マクロミル【内定者のES(エントリーシート)&選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

マクロミル内定者のエントリーシート

マクロミル 2021卒,リサーチャー内定者エントリーシート

学生時代取り組んだことについて(300字以内)

長期インターンシップで、新規サービスの拡大のため開発コースのPMを務め、プロジェクトを完遂させたことが挙げられる。私が意識したことは、チーム全体の進捗状況の管理、ユーザー視点の2点である。チームの傾向としてリモート作業が多くなるためプロジェクトの方向性や進捗状況の確認のため、週一回のミーティングの設定を行い工数管理を行った。また、文系としての視点をチーム内で共有することで、

マクロミル 2020卒,総合職内定者エントリーシート

あなたが学生時代に熱中した経験を教えてください。

早稲田生向けのオウンドメディアを立ち上げ、学内1位のメディアにしたことです。大学3年時に所属するサークルにて早稲田生に向けた情報を発信するオウンドメディア立ち上げ、副委員長を務めました。立ち上げ当初は委員長の意向に沿って組織が迅速に動いていたため、ついていけない状況に不満を漏らすメンバーが続出しました。このままでは委員長のワンマン体制になってしまうと危惧した私は双方から意見を聞き、「相互の意見を代弁」「記事の規制緩和を提言」「後輩の進捗状況をエクセルで管理」「アナリティクスの共有」の4つを中心に心がけました。更にページの閲覧数を増やすために学部のゼミ50個全てを取材し、

マクロミル 2020卒,総合職内定者エントリーシート2

マクロミルを志望する理由(字数制限なし)

2つあります。企業の成長を直接支援できるというところにやりがいの大きさを感じたからです。私はもともと多様なデータから分析することが好きで、学業のレポートやプレゼンでも、10以上の文献を参照し、多角的な視点から分析し、論じることを心掛けてきました。そこで、御社のインターンシップに参加し、企業活動の一番の目的である売上高をあげるためにそれぞれのマーケティング担当が求めるものをデータ化して、分析し、それぞれの企業に提供することで、業種業態かかわらず成長を後押しできると知りました。このことは、責任感は大きいもののやりがいも大きく、特に自分の携わった商品が売れたとき、やりがいあるはずです。その中で、特にマクロミルは、マーケティングで一番重要な、リサーチの世界でリーディングカンパニーで、企業の成長を支援するデータ大が大量に蓄積されています。そして、幅広い業界のデータベースの蓄積がなされていて、どこの企業に対しても支援ができて、働き甲斐があるし、幅広い業界や企業とかかわることができるということで、自身の知見も広められ、自分自身の成長にもつながると思います。2つ目は成長企業である貴社でこそ私の成長が加速すると思ったからです。私は学業においても1度奨学金を獲得した後も、向上心を持って、さらに良い成績を取ろうと努力を重ねてきました。このガムシャラに前に進む向上心は、今成長をしている貴社でこそ活かすことができると思っております。

学生時代に最も打ち込んだこと(字数制限なし)

大学の学業に注力し、成績優秀者への奨学金の獲得を目標にしてきました。しかし、受給対象者は学部の成績上位者と、かなり少数だったことに加え、当初は英語で専門分野を学ぶような難易度が高い大学の授業に苦しみ、奨学金の獲得は厳しい状況でした。そこで、クラスメイトに働きかけ、自主勉強のチームを作って互いに教え合うようにしたことで、内容の理解を深められました。また、

マクロミル 2016卒,総合職内定者エントリーシート

■現在のゼミ・研究内容についてご記入ください。(300文字以内)

多文化共生ゼミに所属し、異文化間教育・異文化間カウンセリングを専門とされている加賀美常美代教授のもと、今後日本社会がどのような多文化共生の社会を実現していくべきかについてマクロレベル、ミクロレベル問わず議論をしています。また、卒業論文のテーマは「日本における外国人相談窓口と相談員の現状と課題」であり、外国人住民を最も身近なところから支える地域の外国人相談窓口および相談員の今後の可能性について文献調査やインタビューを通じて研究したいと考えております。

■中学~大学時代の部活動・課外活動における特記事項があればご記入ください。(200文字以内)

私は大学在学中、国際NGOでインターンシップをし、中高生向けの読書感想文コンクール企画の広報の業務を行いました。昨年より応募数を増加させるため、学校への周知を徹底させるという目標を設定し、国際理解教育に力を入れている学校を探し、電話、郵送、直接の訪問などで企画の説明をしました。多くの方と関わったこの経験から、


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加


IT・通信業界のES(エントリーシート)の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ