【業界研究】デベロッパーの業務内容・就職活動対策を解説

デベロッパーは学生に就職先として人気の職業です。デベロッパーの仕事はどんなものがあるのでしょうか。またデベロッパーの企業に就職するためにはどのような対策をすればいいのでしょうか。

今回は、デベロッパーへの就職を目指す就活生のために、有名企業の特徴や仕事内容とその魅力、就活対策などについて解説します。

【業界研究】デベロッパーの業務内容・就職活動対策を解説
目次

デベロッパーとは

デベロッパーは不動産業界の業種の1つです。不動産業界は不動産賃貸業、建物管理業、不動産開発業などさまざまな分野があります。デベロッパーは不動産開発業にあたり、土地開発業者の企業のことを言います。

デベロッパーの事業は多岐にわたり、街の再開発事業やリゾート開発、マンション開発など企業によって力を入れている事業は異なります。

デベロッパーの仕事の魅力

建物を立てるだけでなく、一つのエリア全体を開発することが多いデベロッパーの仕事の魅力は、やはり「規模の大きな都市開発に関わることができる」という点でしょう。

デベロッパーはその土地に合うものを考え、多くの人と協力しながら街をデザインすることができる魅力的な職業です。

大規模な都市開発には注目が集まりますし、多くの人の生活に影響を与える大仕事です。やりがいや楽しさを感じられる反面、責任が重大な仕事でもあります。

デベロッパーへの就職

デベロッパー業界は就活生に非常に人気の高い業界です。大手企業や有名企業となると、倍率はかなり高くなります。特に人気の企業で内定を獲得するためには入念な対策が必要であると覚悟しておきましょう。

デベロッパー業界の企業トップ3を紹介

三井不動産

デベロッパー業界でトップを走っているのが、三井不動産です。売り上げはダントツで業界1位となっています。

東京ミッドタウンやららぽーと横浜などの大型都市開発でも成功を収めているデベロッパーですが、賃貸や分譲など幅広い分野で堅実に売り上げを伸ばしています。

三菱地所

売り上げで見ると、三菱地所が業界第2位となっています。アクアシティお台場や横浜ランドマークプラザ、グランフロント大阪などのプロジェクトが有名で、海外事業にも積極的なデベロッパーです。

高収入で就活生に人気が高いですが、募集人数が少ないため、就職の倍率がかなり高くなっています。

住友不動産

売り上げ第3位は、住友不動産です。都心のオフィスビルの開発を得意としているため、利益率が高いという強みがあります。

オフィスビルの開発だけでなく、マンション販売も好調であることが近年の好調な業績に大きく影響しています。

デベロッパーの業務内容

デベロッパーは土地を取得し、建物を建てる一連の流れが仕事です。
開発する土地の調査をしてどのような建物を建設するかプランを立て、建設業社へ工事の依頼をします。開発プランを立てるだけでなく、建設後も施設管理や従業員管理など事業主として多くの仕事があります。

また土地所有者やテナントとの交渉、建設会社との連携など多くの組織と関係を築きながら仕事を行います。デベロッパーの仕事過程を簡単に紹介していきます。

開発

建物や施設を建てる予定の土地を調査し、どのような施設・建物にするのかその土地のニーズに合ったプランを立てます。 立地条件や周辺状況、その土地の年齢層などの情報を基に、どのような施設・建物が良いか検討します。

リーシング

土地の所有者と交渉する仕事です。土地の所有者に土地使用の目的や、建設後の所有者への利益などの説明を行い、土地を使用する許可を得るために交渉します。

土地の所有者は個人だとは限らず、法人や地方自治体であったりします。また商業施設開発の場合、土地所有者との交渉だけでなく商業施設に入ってもらうテナントとの交渉も必要になってきます。

販売促進

商業施設やマンションなど建設した施設や建物に人が集まるように販売促進を行う仕事です。チラシの作成を発注したり、イベント企画などの広報活動などを行いより多くの集客をし売上を伸ばすことを目的とします。

施工管理

設計の詳細が決定したら建設会社に工事を依頼します。デベロッパーは直接現場の施工を担当することはあまりありません。施工業者や設計者をマネジメントし、円滑に施工ができるようにサポートすることもデベロッパーの仕事です。

就活対策

デベロッパーは大きな責任も伴いますが、やりがいのある仕事です。毎年就活生にも人気の業界なので内定を獲得するためには入念な対策が必要です。

必要なスキルを身に着ける

デベロッパーは土地所有者や建設会社など多くの人と協力しながら仕事を行うのでコミュニケーション能力はもちろん、海外展開している企業なら語学力も必要です。

また不動産に関するさまざまな知識が必要です。例えば「宅地建物取引士資格」は宅地や建物など不動産の売買や交換、貸借の仲介を行うデベロッパーには必要な資格です。資格などは企業に就職してから取得することも可能ですが、事前に持っていればアピールポイントとして有効です。

志望動機を明確に

就職前から宅地建物取引士資格などの資格を持っている学生はあまりいません。選考で重視されるのは、志望度の高さや自分の強みをアピールできるかです。

説得力のある志望動機や自己PRが選考突破の鍵となります。明確な志望動機を準備するためには業界や企業について深く理解することが必要です。

業界・企業研究

三井不動産や三菱地所、住友不動産など大手の企業は就職難易度がかなり高いといわれています。選考では企業がどのような人材を求めているのかを理解し、選考で自分をしっかりアピールできるかがポイントです。

企業がどんな事業を主に行っているのか、どんな特徴があるのかなど業界・企業研究をしっかり行うことが必要です。

業界・企業研究はインターンシップに参加すると直接企業の雰囲気などが知ることができ効率的です。またインターンシップでのグループワークは選考時のグループディスカッションの練習にもなります。

インターンシップに参加する

デベロッパー業界を目指すなら、ぜひインターンシップに参加してください。インターンに参加すると、本選考のプロセスが一部免除になる企業もあります。

インターンに参加することで、業界・企業研究や志望動機を考えるのに役立てることができます。社内の雰囲気を肌で感じることができるので、自分に合う企業かどうかも見極めやすくなります。

大手企業や人気のある企業のインターンは倍率が高く、選考に通るのが難しい場合があります。早めに就活の準備をスタートして対策に取り組みましょう。

難しいインターンに参加できれば就活前にかなりの自信をつけることができますし、就活でも役立つ経験を積むことが可能です。是非積極的に参加してみてください。

インターンシップを探す

最後に

デベロッパーは「まちづくり」という大きな事業に携われる職業です。毎年学生に人気の業界で、特に「メジャー7」と呼ばれる大手の企業に就職するのはかなり難易度が高いといわれています。学生のうちに身に着けられるスキルを習得したり、業界・企業研究を行いしっかり志望動機を明確にして就活に備えましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ