銀行業界の就職活動~大学生のための業界研究〜

銀行へ就職を志望する方は、その業界の適性を先ず理解することから始める必要があります。銀行業界の適性とは、お客様からの信頼を得られる人物であること、信頼を得られる行動を常に心がけていること、体力があり長時間の労働にも耐えられることです。
これは、業界研究を始める前に頭にインプットすべき事柄です。ここから外れるようであれば銀行員はつとまらないとも言われます。

そんな銀行業界ですが、給料の高さや将来の安定性などから学生に人気のある就職先となっています。どんな職業があるのか、業界の特徴、そして「メガバンク」と呼ばれる業界1位〜3位の企業の特徴をみていきましょう。 bank

銀行業界にはどんな職業がある?

業界の職業としては、本店勤務と支店勤務に大別され、本店には、通常の企業にあるような総務部・人事部・広報部・営業企画部・外国営業部などが設置されています。

支店では、一般職の職員は窓口に来られたお客様の対応やそれに関係する事務作業などをこなします。出納・庶務・手形や小切手の処理・外国為替など、おおよそ銀行の雑多な事務をすべてこなすことが求められます。

総合職の職員の多くは営業に出ます。得意先を回り、集金することもあれば融資の相談に乗る、手形割引の依頼を受けるなど、こちらは企業相手に奮闘する仕事です。個人資産が豊富なお客様のもとへ出向き、資産運用の相談に乗るような業務もあります。

銀行の職業を例えるなら、お金に関するなんでも屋という表現がぴったりかと思われます。

銀行業界の特徴

銀行業界は都銀・外資系・地銀・信用金庫に大別され、都銀や外資系に憧れる就活生が多いかと思われます。しかし、それぞれ良いところがありますので、いろいろな種類の銀行を調べてみることをおすすめします。

例えば、地元志向の強い人ならば、就職先には地銀・信金などを選択し、そこで地域に密着した仕事をするのも良いでしょう。企業規模が大きくなればなるほど、個人の主体的な行動は制限されやすくなりますし、また転勤なども増えます。
しかし、規模が大きければ、それだけ多岐にわたって仕事の経験を積める可能性がありますから、無限の可能性にチャレンジしたい人などは、大手の金融機関にアタックし、自分の能力の限界まで頑張ってみても面白いと思われます。

業界1位の企業概要〜三菱UFJフィナンシャルグループ〜

就職のためには、当然、自身が務めるであろう企業が、収益をあげていることが肝心です。ここでは、業界ランキングを考える際に、経常収益を持って判断することとします。

第1位は、三菱UFJフィナンシャルグループ。メガバンクと呼ばれる3社の1つです。
平成25年~26年にかけ、5兆円を超える経常収益を叩きだしています。三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、三菱証券UFJホールディングスなど5社を中心とした総合金融グループで、連結従業員数は10万人を超えているマンモスグループです。このグループ内の主要5社を徹底的に勉強するだけでも、十分に業界研究に役立つことでしょう。
新聞紙上でも男子大学生が就職したい上位に常にランキングされるほど、盤石なネームバリューを誇っています。国際業務に強く、グローバルな仕事をしたい学生にもおすすめできるでしょう。

業界2位の企業概要〜三井住友フィナンシャルグループ〜

業界第2位は三井住友フィナンシャルグループ。その名が示す通り、三井グループと住友グループの両方に属するもので、経常収益は4兆6,400億円を超えており、三菱UFJフィナンシャルグループに迫る勢いです。

三井グループは戦前の三井財閥の流れをくむ企業連合体であり、住友グループも同様に住友財閥の流れをくむもので、その総合的なグループ能力は、一部に三菱UFJを凌駕するという声も聞かれます。グループ全体の連結従業員数は約72,000人。底知れぬ結束力と戦前からの厚い経営基盤が当グループの大きな特徴と考えられます。就職候補にあげる人も少なくなく、知名度・人気度も上々のグループです。

業界研究にあたっては、戦前の財閥まで遡り、しっかりと過去の歴史や財閥を築いた人物などをピックアップしておく必要がありそうです。銀行はどこもそうですが、この企業は特に営業のノルマが重視され体育会系の社風であることで知られています。

業界3位の企業概要〜みずほフィナンシャルグループ〜

業界第3位はみずほフィナンシャルグループ。第一勧銀、富士銀行、日本興業銀行およびその関連企業を統合したもので、経常収益は約4兆円を数えます。連結従業員数は約4万人。

みずほフィナンシャルグループが誕生したのは、1999年8月20日。総資産140兆円を超える世界最大にして世界初の総資産1兆ドル金融グループが誕生することとなりました。これは日本初の銀行持ち株会社による統合であり、当時一般にはあまりなじみがなかったこと、その圧倒的な資産総額から大きな話題を呼び、大手銀行の大再編へ先鞭を付けるかたちへと移行していきました。

このみずほフィナンシャルグループは、かつての第一勧銀や日本興業銀行など政府色の強い企業を抱えており、安定性を望む大学生等からは、就職先として高い評価を受けているとも言われています。

まとめ

業界1位から3位までの企業をあげましたが、金融機関はこれに限らず、大小さまざまな数え切れないほどの数が存在します。
業界単位の研究だけでなく、OB訪問や会社説明会などを通じて個々の企業や関連企業などもしっかりと調べ上げ、大切な就職先に後悔をすることのないよう、納得いくまで自分なりの就職活動を行っていきましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2017年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめ...

続きを読む
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、100社以上の内...

続きを読む
【18卒、19卒】就活イベントまとめ

全国の就活イベントを日付順でまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 4月〜5月は各業界の大企業のエントリー締切が多数! 就活の採用選考への最初のステップには、WEBでの...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む