【業界研究】インテリア業界の現状・仕事内容・就活対策について徹底解説!

インテリア業界は学生に人気の業界です。ニトリや無印良品など有名企業も多く、将来インテリア業界に就職を考えている人も多いのではないでしょうか?

今回はインテリア業界の現状や人気のあるインテリア会社、仕事内容や就活対策などについて解説します。是非参考にしてみてください。

【業界研究】インテリア業界の現状・仕事内容・就活対策について徹底解説!
目次

インテリア業界について

インテリア業界とは

インテリア業界とは、イスやベッドなどの家具からキッチン用品やバス用品などの生活雑貨まで、幅広い商品を取り扱っている業界です。

インテリア商品を開発・販売するだけでなく、さまざまな顧客のニーズに合わせたインテリアを提案する空間デザインやキッチンや風呂などの衛生設備の分野もインテリア業界に含まれます。

インテリア業界の現状と課題

インテリア業界全体の売り上げは伸びていて、これからも拡大していく業界だといえます。 しかし長期的にみると少子高齢化による新設住宅の減少などの影響を受けるとも考えられています。

今後は少子高齢化やライフスタイルの変化に対応するためにリフォーム事業や、福祉・介護ビジネス事業の展開が考えられています。

仕事内容

次にインテリア業界の主な職業について紹介します。

インテリアコーディネータ―

住宅や店舗、オフィス、公共施設などのインテリアを顧客のオーダーに応じてアドバイスする仕事です。照明器具の種類から壁紙の材質までインテリアに関する幅広い知識が必要とされます。

インテリアコーディネーターとして働く人の多くがインテリアコーディネーターの資格を取得していますが、この資格は絶対必要なわけではありません。企業に入社してインテリアコーディネーターとして配属され、実際に働きながら資格をとるということもあります。

インテリアプランナー

インテリアプランナーとは建築物のインテリアの企画・設計、工事管理を行う仕事です。個人住宅から商業施設やオフィス、公共施設までさまざまな建築物の企画、設計をします。

インテリアプランナーになるのに決まったルートはありませんが、インテリアコーディネーターより更に深い知識が求められています。インテリアや建築に関して学んだことがある人や、1度インテリアコーディネーターを経験したことがある人などが多いです。

販売員

ホームセンターで消費者に商品を販売することが販売員の仕事です。仕入れから販売、広告を使った販売支援なども行います。

その中でも商品責任者の役割であるマーチャンダイザーは商品計画や売り上げ管理、展開戦略などの経営における権限と責任を持ちます。

インテリア業界の企業ランキング

ここでは、インテリア業界の売上・シェアランキングをご紹介します。

1位 ニトリホールディングス

価格が手ごろで多くの店舗を持つニトリがシェアトップで、業界のシェア率はなんと44%です。実際に利用されている方も多いでしょう。中国や台湾、アメリカなど海外にも出店しており、学生にも人気の高い企業です。

2位 良品計画

西友のプライベートブランドとして誕生した企業です。良質でシンプルなデザインが特徴的で、多くの世代から高い支持をえています。海外の出店数はニトリを超えており、アジアやアメリカ、ヨーロッパでも人気のブランドとなっています。

3位 コクヨ

コクヨは文房具のイメージが強いかもしれませんが、ステーショナリー事業の他に、ファーニチャー事業としてオフィス家具なども扱っていいます。海外のオフィスでも、コクヨの家具が導入されています。

4位 ナフコ

第4位のナフコは、ホームセンターやホームファッションストアなどの出店をしている企業です。オリジナル商品の開発にも積極的です。

5位 大塚家具

大塚家具は、高級インテリアを扱う企業です。ショールームなどを目にしたことがある方も多いでしょう。

就活対策

インテリア業界は毎年学生の就職志望先として人気の業界です。どのような就活対策を行えばよいのでしょうか?

対策として、就活に向けて自分の志望動機やアピールポイントを準備することが重要です。そのためにはインテリア業界や企業を研究し、理解を深める必要があります。

業界研究を行う

まずはインテリア業界の現状やどのような仕事があるのかなど、業界について研究する必要があります。またインテリア業界に向いている人の適性や、必要な知識なども研究しておくと、自分がこの業界に向いているか知ることができます。

企業研究をして企業の特徴をつかむ

どのような企業があるのか知ることも大切です。それぞれの企業がどのような商品を取り扱っていて、どのようなビジネス展開を行っているのか知ることは企業や業界を研究する上で重要です。

例えばニトリやIKEAはイスやテーブルなどの家具を主に販売していて、無印良品はバス用品やキッチン用品などの生活雑貨も販売しているなどの違いがあります。

またインテリア業界は企業によって商品のコンセプトの違いがはっきりしています。競合他社を比較してそれぞれの特徴をつかむとより理解を深められます。

インターンシップに参加する

業界研究や企業研究は書籍やインターネットから得られる情報だけでは、実際の雰囲気や企業で働く人について深く知ることは難しと思います。

インターンシップでは業界のビジネスを体験できるワークや、企業で働いている社員の人と話すことができる機会が用意されています。インターンシップに参加することでインテリア業界の雰囲気や仕事内容、働いている社員の人について知ることでより理解を深めることができます。

インテリア業界に向いている人

インテリアが好き

インテリアや家具が好きな人は、インテリア業界に向いていえるでしょう。好きなものに囲まれて仕事ができるのは、仕事を楽しむことにもつながります。

ただ好きと言うだけでなく、「インテリアや家具にこんなこだわりがある」「このインテリアブランドのこんなところが好き」など、インテリアへの思いやこだわりを語れると、効果的な自己PRになるでしょう。

トレンドに敏感である

流行のものに興味があり、トレンドに敏感な人も、インテリア業界に適性があるでしょう。インテリア業界の仕事は、社会の流れや消費者の動向などを敏感に読み取ることが求めらるからです。

日頃からニュースをチェックしたり、流行の場所に行ってみるなどして社会のトレンドを知ることが、就活でもいきてくるでしょう。

最後に

インテリア業界は業界全体的に売り上げは年々増加していて、伸びしろのある業界です。トップシェアの企業もニトリ、無印良品と人気の企業で、倍率も高いです。

就活の対策としてはしっかり業界・企業研究を行い、志望動機やアピールできる自分の強みなどを用意しましょう。インターンシップに参加して実際の業界や企業の雰囲気をみたり、就活の相談をしてみるのもおすすめです。

インターンシップを探す

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ