自動車メーカーの業界研究、就職活動対策

car

就活生に人気の自動車業界。文系理系を問わず、自動車会社への就職を目指して就職活動をしている人は多いでしょう。

そこで今回は、そんな自動車会社の就職活動対策に役立つ内容を紹介させていただきます。自動車業界についての基礎知識や自動車会社の概要、就活対策などについて解説していますのでぜひ参考にしてください。

car2
目次

自動車業界について

自動車業界の動向

自動車業界には、日本が世界に誇れる技術が詰まった企業が多数存在しています。現在は、ハイブリッドカーや電気自動車など、環境に配慮した新しい車や燃料の開発にも期待が高まっています。業界の躍進が期待できる技術や商品が注目を集めていますね。

今後世界中でさらに注力されることが予想されるのが、自動運転技術の開発です。AIを活用した運転や新しい技術の開発がさらに進むでしょう。

自動車業界への就職

自動車会社の新卒採用の募集は、大きく分けると「技術系」と「事務系」に分かれます。「技術系」は理系の出身であることや専門知識が求められることが多いです。「事務系」では、文系の受験者が多いのが特徴です。

自動車業界の職種

就職後に、やりたかった仕事じゃないと悔やむことのないように、きちんと自動車会社の職種を知っておきましょう。

研究開発職

自動車会社の研究開発職は、まさしく新たな自動車の研究開発を行う重要な職種です。モーターやエンジン、トランスミッション、さらには電子技術などの専門家によって日夜さまざまな自動車の研究開発が行われています。

現在、注目を浴びているハイブリッドカーや自動運転など、今後メインとなる自動車の開発を行っている部門で、主に理系の人材が集う職種です。自動車の生産技術のキーとなる部門であるため、就職先としての人気は高くなっています。

企画・販促職

自動車会社の企画・販促職は、自動車をただ造る業界というイメージを払しょくするような職種です。自動車会社の企画・販促職は、新しい自動車の企画や販売促進、さらにはマーケティングなどを行ういわゆる事務系、営業系などを目指す方の職種となっています。

マーケティングは、現在どんな自動車が求められているか研究開発職に伝え、新たな自動車の考案などをする、自動車会社になくてはならない職種です。

企画・販促職は自動車会社の中でも、文系の方が中心となって仕事をしている職種。自動車会社は理系だけではないことを教えてくれる職種であり、自動車に興味がある文系の学生の就職先に広がりを与えてくれています。

生産職

自動車会社の生産職は、生産ラインなどのチェックを行う職種です。さらに、品質管理をするのもこちらの職種の特徴となっています。開発された自動車の量産化を考え、生産の設計などを行うため、自動車生産の要と言えるポジションですね。

技術と知識が求められる職種なので、研究開発職と同じく専門性が高いと言えます。「自動車会社に就職するなら、直に生産を見たい!」という方におすすめです。

主要な自動車会社を知ろう!

自動車会社に就職を考えているなら、知っておかなければならないのが、主要な自動車会社についてです。自動車を製造している日本の主要な自動車会社を知っておけば、就職先を選ぶ際にも役立ちます。

トヨタ自動車株式会社

言わずと知れた、日本が誇る世界のトヨタ。トヨタは国内だけでなく海外でも有名です。自動車販売台数は世界でもトップクラスのため、多くの国でトヨタの車を見ることができます。そのため、自然とやりがいやモチベーションも高まるでしょう。

トヨタ独自の技術は自動車に思う存分活かされ、他にない自動車を造り出しています。新たなことへの挑戦を求める社風があるトヨタへの就職は、向上心や未来へのビジョンを見つめた言葉や姿勢で挑むことをおすすめします。

日産自動車株式会社

日産の名で知られている日産自動車株式会社は、国内でもトップクラスの自動車販売台数を誇っています。革新的な技術力で、ユニークな自動車を送り出しているのが特徴です。

個性を大事にする社風なので、自身の個性を思う存分発揮したい方の就職先としておすすめです。

本田技研工業株式会社

トヨタと並ぶほど自動車会社として、世界中で認知されているホンダ。国内のみならず、国外でも活躍の幅を広げています。自由さを大事にする社風が、海外で活躍するグローバル企業としての成功を導いています。

そして、自由さのみならず日本企業らしい相手を尊重する心もあわせ持つオールラウンダーな会社です。情熱を高く評価してくれる企業でもあります。就職活動では熱い想いを持って挑むことをおすすめします。

今後の自動車業界に向いているのはどんな人?

新しいことに挑戦するのが好きな人

自動車業界は今後、大きな変革期を迎えると言われています。変革を的確に表現している言葉として自動車業界で注目されているのが「CASE」というキーワードです。

「CASE」とは2016年のモーターショーでダイムラーのCEOが同社の戦略として発表したもので、「Connected(ネットワーク接続化)」「Autonomous(自動運転化)」「Shared&Service(シェアリング / サービス)」「Electric(電動化)」の頭文字を合わせた造語です。

これからの自動車業界は、新たな技術を導入して大きく変わろうとしています。新しいサービスや技術に挑戦したい人はやりがいを感じられ、刺激のある環境で仕事ができるでしょう。

工学や情報通信などの専門知識がある人

自動車業界では工学の専門知識がある技術者が求められています。理系学部で機械工学 ・電気工学・金属工学などについて専門的に学んだ人は、専門知識をいかすことができるでしょう。

自動運転やネットワーク接続などに対応した自動車開発に力を入れる自動車メーカーも増えているため、情報通信やソフトウェア関連の専門知識があるエンジニアの需要も高まっていくでしょう。

チームワークが苦にならない人

1台の自動車が完成して市場に届くまでには、マーケティング・企画・設計・開発・組み立て・販売など多くの工程があります。多くの部署や人が関わる自動車メーカーでの仕事は、チームワークが基本です。

部署内の人と協力して仕事をするのはもちろん、他部署との連携・交渉などが必要な場面も少なくありません。他部署との連携では、コミュニケーション能力や交渉力なども求められます。

「一人でたんたんと作業を進めるのが好き」「人と協力するのは苦手」という人には向いていないかもしれません。

自動車業界への就職での志望動機作成のポイント

「車が好き」だけでは不十分

自動車業界を志望する理由として、「自動車が好きだから」という思いを語る人も多いですが、志望動機としては弱いです。好きだという気持ちは熱意や情熱のアピールになりますが、それだけでは採用には結びつかないでしょう。

自動車業界を志望する人は自動車が好きな人が多いため、自動車が好きなこと・車業界に情熱があることは前提条件とも言えます。

自動車業界の中でその企業を選んだ理由

トヨタ・日産・ホンダ・マツダ・いすゞ・スズキなど、日本国内だけでも多くの自動車メーカーがあります。海外メーカーも含めるとその数はさらに増えます。

なぜその企業で働きたいのか、企業を選んだ理由は必ず聞かれるので、志望動機にも盛り込みましょう。興味のあるメーカーだけでなく、ライバルメーカーもについても研究することで企業の個性や強みが理解でき、より説得力のある志望動機が作成できるでしょう。

具体的な目標やビジョンを盛り込む

志望動機では、「自動車業界でどんなことを実現したいか」といった具体的な夢や目標を語るのもいいでしょう。例えば、次のような夢を持って自動車業界を志望する人が多いです。

・環境に優しい自動車を開発したい
・自動運転の技術を発展させて交通事故を減らしたい
・低価格な自動車を普及させて人々の暮らしを豊かにしたい

具体的な目標を示すことで、好きという気持ちだけでなく仕事として現実的に考えている姿勢をアピールすることができます。

自動車業界の就職対策は?

業界・企業研究をしっかりと

日本国内だけでなく、世界中にも人気メーカーの多い自動車産業。ES(エントリーシート)や面接では、「なぜそのメーカーなのか」ということが説明できるかどうかが重要となります。

国内メーカーだけでなく海外も含めて、ライバル企業についてもしっかり研究しておく必要があるでしょう。

グローバルな思考や経験

日本製の車は海外でも人気が高く、国内のメーカーは今後もさらにグローバルに販路を拡大していくことが予想されます。

英語や中国語など外国語が堪能だと、自動車業界でその力を発揮する場面は多いでしょう。海外留学や海外でのインターンなどの海外経験も、自動車業界での就活では大きなアピールポイントになります。

インターンシップに参加する

人気の高い自動車業界への就職を目指すなら、アルバイトやインターンで実際に自動車業界の仕事を経験してみるのがおすすめです。

インターンを経験すると自動車業界への知識が深まり、ほかの就活生に差をつけることができます。自動車会社での就業体験がアピールできれば、志望動機や熱意の説得力もぐっと高まります。

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!

まとめ

さて、いかがでしたか?日本が誇る自動車会社の業界研究に必要な就職活動対策のご紹介でした。自動車業界は、いくつもの職種によってできているプロフェッショナルな業界です。

理系のみならず、文系の方にも門が開かれている業界となっています。文系だからと言って、自動車会社への就職をあきらめる必要はありません。

就職活動の際は、いかに自身が本気で就職先に行きたいか伝える言葉や知識を身に付けましょう。そうすればきっと、企業側に熱意が伝わるはずですから。

自動車業界内定者のES集


業界研究の方法の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ