就活の企業研究のやり方まとめ

就職活動で先ず大切なことは、相手(企業)を知ることです。しかし、企業を知ると一口に言っても日本の企業数は約400万社、従業員100人以上の大企業だけでも1万社以上あります。就活生としては、企業研究といってもどこから手を付けて良いやら悩むところでしょう。今回はその方法をまとめてみました。

企業研究
目次
  • 企業研究の目的とは
  • ├企業ひとつひとつの特徴がわかる
  • └自己PRや志望動機を充実したものにできる
  • 気になる業界がない場合
  • ├企業研究の項目
  • ├代表取締役がどのような人か
  • ├企業理念をチェックしよう
  • ├設立年、資本金など
  • ├事業内容
  • ├社風
  • └勤務条件
  • 企業研究をする方法
  • ├公式Webサイトをチェックしよう
  • ├説明会、セミナーに行ってみよう
  • ├業界研究でライバル社も研究しよう
  • ├ネット口コミ情報
  • └OB・OG訪問
  • まとめ

企業研究の目的とは

自己分析や他己分析などを行ったあとにするのが企業研究です。自己分析をするなかで、興味のある業界や大切にしたい価値観がわかってきたと思います。

しかし同じ業界にも企業はいくらでもあるため、さらに絞り込んでいかなくてはいけません。企業研究を行う目的は、大きく分けると以下のようなものがあります。

企業ひとつひとつの特徴がわかる

企業研究をすることで、業界内における企業の立ち位置や企業理念が明らかになり、それぞれの企業の特徴が見えてきます。

企業の特徴が見えてくることで、じぶんがどの企業に就職したいのかを考えやすくなります。入社する前に企業研究を十分にしていないと、ミスマッチが起きてしまう可能性があります。

企業の公式ホームページや会社説明会は企業を知るために重要な方法ですが、企業にとって悪い情報はあまりわかりません。企業の良いところ・悪いところどちらも調べることが必要です。調べ方については後の章で詳しく紹介します。

自己PRや志望動機を充実したものにできる

企業研究をすることで、自己PRや志望動機をより充実したものにできます。企業研究の中には、企業がどのような人材を求めているのか調べることも含まれます。企業が求めている学生像が見えてくれば、それにあわせた自己PRをすることができます。

また就活では、何度も面接で志望動機を聞かれることになります。企業研究が不十分だと、「どうして弊社を志望するのですか」という質問の答えがありきたりになってしまいがちです。ありきたりな回答しかできないと、「それ他の企業でもいいですよね?」と思われてしまい、熱意を十分に伝えられません。

自分にあった企業を見つけ、さらにその企業での就活を成功させるために企業研究は欠かさずするようにしましょう。

気になる業界がない場合

まずは、各業界の規模や主要な企業についてまとめた「業界地図」などの書籍を読んでみましょう。世の中にどんな業界があるのか、どんな企業があるのか大まかに知ることができます。
また、普段使っている商品やサービスをどんな企業が作っているのか調べてみるのも良いでしょう。初めは仕事内容などよくわからなくても、「なんとなく興味がある」くらいの状態から企業研究に入るのが普通です。
「地域」や「業種」、「職種」などで企業を絞り込んでいく機能があるような就活生向けのWebサイトもあります。また、テレビや新聞での報道なども企業探しのきっかけになります。

企業研究の項目

いきなり企業研究をしようと思っても、どんなことを調べれば良いのかわからないことがほどんどです。この章では、企業研究をする上でチェックしておくべき項目についてまとめました。企業分析をするときには、少なくとも、これらの項目すべてに答えられるようにしましょう。

代表取締役がどのような人か

代表取締役の氏名や経歴を調べたり、代表メッセージを読んだりするようにしましょう。大企業であれば現在の代表取締役だけでなく、創業者や以前の代表取締役も調べるとより企業研究がはかどります。

企業理念をチェックしよう

企業理念とは、その会社が最も大切にしている「根底にある考え方」のことで、企業の公式HPに載っています。経営理念が自分の考えやフィーリングに合う場合、その企業はあなたにとって合う企業になります。

「経営理念」を理解しているかということは、企業側からすれば採用の物差しになります。
企業が一番大事にしている考え方を就活生が理解していない場合、どんなに優秀な学生でも採用しにくくなってしまいます。

設立年、資本金など

「会社がいつできたのか」
「資本金はどれくらいなのか」
「上場しているのか」
「株式はいくらくらいなのか」
「親会社・子会社にどのような会社があるのか」
などの情報も調べておくと、企業の全体像が見えてきます。

事業内容

企業のおこなっている事業については調べておきましょう。面接で「入社したら、どんな事業に携わりたいのか」を聞かれることもありますし、入社後のイメージを掴むためにも必要不可欠です。

より具体的には、企業が利益をあげている事業はなにかを調べたり、新規事業の方向性から会社が目指している方向性を探ったりしましょう。

社風

会社の事業内容も大切ですが、社内の雰囲気や文化も大切になります。雰囲気や文化は、実際に働かないとわからないこともありますが、事前にいくつかの観点で調べておくと社風の様子が見えてきたりします。

女性社員の割合や平均年齢を調べたり、ベンチャー的な気風なのかどうかを確かめたりしましょう。他にも、個人で仕事をすることが多いのかや研修制度・仕事している人の性格などを見ることがおすすめです。

勤務条件

働いている姿を想像するためにも、企業の様子を知るためにも、勤務条件は調べておきましょう。勤務条件は、年収や勤務時間・勤務地などから育休や有給などの仕組み、福利厚生など様々です。

自分自身の価値観を踏まえた上で、必要な情報を集めていきましょう。

企業研究をする方法

企業研究する方法は、Webを利用したり、OBOG訪問などで直接話を聞いたりといろいろな方法があります。この章では、企業研究する方法をまとめました。

公式Webサイトをチェックしよう

就職ナビで絞り込んだ企業のうち、気になる企業をピックアップしてその企業のHPを見てみましょう。どんな製品(商品)やサービスを扱っているのか、募集概要はどうなっているのかをチェックします。
特に募集内容では、自分に応募資格があるのか(学歴、学科等)を確認できますし、求める人物像などを詳細に記述している場合もあります。また、企業の採用ページではこれから就活を行う大学生向けに企業の事業をわかりやすく解説していたり、先輩社員の体験談などが掲載されている場合もあり、大変参考になります。

説明会、セミナーに行ってみよう

企業が就活生向けに説明会やセミナーをもし開催していれば、ぜひ積極的に参加してみましょう。社員から直接話を聞けますし、選考を受ける際には説明会に参加した実績があることで志望度をアピールすることにもつながります。気になる企業があれば、説明会やセミナーを開催しているかどうか調べてみましょう。

業界研究でライバル社も研究しよう

また、一つの企業を見つけたら、是非同じ業界のライバル企業も研究しましょう。最近は全ての業界の動向をまとめた雑誌も出版されていますので、比較的研究しやすくなっています。比較のポイントは、業績・製品(商品)やサービス・ビジネスモデルの違い、給与水準、年間休日など。気になる点は徹底的に比較してみましょう。

ライバル社をいくつか研究しているうちに、業界全体への理解が深まっていきます。特に面接においては、「この業界に対してどんなイメージを持っているか」とか「なぜ他社ではなくてうちなのか?」という質問を多く受けますが、それらの質問に対しても、自信を持って答えることができるようになります。

ネット口コミ情報

インターネット上の口コミも重要な情報源です。公式HPでは書かれていない内情まで知ることが出来ます。最近は就職に関する口コミサイトも多くなっていますね。

しかし、この口コミ情報には信憑性が無いものも、多く出回っています。根拠の無い誹謗中傷や、単なるPRだったりすることもあります。従業員が悪口を言っている場合もあります。インターネットの世界では自由に発言できるため、根拠の無い情報も多いと、割り切って利用することが重要ですね。

OB・OG訪問

OB・OG訪問も有効な手段です。自分の学校の先輩だと企業の詳しい話も教えてくれる場合がありますし、何より本音での企業情報が手に入ります。OB・OG訪問をする際の先輩への具体的な連絡方法としては、サークルやゼミの先輩を辿って調べる方法や、大学の就職課から調べて連絡する方法、その企業の人事へ直接相談する方法などがあります。最近ではOB・OG訪問を支援するWebアプリケーションも普及しています。

更に、その企業が消費者向け製品やサービスを提供している場合、実際にその製品やサービスを購入したり、店舗へ出向いて接客を受けてみたりすることも有効です。消費者の立場から企業を知ることが出来ると、志望動機にリアリティや迫力が出て、自信を持って受験に臨む事が出来ます。この自信は、就活にとって最大のエネルギーですね。

まとめ

今回は、企業研究の様々な方法をみて来ましたが、如何だったでしょうか?
企業は就活生にエントリーシートや履歴書、成績証明書や健康診断書など提出させ、面接やグループディスカッションなど、ありとあらゆる方法で就活生のことを知ろうとします。同様に、学生も様々な手段で企業のことを知ろうと積極的に動くべきです。そのことによって、より両者の理解が深まり、企業・就活生共に納得がいく採用・就職活動が出来ていくことでしょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ