大学の入学式に着ていく服装は?

大学の入学式って、何を着て行けば良いか迷いますよね。私服でいいのか、スーツを着ていくべきなのか…。

多くの高校は制服があるので、これまでは入学式の服装なんて気にしたことがない人がほとんどでしょう。大学生になると式典であろうと服装に明確な規則はありません。何を着るのも自由ですが、初日から悪目立ちするのは避けたいもの。

今回は、大学の入学式で失敗しない服装について解説します。男性・女性別のスタイルやバッグ、靴などについても、詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

入学式
目次

大学入学式で着る男子の服装は?

大学の入学式では、男子も女子もほとんどの方がスーツです。カラーは、基本的にはブラック、ネイビー、グレーが多いようです。それぞれのカラーで見た目の印象が変わってくるため、「自分をどう見せたいか」と「実際に着てみて似合っているかどうか」を軸に判断すると良いでしょう。

男子用スーツの色

【ブラック】
ブラックはスーツのもっとも基本的な色。誰もが着こなしやすく、着る人を選ばない安定カラーです。黒スーツは活躍の機会も多く、体型が変わらなければ後々就活にも使えるため、大学入学を機に1枚きちんとしたものを確保しておくと安心かもしれません。

【ネイビー(紺)】
爽やかな色合いのネイビー。ストライプなどの模様とも相性が良く、ファッション性の高いカラーです。マナーを守りつつ、おしゃれを楽しみたい男子におすすめ。

【グレー】
上品かつ落ち着いて見えるのはグレー。こなれ感があり、大人っぽい印象を受けます。春らしい明るいトーンで、お祝いの式典にぴったりです。

男子用スーツに合わせるシャツとネクタイ

スーツに合わせるシャツは、白のワイシャツが無難です。原色など派手な色のシャツはお祝いの場にはふさわしくないとされていますが、白のワイシャツならどんな場面でもマナー違反になることはありません。

白いシャツはどのカラーのスーツにも合うので、色合わせの心配もありませんね。「白だと寂しい印象になってしまう」「もう少し華やかにしたい」という場合は、水色や薄いピンクなどパステルカラーのシャツにするといいでしょう。

ネクタイは、スーツやシャツと相性のいいものを選びましょう。赤や青が定番のカラーです。無地のネクタイが無難ですが、柄物を合わせたい場合はストライプかドットのデザインなら、主張が強すぎないので入学式にもマッチするでしょう。

バッグ

このタイミングでバッグを新調する人も多いです。就活でも使いたいのであればシンプルなバッグ、今後通学に使っていきたいのであればファッション性のあるものや機能性の高いものを選びましょう。

【男子に人気のブランド】
・ポーター
・オロビアンコ
・タケオキクチ
・メンズビギ
・ハミルトン
・ポールスミス

洋服の青山、ザ・スーツカンパニー、アオキといったスーツブランドのバッグであれば、比較的安価で機能性重視のバッグが手に入ります。

「リュックはあり?」と悩む人も多いかもしれませんが、結論から言うと「あり」です。もちろん手提げタイプのバッグの人が大多数ですが、最近ではリュックの人も増えてきています。特に入学式の日は配布資料やサークル勧誘のチラシなどで荷物が多くなりがち。リュックにして背負ってしまえば楽なので機能的です。

スーツに合わせる靴は、革製のビジネスシューズがベストです。学生時代に制服に合わせていたローファーは、スーツに合う靴ではないので避けましょう。おしゃれでスーツにスニーカーを合わせるスタイルもありますが、入学式にはふさわしくありません。

靴のカラーは、黒かダークブラウンがおすすめ。どんなカラーのスーツにも合うので、コーディネートもしやすくなります。この機会に冠婚葬祭などでも使えるフォーマルな靴を新調するなら、ブラックのひも付きの靴を選びましょう。

大学入学式で着る女子の服装は?

大学入学式では、女子も基本的にはスーツを着る人が多いです。女子は男子以上にこれまでスーツを着る機会はなかったはず。人生初めてのスーツ選び、どんなポイントに注意すれば良いのでしょうか?

女子用スーツの色

【ブラック】
男子と同じく、誰もが似合うのがブラックです。重たそうに見える場合は、シャツの形や色を華やかにして調整しましょう。

【ネイビー(紺)】
大人っぽい印象の紺色。落ち着いていて、賢そうに見せてくれます。大学入学を機に気持ちをリセットし、大人の仲間入りをしたいという方におすすめの色です。

【グレー】
桜のピンクによく映えるのがグレー。女子が着ると柔らかく見え、話しかけやすさをプラスしてくれます。初対面の相手にも、明るい印象を与えられるでしょう。

おすすめの女子用スーツスタイル

女子のスーツスタイルは、色以外に形も気になるところですよね。今回は代表的な「タイトスカート」「フレアスカート」「パンツ」スタイルに加えて、ワンピースを使ったスタイルについてもご紹介します。

【タイトスカート】
もっとも基本的なスタイルはタイトスカートです。就活でも業界を問わず使える万能アイテムですね。サイズが合っていないとお尻の形が目立ってしまうこともあるため、しっかりと試着をし、体のラインを綺麗に見せてくれるものを厳選しましょう。

【フレアスカート】
ややカジュアルで、女性らしい可愛らしさを演出してくれるのがフレアスカート。動くと裾がフワッと広がる、ハレの日にぴったりの華やかなスタイルです。

【パンツ】
活発な印象を与えてくれるパンツスタイル。動きが制限されるスカートに比べ、様々なシーンで重宝します。入学式の場ではまだ少数派だからこそ、おしゃれに見えるかもしれません!

【ワンピース+ジャケット】
女性の場合、ワンピースにボレロやジャケットを合わせる、というスタイルもあります。セットアップになっていなくても、あえて違うカラーを合わせたりと、自分なりのコーディネートを楽しんでみてください。

バッグ

女子は荷物が多くなりがち。A4サイズの紙が入るサイズを確保しつつ、化粧ポーチや小物が充分に入るよう、厚みも気にする必要があります。

【女子に人気のブランド】
・プログレ
・COACH
・ケイトスペード
・サマンサタバサ

女子もスーツブランドであれば、安価なバッグが手に入ります。通学でも使いたい場合は消耗が激しいので、価格を抑えた方が安心して使えそうですね。

靴はパンプスがベストです。サンダルは入学式には、ふさわしくありません。長時間立っていたり、歩き回っても疲れない高さがいいので、ヒールの高さは3センチから5センチくらいがいいでしょう。

派手な装飾がついているものはNGです。赤やピンクなど派手な色も避けるようにします。カラーは、ブラックかダークブラウンを選べばどんなスーツスタイルにもマッチするでしょう。

フォーマルな場に素足はふさわしくないとされているので、必ずストッキングを履くようにしてください。

ヘアスタイル

ヘアスタイルも悩んじゃいますよね。NGルールなどはありませんが、スーツに合う髪型が、基本です。結婚式のような派手なアップスタイルだと、スーツに合わずちぐはぐな印象になってしまいます。

とはいえ「ブローするだけ」「1つにまとめるだけではつまらない……」という方は、ハーフアップや編み込みのアレンジがおすすめです。コテで巻いて、ふんわりとしたウェーブスタイルにするのもいいですよ。また、バレッタや髪飾りをいつもより華やかなアイテムにしてみるのもいいでしょう。

「大学入学を機に髪を染めたい」と考えている方も多いでしょう。しかし勢いのままに派手すぎる色にしてしまうと、顔に似合わなかったり、受けたいアルバイトを受けられなくなってしまったりします。

まずは無難なダークブラウンを試してみて、徐々に自分に似合う色を探りながら明るくしていくことをおすすめします。黒・茶色以外の色を禁止しているアルバイトも多いため、やりたいアルバイトが決まるまではおとなしい色で我慢しておきましょう。

大学の入学式で持っておくと便利なもの

【筆記用具】
これからのことが説明される場合があります。メモが取れるように、筆記用具を持っていきましょう。

【ハンカチ・ティッシュ】
手洗いはもちろん、飲み物などでスーツが汚れてしまった時に応急処置ができます。

【クリアファイル】
配布される資料を綺麗な状態で持ち帰ることができます。

【スマホの充電器】
入学式当日に限った話ではありませんが、入学してしばらくは知り合いがたくさん増える時期。仲良くなった人とLINEを交換する機会も増えますので、スマホの充電は極力切らさないようにしたい所です。

まとめ

今回は、大学入学式の服装や持ち物についてご紹介しました。大学生になると、ほとんどのことを自分の意思で決められますが、一方で責任も発生します。マナーにも、自分で気を配らなければなりません。そのもっともわかりやすい部分が服装。その場にふさわしい服装やマナー、まわりからの見え方を意識しつつ、記念すべき入学式の日を思いっきり満喫できる服装を選んでくださいね!



大学生活の過ごし方の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ