【企業研究】東京海上日動の年収はどれくらい?平均年収や働き方について徹底解説!

金融・保険業界は平均年収が高く、中でも東京海上の年収は保険業界の中でもトップレベルの高さです。それを理由に就職を目指す学生も少なくありません。東京海上の年収はどれくらいなのでしょうか。平均年収や東京海上での働き方についてご紹介します。 

【企業研究】東京海上日動の年収はどれくらい?平均年収や働き方について徹底解説!
目次

東京海上日動火災保険株式会社とは

東京海上日動の企業概要

商号:東京海上日動火災保険株式会社(Tokio Marine & Nichido Fire Insurance Co., Ltd.)
創業:1879年(明治12年)
資本金:1,019億円
本店所在地:東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
総資産:9兆1,926億円
従業員数:17,077人

東京海上日動の成り立ち

東京海上日動火災保険株式会社は東京海上ホールディングスの傘下の大手損害保険会社です。創業当時業績を伸ばしていた海運・貿易業に伴い海上保険会社の需要が高まっていたため、1879年に前身である東京海上保険が設立されました。東京海上ホールディングスの中核企業であり、日本の損害保険業界の最大手です。

休日・保険・福利厚生

【休日休暇】
完全週休2日制(土・日)
祝日
年末年始
年次有給休暇(初年度13日、次年度以降20日)
5日間特別連続休暇(年2回取得)
育児休業制度
介護休業制度
リフレッシュ休暇など各種特別休暇あり

【社会保険】
雇用保険
健康保険
厚生年金保険
労災保険

【福利厚生】
寮・社宅(全国各地)
厚生施設(保養所、テニスコート、グラウンドほか各種運動施設)
財形貯蓄制度
従業員持株会制度
企業年金基金

東京海上日動の年収について

金融・保険業界はコンサルティング業界や総合商社に次ぐ年収の高い業界です。東京海上の年収は損害保険業界の中でもトップレベルの高さです。そんな東京海上の年収について平均年収や他社との比較などの観点から解説します。

平均年収、初任給

2020年に公開された東京海上ホールディングスの有価証券報告書によると2020年3月31日現在の平均年間給与額は12,452,909 円と報告されています。つまり東京海上の平均年収は約1245万円ということです。

2020年度の採用サイトで掲載されている募集要項を基に初任給の情報をご紹介します。 ・総合職 グローバルコース(国内外を問わない勤務エリア) 
4年制大学卒/月給22万8,670円、大学院修士課程卒/月給24万7,140円
・総合職 エリアコース ワイドエリア(全国範囲で転勤あり)
短期大学卒/月給19万6,610円、4年制大学卒/月給20万8,290円、大学院修士課程卒/月給22万520円
・総合職 エリアコース エリア(自宅から通勤可能な範囲)
短期大学卒/月給17万8,730円、4年制大学卒/月給18万9,350円、大学院修士課程卒/月給20万470円

東京海上日動は総合職でも勤務エリアの範囲を基準に細かくコース分けされています。どのコースを選択するかによって初任給や年収は変わってきます。

具体的な役職と年収の例

転職サイトオープンワークの口コミなどから具体的な職種と年収の具体例をご紹介します。

・法人営業  20代 男性 740万円
・営業 30代 男性 1000万円
・課長代理 30代 男性 1500万円
・エリア型 20代 女性 500万円
口コミの情報によると総合職で7~8年目に課長代理クラスで年収は1000万円を超える社員がいるようです。初任給同様、勤務エリアの範囲によって給与の上り幅が変わってきます。一方で東京海上の一般職の給与は他の企業の一般職と比較すると高いと感じたという口コミもありました。

競合他社との比較

東京海上日動とともに「3メガ損保」と呼ばれる競合他社の三井住友海上、損保ジャパンの平均年収はどれくらいなのか3社を比較します。三井住友海上、損保ジャパンの平均年収は各社の有価証券報告書から報告された平均年間給与の額を用いています。競合2社と比較すると東京海上の平均年収が最も高いことがわかります。

・東京海上 12,452,909 円 
・三井住友海上 10,657,188円
・損保ジャパン 6,069,361円

東京海上日動の採用

東京海上日動の新卒採用は2つのコースに分かれており、「グローバルコース」と「エリアコース」があります。

グローバルコース

グローバルコースは、国内外を問わず様々な地域で経験を積んでいきます。スピードの速いキャリアアップを望む人向けのコースです。海外・国内での転居や転勤があります。

グローバルコースは、ポテンシャル採用の「Grow-upエントリー」と専門性を重視する「Specエントリー」という枠に分かれています。Specエントリーでは、アクチュアリー・金融工学、資産運用、IT戦略、イノベーションの各分野について専門性がある人が採用されます。

Grow-upエントリーとSpecエントリーともに文系・理系問わず応募が可能ですが、Specエントリーのアクチュアリー・金融工学分野は確率統計、数値解析、金融工学、数理科学、その他の理工学系分野の学生が対象となっています。

エリアコース(ワイドとエリアがある)

エリアコースある一定の地域でキャリアを積んでいきます。本人が同意しない限り転居や転勤はありませんが、エリアコースでも「ワイドエリア」を選択した場合は転居や転勤の可能性があります。

エリアコースのエントリーは、「Grow-upエントリー」と「Grow-upエントリー(勤務地リクエスト)」に分かれています。「Grow-upエントリー(勤務地リクエスト)」を選ぶと、勤務地の選択が可能です。

自宅エリア外に該当する勤務地リクエスト募集事業所の中から最初の勤務地を選ぶことができ、自宅エリア勤務にはない「住宅補助・帰省補助」などのサポートを受けられます。

東京海上日動の働き方

年収の高い企業で働くことは多くの就活生の憧れです。しかし年収が高い分、業務量が多く忙しいといった面があります。保険業界は今後起こるかもしれない事故などのために大きい金額を払ってもらう無形サービスを取り扱っています。信頼や実績がより従事される仕事は大変な面が多いです。東京海上はどのように働く社員をサポートしているのでしょうか。東京海上での働き方などについて解説します。

日本で一番「人」が育つ会社を目指している

東京海上は「日本で一番『人』が育つ会社」という目標を持っていて人材育成に力を入れています。能力の発揮度に合わせた人事制度や自分らしいキャリアを実現できるよう入社後もキャリアビジョンやライフイベントに応じて、コース転換や勤務地の変更に挑戦できる制度が用意されています。

JOBリクエスト制度という社員自らがキャリアビジョン実現のためにチャレンジしてみたい職務に応募できる制度があり、エリアコースからでも海外勤務を目指すことができます。毎年100人を超える社員がこの制度を利用しています。

育児と仕事の両立を積極的に支援している

子育てをしながらより幅広いフィールドで活躍したいという社員に様々なチャレンジの機会やサポートをする制度を提供しています。育児休暇制度や短時間勤務、提携託児所など育児と仕事の両立を支援する「ママパパ☆キャリアアップ応援制度」や、IターンやUターン異動ができる「JOBリクエスト制度」を設けることで働きやすい環境の実現を目指しています。

年収の高い保険業界で働きたい!東京海上の就活対策

年収が高く、待遇のいい企業は就活生に人気で就職は難しいです。多くの就活生に人気の東京海上に就職するにはどのような対策をすべきなのでしょうか。おすすめの対策法をご紹介します。

インターンシップ参加が有利になる

東京海上日動の選考はインターンシップ参加者がかなり有利になります。インターンシップ参加者限定のイベントや、リクルーター面談に案内されるなど特典が多いです。東京海上日動のインターンシップは営業動向など就業型インターンシップで、参加するためにも選考を受ける必要があります。

このインターンシップ中に評価された学生はインターン優遇ルートに乗ることができ、有利に選考を進めることができます。内定者の多くがインターン参加者なので積極的に挑戦しましょう。就活体験記によるとOB訪問も重視している様子でより企業を知るためにもなるべく参加することをお勧めします。

筆記試験の難易度が高い、計算問題は対策必須

東京海上日動の筆記試験は企業オリジナルで、計算問題が多く出題されます。就活体験記によるとSPIより難しいと感じた学生もいるようです。インターン参加者でも筆記試験の結果が良くないと本選考に進めないこともあるようです。しっかり対策して臨みましょう。

最後に

東京海上日動の平均年収は1000万円越えで「3メガ損保」と呼ばれる競合他社の平均年収と比較しても、東京海上日動が最も高い平均年収額になっています。年収の高い東京海上日動は就活生に人気の企業です。年収以外にも選考情報や企業情報など企業研究を進めましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加


人気企業の年収の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ