他の業界とちょっと違う!?アパレル業界の面接の特徴と注意すべきポイント

アパレル業界に興味がある人の中には、アパレル業界の面接は他の業界と少し違うと聞いたことがある人は少なくないと思います。 アパレル業界の面接にはどのような特徴があるのでしょうか。

他の業界とちょっと違う!?アパレル業界の面接の特徴と注意すべきポイント
目次

アパレル業界の面接の特徴

アパレル業界の面接が他の業界と少し違う特徴を持っているというのは知っている人も多いと思います。 では具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。  

服装は私服が普通

まず大きな違いとして面接時の服装です。特にアパレル・ファッション系小売の企業の多くは他の業界と違い、服装自由となっていることがほとんどです。学生もアパレル業界では私服で面接に挑む人が多いようです。  アパレル業界では当然ではありますが、面接時に学生がどんな服装で来ているかが評価に入っています。

接客経験があると良い

小売業の企業では入社後多くがまずは現場経験を積むため、アパレルショップの販売員として配属されます。なのでアルバイトなどでの接客経験があると採用にプラスな影響を及ぼせます。接客経験があるほうが入社後の仕事もやったことのある仕事が増えるので、自分自身の働いているイメージがつきやすくなると思います。
もし質問で接客経験があるか問われたとき、自分に接客経験がなかったら「現場を経験しながらこれから学んでいきたい」など積極的に挑戦しようとする姿勢を見せるようにしましょう。  

よく聞かれる質問

面接では他の業界と同じように志望動機や自己アピールなどの質問は当然ありますが、アパレル業界ならではの質問をされることもあります。ここでは具体的にどのような質問がよくされるのか紹介します。

好きなアパレル・ファッションは

好きなアパレルやファッションに関しての質問です。その学生がどのような系統のファッションが好きなのか、自社のファッション系統と相性があるのかなどの意図があるといわれています。
ここで嘘をつく必要はないと思いますが、受ける企業のブランドと同じような系統を答えたほうが効果的かもしれません。

今日の服のポイントは

前章で紹介したようにアパレル業界の面接ではスーツではなく私服で参加することで多いです。なので面接ではその日のファッションのポイントを聞かれることが多いようです。
販売員としてショップでお客様をスタイリングするようなこともあり、自分のファッションに気にしているかは重要な要素です。

土日は勤務可能か

アパレルを含む小売やサービス業界では土日などの週末のほうが平日より多くの人が来店し、売上も上がります。そのため販売員の場合土日や祝日などの休日に勤務することが求められます。また休日だけでなく、夏休みや正月周辺など一般的に休むの人が多い期間は繁忙期なのでこの時期に出勤可能かどうかも重視されます。

ファッション関係の話題について

ファッション業界のニュースや今季のトレンドなどファッションに関する話題についての質問をされることがあります。学生がファッション業界に対して熱意があり、トレンドなどを知っているのかを見極める質問です。日頃から雑誌やネットなどで情報取集するようにしましょう。

面接で注意すべきポイント

次に面接で注意すべきポイントについて紹介します。  

私服でもカジュアルになりすぎない

面接は私服で来るように指定されたからといって、カジュアルすぎる服装は面接に適していません。面接では清潔感が重要です。露出が多すぎる服装などは避けて面接にふさわしい服装で臨みましょう。  

ヘアメイクや小物にも気をつける

ヘアメイクでも清潔感が重視されます。髪をキッチリ結ぶ必要はないかもしれませんが、顔に髪がかかりすぎないよう工夫しましょう。
また服の系統やトレンドに合わせたアクセサリーなどの小物を使うことも評価されます。

着ていくブランドの服に注意

面接ではそのブランドのイメージに合わせた系統の服で行くことが重要です。またロゴなどで明らかに競合他社の製品とわかるものを身に着けていくのは避けたほうがいいです。
その企業に入りたいという熱意が伝わるようにマイナス要素は取り除きましょう。

インターンシップや就活イベントで業界について研究しよう

業界の仕組みや企業の特徴について理解を深めることは就活を有利に進めていくための重要な要素です。より実りのある情報を得るためには会社説明が行われる就活イベントやインターンシップに参加するのが効率的です。またアパレル業界は各企業のコンセプトやテーマをそれぞれ持っているので、企業研究はより重要になってきます。積極的にイベントやインターンシップに参加して就活に備えましょう。

最後に

アパレル業界の面接にはファッションと深くかかわるアパレル業界ならではの特徴や注意すべきポイントがあります。どのような服装が望ましいか、どのような質問がされるのかなど調べて面接に備えましょう。
アパレル業界に就職するとき重視されるのは学歴やスキルではなく、その人の熱意や人柄です。会社やブランドにマッチする人材なのか、一緒に働きたいと思うのかなど人柄を中心に評価されています。
就活が本格的に始まる前に業界研究や企業研究を行い、志望する企業がどのような人材を求めているのかしっかり理解を深めましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ