【企業研究】住友商事に就職するには?企業情報と選考対策を徹底解説!

住友商事は五大商社の1社に数えられる、大手財閥系の商社です。そんな住友商事に就職するにはどのような対策が必要なのでしょうか。ここでは住友商事の企業情報やおすすめの就職活動対策を徹底解説します。

目次

住友商事株式会社とは

住友商事の会社概要や展開しているビジネスについてなど、基本的な情報を解説します。

住友商事の概要

住友商事は住友グループの中核企業である、大手財閥系の総合商社です。三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、丸紅とともに五大商社に数えられます。世界中にあるネットワークを基盤に、金属、機械、資源・エネルギー、化学品など様々な商品・製品の輸入・販売・流通を行うトレーディング事業を展開しています。

東京大手町に本社を置き国内拠点は22拠点、海外には66ヵ国の地域に114拠点あります。アメリカフォーチュン誌が選出する「Fortune Global 500」に26年間選ばれ続けている、世界をけん引するグローバル企業です。同じ住友グループ内の企業と連携し多岐にわたる分野の事業に投資、開発も手掛けています。

住友商事のビジネス

住友商事のような総合商社はトレーディング事業と事業投資が主なビジネスになります。トレーディング事業とは商品を買いたい企業と商品を売りたい企業の間に入り、仲介業者として両者をマッチングさせるビジネスです。事業投資は今後成長が見込める企業や事業に対して、資金や人材などを投資します。投資先を支援することで新事業の開発に繋げたりします。

住友商事の事業分野は以下の6分野です。

・金属事業:鋼材、非鉄金属製品を供給する。
・輸送機・建機事業:船舶や航空機リース事業を展開。
・インフラ事業:電力や水、鉄道などの社会インフラを整備、物流保険サービスなども提供。
・メディア・デジタル事業:デジタルメディア事業や、日本最大のケーブルテレビ事業の「J:COM 」等を展開。
・生活・不動産事業:食品スーパーやドラッグストアなどを手掛ける。成果や食肉などの流通事業や繊維事業を展開。不動産事業なども手掛けている。
・資源・化学品事業:鉱物や資源エネルギーのトレーディング事業等を展開している。

住友商事の特徴

住友商事の社風や強みなど、どのような会社なのか特徴についてご紹介します。

社風

住友商事は他の五大商社と比較して堅実なイメージが強いといわれています。インターンシップガイド掲載の就活本選考体験記、住友商事の内定者の方によると「物腰が柔らかく、落ち着いた雰囲気の人が多かった」、「対人能力に優れ話していても緊張しなかった」という感想が多かったです。住友商事の採用ページでは社員の人によると、フレンドリーでチームの和を大切にする会社という魅力があります。

平均年収

住友商事の公開している2019年度の有価証券報告書によると、平均年間給与は14,370,137円と報告されています。つまり住友商事の会社全体の平均年収は1437万円ほどです。

2020年1月に公開された東洋経済オンライン『平均年収全国トップ500社最新ランキング』によると、住友商事は13位にランクインしています。住友商事のように五大商社は平均年収が1000万円を超える高水準です。

強み

住友商事の強みは各事業部門と66ヵ国・地域組織との連携で生み出される「総合力」です。世界の幅広い地域でネットワークを築いているので新しいビジネスチャンスも多く、同じ住友グループ内同士の連携もあるので特に金属系は強みです。メディア部門も国内で安定した収益を得ていることから強みの1つともいえます。

住友商事の就職活動情報

採用サイトで公開されている情報や就活本選考体験記の投稿などを基に、住友商事の選考フローや求める人物像など就活関係の情報をご紹介します。

選考フロー・採用人数

住友商事の選考フローは以下のようになっています。ES(エントリーシート)は選考として提出するわけではなく、面接で話したいトピックを事前に記入するという形です。

Webテスト(GAB)→面接複数回→内々定

就活本選考体験記によると、最終面接以外は他の学生と一緒に面接を受けるグループ面接で行われます。また最終面接では小論文も実施されるようです。

採用人数については住友商事の採用情報で公開されています。2021卒の採用では基幹職は110名を採用予定でした。また2021卒は事務職の採用はありませんでした。過去の採用実績は以下のようになっています。

2018年入社 基幹職:136名  事務職:26名
2019年入社 基幹職:150名  事務職:59名
2020年入社 基幹職:130名  事務職:23名

ES・面接の質問の特徴

ES(エントリーシート)は提出必須ではありませんが、面接で話したいトピックを事前に伝えることができ面接では提出した内容を深掘りされます。就活本選考体験記によると学生時代に最も力を入れたことや困難だったこと、志望動機などオーソドックスな質問が多いです。時事問題や社会問題に関する質問をされることもあるので、日々ニュースなどで情報収集をしておくことが必要です。

【質問例】
何故商社を志望していますか、またその中でも住商を志望する理由は何ですか。
入社後に携わりたいビジネスは何ですか。
日本企業が経営するうえで抱える問題点は何だと思いますか。

求められる人物像

住友商事では他の総合商社と同様に商社マンらしい強みを持った学生が求められています。商社の仕事は信頼関係を築くことが重要なのでコミュニケーション能力の高さや人柄が重視されます。挑戦する意欲なども重視されるので、選考では何か挑戦した結果を出した経験や、リーダーシップを発揮したエピソードなどが好印象を与えやすいです。

総合商社を受ける人は他の商社も併願して選考を受ける人が多いので、住友商事への入社意欲が高い学生を求めています。

憧れの五大商社に就職したい!住友商事の就職活動対策

住友商事は就活生に毎年人気が高く、内定を得るのも難易度が高いです。住友商事に就職するために実践すべき選考対策をご紹介します。

他の業界・総合商社との差別化しながら企業研究を行う

総合商社はグローバルに大きなビジネスに携わることができるという点から、グローバル展開しているメーカーや大手金融などの業界と併願する学生が多いです。選考では「何故総合商社がいいの?」と他の業界と差別化できているか確認されることが多いです。総合商社は取り扱っている商品・製品の分野も幅広く事業展開も多岐にわたります。総合商社でしかできないこと、総合商社にこだわる理由を他の業界と比較しながら明確にしましょう。

「なぜ住友商事がいいのか」志望度の高さが重要

他業界だけでなく、同じ五大商社の企業を併願して受ける学生も多いです。そのため選考では「なぜ住友商事がいいのか」という住友商事へ入社したいという熱意が何より重要です。商社の事業はどこも似通っているのでそれぞれの企業の強みや特徴を掴み、志望動機に活かすことがポイントです。

選考には直接影響するわけではありませんが、志望動機をより具体化するためにOB訪問やインターンシップを活用しましょう。

最後に

住友商事に就職するには他の業界・総合商社と比較して住友商事の企業理解を深めることが必須です。選考では「絶対に住友商事に入社したい」という志望度の高さをアピールしましょう。本選考までにより企業研究を進めるためインターンシップに積極的に参加しましょう!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
住友商事株式会社に関する情報


人気企業の就活情報の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ