【企業研究】キリンホールディングスの概要・待遇・口コミ・就活対策

キリンホールディングスは、「生茶」「キリンレモン」「一番搾り」などの人気商品を製造・販売している飲料メーカーです。日本有数の有名企業ということもあり、大学生に人気の就職先となっています。

ここでは、キリンホールディングスの企業情報や採用情報はもちろん、就活生が気になる初任給や社員による口コミなどもまとめています。キリン志望・飲料メーカー志望の学生はぜひ活用してください。

目次

キリンホールディングスとは

基本情報

 商号 キリンホールディングス株式会社
 設立 1907年2月23日
 本社所在地 〒164-0001 東京都中野区中野4-10-3
 資本金 102,045,793,357円
 従業員 31,040人(キリンホールディングス連結従業員数、2019年12月31日) 
 平均年齢 42.91歳
 平均勤続年数  15.6年
 平均年間給与 896万円

企業概要

キリンホールディングスは、1907年に麒麟麦酒株式会社として設立されました。その後、2007年に持株会社化に伴い、キリンホールディングスへと商号変更を行いました。キリングループの主な事業内容としては、キリンビールを中心として展開している国内ビール・スピリッツ事業、キリンビバレッジが手がける国内飲料事業、医薬事業やオセアニア総合飲料事業などがあります。キリンホールディングスは、これらの事業を手がけるグループの経営戦略策定と経営管理を行っています。

今後は?

少子化により飲料の市場が縮小することが予測され、キリンも新たな取り組みを始めています。食領域の収益をあげていくのはもちろんですが、「医療事業の飛躍的な成長」「ヘルスサイエンス事業の立ち上げ・育成」にも注力していく方針です。

キリンホールディングスの評判

キリンホールディングスで働く人の口コミを見てみると、次のようなものが目立ちます。

【良い口コミ】
・ブランド力がある
・有名な商品に関われる
・給料が良い
・ワークライフバランスがとりやすい
・制度や手当が充実している
・女性が活躍しやすい環境
・新しい事業への挑戦に積極的

【悪い口コミ】
・古い体質が残っている
・部署により休日出勤がある

大企業だけあって制度や福利厚生が非常に充実しており、年収や待遇には満足している社員が多いです。

誰もが知っている有名商品・人気商品に携われることに、仕事のやりがいを感じている人が多いです。スーパーやコンビニで自分が関わった商品を目にしたり、実際に購入してくれるお客様を見る機会も多いのでやりがいを感じられるでしょう。

飲料市場縮小への懸念がありますが、健康・医薬分野への進出も進んでおり、健康食品や健康飲料も好調で社員からの期待値も高いです。

大企業らしい古い体質が残っていると感じる人もいますが、ホールディングスなので会社や部署により文化が異なるようです。

キリンホールディングスの採用情報

応募資格

22卒採用情報によると、応募資格は大学または大学院を卒業見込みの方で、全国転勤可能な方が全コースで共通の条件となっています。事務・営業コースでは、普通自動車免許を取得している、もしくは入社前に取得可能なことも応募条件となっています。

入社後に後悔しないためにも、自己分析をして、自分が全国転勤に不満がないのか、運転することに抵抗がないかなど、確認しておきましょう。一部コースでは、募集学科が理系学部のみだったり、修士課程・博士課程在学中か博士研究員を対象としているので注意してください。

キリンホールディングスは、食領域のキリンビール・キリンビバレッジ・メルシャンの各事業会社の全国転勤型の総合職を一括採用しています。そのため、入社後に、キリンホールディングス以外の3社に配属される場合があります。

募集部門

キリンホールディングスの募集部門は、次の5つのコースに分かれています。

研究コース(医と食をつなぐ事業)
生産研究コース(酒類・清涼飲料事業)
エンジニアリングコース(酒類・清涼飲料事業)
デジタル戦略コース
事務・営業コース

デジタル戦略コースと事務・営業コースは募集学科が全学部全学科を対象としていますが、それ以外のコースは、募集学部・学科が限られているため注意が必要です。

採用人数

キリンホールディングスの採用人数は、以下の通りとなっています。

【2019年度】男性44人、女性30人、計74人
【2018年度】男性43人、女性29人、計72人
【2017年度】男性46人、女性35人、計81人
【2016年度】男性43人、女性37人、計80人

キリンホールディングスは、毎年の採用予定人数を51人~100人としており、2020年度は103人を採用する予定だったそうです。

キリンホールディングスの待遇や働く環境

初任給

キリンホールディングスの初任給は、コース問わず、以下の通りになります。

学部卒 232,000円
修士卒 252,000円

令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況によると、大学卒の初任給は、男女平均21万200円となっており、大学卒の平均よりも高い初任給となっています。同様に、大学院修士課程修了は男女平均23万8900円のため、平均より高くなっています。

福利厚生

時間外勤務手当、休日出勤手当、通勤手当、寮・社宅制度、育児休業、介護休業、ワークライフバランスサポート休業などが整備されています。

休日に関しては、年間休日が123日で、休暇は年次有給休暇、ステップアップホリデーなどの制度があります。年間休日123日は、1年間の土日や祝日、年末年始休暇を合計した日数が120日前後なため、完全週休二日制で祝日、年末年始も休日の日数と考えていいでしょう。

働く環境

産休・育休・介護休暇などが非常に充実していて、子育てや介護をしながらでも働ける環境が整っています。短時間勤務や在宅勤務もできますし、育児や介護の期間中は、最大5年間は転勤を回避できるようになっています。

キリンホールディングスの選考情報

選考フロー

キリンホールディングスの選考フローの大まかな流れは、以下の通りになります。

ES

Webテスト

1次面接

2次面接

最終面接

内定

選考時期については、ES提出締切が3月中旬で、そこから選考がスタートし、6月上旬ぐらいに内定が出る選考スケジュールです。

ES設問

以下の設問は、事務・営業コースのものです。コースによって設問が異なる場合があります。

①キリンホールディングスには、グループ全社員が大切にしている価値観「熱意・誠意・多様性」があります。あなたがこれまでの人生の中で「熱意・誠意・多様性」の価値観を体現したと思うエピソードを一つ、教えてください。(400字以内)
② 上記①の経験で発揮した「リーダーシップ」について簡潔に教えてください。(150字以内)
③これまでの経験やスキルを活かしてチャレンジしてみたい領域を教えてください。
④回答された事業またはキリングループ全体で、どのようなことにチャレンジしたいか教えてください。上記で回答された領域なども踏まえて、お答えください。(200字以内)

求める人材像に関する設問があるのは、その要素を重視しているのと、面接で深堀りするために聞いていることが考えられます。自己分析をしっかり行い、論理的に設問に答えられるようにしましょう。

就活対策

インターンに参加する

実際の仕事を体験することもできる、インターンシップに参加することで、業界や企業、仕事への理解を深めることができます。仕事の疑似体験だけでなく、先輩社員との座談会が設けられている場合もあり、職場の雰囲気や仕事のやりがいについても知ることができます。

選考を通過して参加できたインターンシップは、今後の選考が有利になる場合があります。企業によっては、模擬面接会と称した早期選考への案内や、書類選考の免除などが、インターンシップ参加者限定の特典としてあります。

キリンホールディングスにも、早期選考枠が存在し、インターン参加者でとくに優秀だった学生は、最終面接まで選考が免除されるそうです。キリンが第一志望の方は、インターンシップに申し込むといいでしょう。

自己PRでは求める人材像を意識する

ES(エントリーシート)や面接の自己PRは、企業の求める人物像を意識して作成しましょう。キリンホールディングスの求める人材像には、「ONE KIRIN values」と呼ばれるキリングループ共通の価値観を構成する3つの要素があります。

会社やブランドに誇りを持ち目標をやりきる「熱意」

ステークホルダーのおかげで、キリングループは存在しているということへの感謝の気持ち、謙虚な気持ちで確かな価値を提供し、ステークホルダーに貢献する「誠意」

個々の価値観や視点の違いを認め合い、尊重する気持ち。社内外を問わない建設的な議論により、「違い」が世界を変える力、より良い方法を生み出す力に変わるという信念を持つ「多様性」

「情熱を持って何かに打ち込んだ経験」「意見の違いを話し合いなどで乗り越えより良い成果を出した経験」など、上記3つのうちいずれかをアピールできるようなエピソードがあれば、採用担当者に「求める人物像と一致している」という印象を与えられるでしょう。

説明会に参加する

説明会もまた、企業を知るために有効な手段です。最近は、対面型の説明型だけでなく、オンライン型の説明会も増えてきています。リアルタイムのものもあれば、動画形式で自分が見たい時間に説明会の動画を視聴することもできます。

録画形式の説明会なら自宅で都合が良い時に動画を見て、企業について知ることができます。インターンシップに参加できない場合は、説明会やオンラインの動画などを活用するといいでしょう。

OB・OG訪問をする

説明会だけでは解消できなかった疑問がたくさんある場合や、実際にキリンで働いている人に詳しく話を聞いてみたい場合は、OB・OG訪問がおすすめです。社内の雰囲気や、仕事のやりがいなどについて知ることもできます。

時間的に余裕があれば、ESの添削や面接の練習などをしてもらえる場合もあります。しかし、当日その場でお願いしても、OB・OGの方に迷惑がかかってしまうので、事前に確認をとるようにしましょう。

最後に

キリンホールディングスは就活生に人気の企業のため難易度も高いです。対策を万全にするためには、なるべく早い時期から活動を始める必要があります。積極的に説明会やインターンシップに参加して、情報収集をすることからはじめましょう。

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
キリンホールディングス株式会社に関する情報


人気企業の就活情報の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ