【企業研究】ソフトバンクに就職するためには?就活情報を徹底解説!

ソフトバンクは通信事業を中心に、インターネット広告やイーコマースなどさまざまな分野で最新技術を活用したサービスを提供している企業です。ソフトバンクに就職するためには徹底的な企業研究が必須です。ソフトバンクの企業情報から就職活動対策まで徹底的に解説します。

目次

ソフトバンクとは

ソフトバンクは1986年に孫正義氏が立ち上げた会社です。パソコンのソフトウェアを全国に流通させたいという思いから「ソフトウエアの銀行=ソフトバンク」と名付けられました。現在は通信事業に留まらず、モバイル事業やAIを活用したロボット「Pepper」などさまざまな分野に事業を拡大しています。

ソフトバンクの経営理念

ソフトバンクの経営理念は『情報革命で人々を幸せに』です。ここからわかる通りソフトバンクは通信事業会社でもモバイル会社でもありません。特定の事業に固執せず、テクノロジーの進化によって形を変え時代に求められるサービスを提供するという企業姿勢が特徴的な企業です。

事業セグメント

ソフトバンクの行っている主な事業は以下の通りです。

・国内の移動通信サービス
 ┗「ソフトバンク」「ワイモバイル」「LINEモバイル」の3つのブランドを展開。現在は5Gサービスに伴ネットワーク強化に取り組んでいます。

・固定通信サービス
 ┗「SoftBank 光」などの固定ブロードバンドや「ソフトバンクでんき」を提供。

・イーコマースサービス
 ┗ソフトバンク、ヤフーのユーザーを対象にした「Yahoo!プレミアム」の特典やモバイルイーコマースサービスを展開。

従業員数・平均年収

ソフトバンクの従業員数は17,299名、男女比は約7:3となっています。入社後3年間の在籍人数割合を示す新卒定着率は男性が88.3%、女性が89.5%です。一般的に新卒定着率は70%を超えると定着率が高いといわれるためソフトバンクは新卒定着率の高い企業といえるでしょう。

有価証券報告書によると、ソフトバンクの平均年収は782万円です。同じインターネット関連会社である楽天の平均年収は720万円、総合通信大手のKDDI株式会社が930万円、NTTドコモが870万円となっています。

ソフトバンクの就職活動情報

ソフトバンクの就活で役立つ情報を紹介します。

求める人材

ソフトバンクはこれまでたくさんの会社の買収や出資、新規事業への取り組みなど常に新しいことに挑戦してきた企業です。そのため採用でも「企業姿勢に共感して、時代の変化を楽しめる人材」が求められています。

ソフトバンクの職種

ソフトバンクで募集されている職種は以下の通りです。
・総合職
 ┗幅広い分野の事業に携わる。全国・海外転勤あり。
・アソシエイト職
 ┗企画・立案、社内外調整、業務改善など提案型サポート。全国・海外転勤なし。
・販売職(ソフトバンク クルー)
 ┗店舗にて提案・販売を行う。ブロック転勤の可能性あり。

選考フロー

ソフトバンクの選考フローは以下の通りです。ここでは志望者の多い総合職の選考フローについて解説しています。

ES→Webテスト→GD→面接(複数回)→内定

ESでは「ソフトバンクバリューの5つの項目の中で、 あなたの強みと合致する項目を教えてください(複数選択可)。 また、その強みを発揮して成し遂げたエピソードを教えてください。 (字数:200字~)」と「30年後、世界の人々にもっとも必要とされるテクノロジーやサービスは何でしょう。 その実現のためにソフトバンクでどのような挑戦をしたいですか。(字数:200字~)」というようにガクチカと入社してやりたいことが聞かれています。

面接の質問の特徴

ソフトバンクの面接では基本的なガクチカや志望理由に加えて、ソフトバンクへの志望度の高さを図るための質問がされます。「ソフトバンクの強みと弱み」「ソフトバンクでやりたい仕事」などに答えられるようにしておきましょう。選考が進むと「最近のソフトバンクのニュース」や「孫正義についてどう思うか」などより深い理解が求められる質問があります。

ソフトバンクの就職活動対策

ソフトバンクの選考に役立つ対策方法を紹介します。

インターンに参加

ソフトバンクの場合、インターンシップに参加した学生は全員早期選考に呼ばれるようです。2週間という長い期間のインターンシップは選考に有利になるだけでなく、ソフトバンクを内側から知るチャンスにもなるため志望度の高い学生はぜひチャレンジしましょう。

グループディスカッション対策を行う

ソフトバンクの選考では面接の前にグループディスカッションが行われます。このグループディスカッションは結論をチームごとに出す必要はなく、個人で最後に自分の意見を話すという形式になっています。はじめの自分の意見に囚われず様々な角度から意見を出すことを意識しましょう。またグループディスカッションをぶっつけ本番で行うのはなかなか難しいです。対策会やインターンシップの選考を利用して場に慣れておきましょう。

最後に

ソフトバンクは通信事業だけでなく、時代に合わせて最新技術を用いたサービスを展開してきた企業です。現在の姿に囚われずこれからの展望を予想しながら企業研究を進めましょう。

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク株式会社に関する情報


人気企業の就活情報の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ