【企業研究】コーセーの年収はいくら?平均年収・満足度・就活対策まとめ

コーセーは化粧品や日用品など美容製品を製造・販売する大手化粧品メーカーで、就活生からの人気も高いです。就職先として、年収がどれくらいなのか、職場はどんな環境なのかが気になっている方も多いでしょう。

ここではコーセーの初任給や平均年収、社員の年収への満足度などまとめています。就職・転職を考えている方は、働き方の特徴や就活対策などもぜひ参考にしてください。

目次

コーセーの概要と評判

コーセーの基本情報

 社名  株式会社コーセー(KOSÉ Corporation) 
 創業  1946年 
 本社所在地  東京都中央区日本橋3-6-2 
 資本金  4,848百万円 
 従業員数  14,403名(2021年3月期末 嘱託・パートを含む) 

埼玉県や群馬県には自社工場があり、研究所は東京都北区にあります。コーセー中国、コーセー韓国、コーセーシンガポール、コーセーインディア、コーセーアメリカ、コーセーブラジルなど、世界中各地にグループ会社があります。

コーセーとは

コーセーは1946年に小林合名会社として創業された企業で、東京の日本橋に本社を置いています。「美しい知恵 人へ、地球へ」を企業理念としており、「雪肌精」や「アディクション」といったブランドを扱っています。コーセーは海外事業にも力を入れていて、2019年度の地域別売上高構成比より日本が67.9%、海外が32.1%となっています。

コーセーの評判は?

コーセー社員による口コミを見てみると、次のようなコメントが多いです。

【良い評判】
・女性が多く活躍している
・人柄の良い人が多い
・きれいな人が多い
・福利厚生が充実している
・風通しが良い
・研修制度が充実している

【悪い評判】
・保守的
・年功序列

「人柄の良い人が多い」「社員のことをしっかり考えてくれる会社」という口コミが多いです。福利厚生も充実していて、働く環境には満足している人が多いようです。

大企業に特有の年功序列であったり、チャレンジ精神に欠け保守的だと感じられることも少なくないようです。

コーセーの年収について

様々な価格帯の化粧品を扱うコーセーの年収はどれくらいなのでしょうか。平均年収や具体的な職種と年収の例、競合他社との比較を交えてコーセーの年収について解説します。

平均年収、初任給

有価証券報告書によるとコーセーの平均年収は867万円です。国税庁の令和元年民間給与実態統計調査結果によると、正社員の平均年収は503万円のため一般的な企業に比べて極めて高い金額です。

コーセーは「ビューティーコンサルタント」と「総合職 文系」「総合職 理系」での採用を行っています。ここでは「総合職 文系」の初任給をみていきます。

・207,750円(学部卒)
・234,950円(院卒)

令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況によると大学卒の初任給は男女平均21万200円、大学院修士課程修了の初任給は男女平均23万8,900円となっているため、大学卒・院卒ともに平均よりも少し低い金額となっています。

具体的な役職と年収の例

転職サイトオープンワークの口コミなどから具体的な職種と年収の具体例をご紹介します。

・総合職     在籍15~20年 新卒 男性 900万円
・マーケティング 在籍10~15年 新卒 女性 700万円
・マーケティング 在籍5~10年  新卒 女性 520万円
・営業      在籍5~10年  新卒 女性 550万円
・研究開発    在籍5~10年  新卒 男性 650万円
・美容スタッフ  在籍5~10年  新卒 女性 330万円
・美容スタッフ  在籍5~10年  新卒 女性 280万円

口コミによるとボーナスの金額が大きく、福利厚生が充実しているとのことでした。

他の企業と比較

化学業界の平均年収は648万円です。コーセーの平均年収は867万円であったため、平均よりも高い水準となっています。

次に同業他社と比較してみます。

・株式会社資生堂      716万円
・花王株式会社       812万円
・株式会社ポーラ・オルビス 783万円
・株式会社マンダム     831万円

コーセーの平均年収は同業他社よりも高い水準であることがわかりました。

コーセー社員の年収についての満足度は?

コーセー社員による年収についての口コミを見てみると、次のようなものが目立ちます。

【良い口コミ】
・給料には満足している
・ボーナスが多い
・役職手当がある

【悪い口コミ】
・年功序列
・同業他社と比べると少ない

「基本給が安い」という口コミと「給料に満足している」という両方の口コミがあり、年収についての満足度は職種や部署により異なるようです。

コーセーの働き方

大手化粧品会社コーセーへの就職を考えるなら、年収以外に働き方も知っておきたいところです。ここではコーセーの働く環境や制度について紹介します。

新ブランドよりも既存ブランドの改善

コーセーはニーズに合わせて新しいブランドを立ち上げることよりも、既存のブランドを改善して、高付加価値のある商品を創り出すことに力を入れています。そのため「雪肌精」や「米肌」など歴史の長い商品ブランドが多くなっています。コーセーの商品に愛着があるという人にとっては魅力ある職場となるでしょう。

女性が働きやすい企業

コーセーに限らず化粧品業界は女性の比率が高い企業です。コーセーは給与が他の企業よりも高くなっていますが、社員のワークライフバランスも重視しています。産休・育休はもちろん時短勤務やフレックス、保育施設補助なども充実しているため子育てしながら働きやすい環境となっています。

従業員の健康やワークライフバランスに配慮した職場環境

コーセーは従業員が健康にいきいきと働ける環境づくりに取り組んでおり、長時間労働削減のために、社員の労働時間を見える化して上司と相談しながら業務量をコントロールしています。

新型コロナウイルスの感染拡大時には全社に在宅勤務制度を導入し、一部業務や店頭業務を除いては在宅勤務制度を継続していく方針です。

人気企業で働きたい!コーセーの就活対策

人気企業であるコーセーの就職はかなり難易度が高いです。そんなコーセーで内定を得るために実践すべきおすすめの就活対策をご紹介します。

トレンドへの関心を示す

コーセーは流行を創り出す化粧品企業です。今消費者は何を求めているのか知ることが商品企画に重要なため、選考においてもトレンドに敏感な学生が求められます。新しいものや流行のものは化粧品に限らずアンテナを張っておきましょう。また清潔感や美意識も求められるため、面接ではスーツの皺や髪型など細かいところも気を抜かないようにしましょう。

「コーセーである理由」を示す

コーセーは大手ですが、化粧品売上では資生堂や花王に遅れをとっています。そのためなぜコーセーを選んだのかは面接で聞かれる大きなポイントとなっています。化粧品業界に対する志望理由だけではなく、他の化粧品会社ではなくコーセーである理由も話せるようにしておきましょう。

インターンシップに参加して企業理解を深める

企業理解を深めるにはインターンシップに参加するのがおすすめです。過去に実施されたインターンシップの内容は、美容業界についての講義、仕事体験、グループワークなどでした。

2022年はインターンシップは実施されないようですが、毎年インターンの内容や実施方法が変わる可能性があるので、こまめにホームページの採用ページをチェックしてみてください。

最後に

コーセーの平均年収は867万円でした。同業他社と比較しても高い給与水準となっています。コーセーに就職するためには企業研究や商品知識が必要不可欠です。実際に商品を使ったり、新商品のニュースを見て企業理解を深めましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社コーセーに関する情報


人気企業の年収の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ