【企業研究】ロッテに就職するためには?就活情報を徹底解説!

「お口の恋人」のキャッチフレーズで知られるロッテは、コアラのマーチやチョコパイを製造・販売する日本有数の菓子メーカーです。ロッテに就職するためには徹底的な企業研究が必須です。ロッテの企業情報から就職活動対策まで徹底的に解説します!

目次

ロッテとは

株式会社ロッテは1948年に創業された菓子メーカーです。社名はドイツの文豪ゲーテの「若きウェルテルの悩み」のヒロイン”シャルロッテ”に由来します。ガーナやトッポ、モナ王、Fit’sなどのお菓子やアイスなどの商品を扱っています。公式サイトによると、2019年の売上高は3,021億円となっています。

ロッテの企業理念

ロッテの企業理念は、以下の通りです。

”私たちはみなさまから愛され、信頼される、よりよい製品やサービスを提供し、世界中の人々の豊かなくらしに貢献します。”

これに基づく価値観として、「ユーザーオリエンテッド(お客様第一)」「オリジナリティ(独創性)」「クオリティ(最上の品質)」の3つが挙げられています。ここからわかるようにロッテでは現状に満足せずチャレンジを続け、新しい価値観を提供していく姿勢を大事にしています。

ロッテのセグメント

ロッテの事業セグメントは菓子、アイス、その他に分けられます。それぞれの2019年度売上は以下の通りです。

菓子 2060億円
アイス 785億円
その他 176億円

菓子が売上全体の約68%を占めており、主要セグメントになっています。その他のセグメントには健康食品や雑貨の製造・販売が含まれます。

菓子業界

全日本菓子協会によると、2018年の菓子国内小売り金額は3兆3909億円です。日本アイス協会によると2018年度アイスクリーム販売金額は5186億円となっています。大手菓子メーカーの売上を比べると以下のようになります。

・ロッテ   2,410億円
・明治    1,222億円
・江崎グリコ 1,810億円

ロッテは大手の中でも高い売上を誇っています。

ロッテの特徴

ロッテの特徴を企業の強みと従業員数、平均年収から見ていきます。

強み

ロッテの強みは企業、商品ともに知名度が高いこと、ロングセラーの商品が多いことです。ロッテという社名だけではなく、ガーナやコアラのマーチといったブランド名も高い知名度を誇っています。

グリーンガムは1957年4月、ガーナミルクチョコレートは1964年2月、パイの実は1979年9月に発売されたお菓子です。長い期間愛されている製品が多いことから製品開発に強みがあることがわかります。

従業員数・平均年収

2020年3月31日時点の従業員数は2,405名です。また平均年収は公開されていませんが、オープンワークの社員口コミによると年収の一例は以下のようになっています。

・営業 男性 在籍3~5年 約500万円
・営業 男性 在籍10~15年 約600万円
・商品開発 男性 在籍5~10年 約550万円

ロッテの就職活動情報

ロッテの就活で役立つ情報をご紹介します。

求める人物像

ロッテが求める人物像は、「創造力」 「情熱」 「ビジョン」を持ち続ける人材です。企業理念と照らし合わせても分かるとおり、現状に満足せず新しい価値観の創造へ向けてアクションを起こせる人材が求められています。

ロッテの職種・採用人数

ロッテが募集している職種は以下の通りです。

・営業系:スーパーなど商品を売るお店に対してソリューション営業を行います。
・管理系:経営資源の管理を行い、社内環境を整えます。
・研究系:研究所で新商品開発や既存の商品の改良を行います。
・生産系:材料調達や人員配置といった生産管理、品質の点検や改善を行う品質・技術管理を行います。
・エンジニアリング系:生産体制の構築、設備メンテナンスを行います。

それぞれの職種の連携については公式サイト(https://www.lotte.co.jp/recruit/soukanzu/)で相関図が掲載されているため一度確認してみてください。

例年の採用人数は以下の通りです。

       
2020年2019年2018年2017年
(予定)(実績)(実績)(実績)
事務系45名42名47名50名
技術系31名29名20名21名

例年文理合わせて約70名が採用されています。

選考フロー

職種ごとに選考の数は異なりますが主な選考フローは以下のようになります。
ES→webテスト→一次選考→二次選考→三次選考→内定
本選考レポートによると選考では面接とGDが実施されているようです。

ES・面接の質問の特徴

例年のESでは以下のような設問がありました。

・スーパーにおけるロッテの新しい商法の提案について
・学生時代に頑張ったこと、またその成果について
・人生において大切にしてることについて
・ロッテを志望するきっかけになった体験について

また面接ははじめのうちはガクチカがメイン、選考が進むと売り場で気になったことや入社後の具体的なビジョンなどロッテの仕事内容に関わることの質問が増える傾向があります。

ロッテの就職活動対策

ロッテの就活で役立つ対策をご紹介します。

菓子業界全体の研究を進める

ロッテの面接では菓子業界全体の理解と他の菓子メーカーと比較してどこにこだわりをもって選んだのかが重視されます。そのためロッテの企業研究に留まらず菓子業界の研究も行って、問題点や将来の展望を知っておきましょう。ロッテがどのような歴史を持っていてどういった経緯で成長してきたかに着目すると他の企業との差別化がしやすくなります。

なぜその経験を行ったのかという観点で自己分析を行う

面接ではESのエピソードについてなぜそれをやってみよううと思ったのか、なぜそう考えていたのかという観点で深掘りされます。経験したという事実だけでなく、そのときの自分の気持ちや考えを合わせて話せると説得力が出ます。またロッテの面接では一つの設問に対して何度も深掘りされます。そのためはじめに長々と話すのではなく、端的に結論ファーストで話すことを意識しましょう。

最後に

ロッテの企業研究と就活対策についてまとめていきました。ロッテは常に新しい価値観の提案を目指す企業です。どんな新しいものを創りたいのか、現状をどう変えたいのかを考えながら選考準備を進めましょう。また面接では端的に話すことが求められます。面接には伝えたいこと、ESに書いたことのポイントをおさえて臨みましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


人気企業の就活情報の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ