して就職に向けたスキルアップを図ったり、仕事への理解を深め、疑問を晴らすことができます。この記事を読んでイラストレーター志望者向けインターンに興味を持った方はぜひ自分にあった募集を探して応募してみてください。



志望企業の選び方の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ