三菱UFJモルガンスタンレー証券【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

三菱UFJモルガンスタンレー証券の内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社は5大証券会社(野村証券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券)の一つです。
国内最大の銀行である三菱東京UFJと外資系投資銀行のモルガンスタンレーが連携したことによって発足した企業です。M&Aに強く、日本企業関連の完了案件数1位です。
設立は1948年で、従業員数は5,264名(2017年3月31日現在)です。

内定者のES一覧

内定者のエントリーシート&本選考レポート

三菱UFJモルガンスタンレー証券 2016卒,総合職 投資銀行部門内定者エントリーシート

1、投資銀行部門を志望する理由を教えて下さい。(400)

志望理由は大きく分けて2点ある。1点目は、日本の企業の成長を後押し出来るからで ある。私は、ゼミで中小企業論を専攻し、どの企業も自社の技術や人に誇りを持ち、今後 の成長をどう描くか真剣に考えていることを知り、その成長の手助けが出来る仕事がした いと思った。投資銀行では、M&Aや増資、IPOといった企業の成長の大きな鍵となるソリ ューションを提供している。投資銀行で働くことで、企業の成長を肌で感じ、日本企業の 後押しという目標を最も果たせると思った。2点目は、若いころから専門性を身に付け、 大きく成長できることに魅力を感じているからだ。投資銀行で提供しているソリューショ ンは、今後の経営を大きく左右することで、それらのアドバイザリー業務は最も経営の近 くで行われる。それ故に、大きな責任を伴い、求められるクオリティも高いはずだ。その ような環境に身を置くことで大きく成長できると考えている。(387)

私が投資銀行部門を志望する理由は大きく分けて二つある。まず一つ目は、企業を定 量的に評価することに面白さを感じたためだ。私は大学で中小企業論を勉強し、企業の価 値を経営者の手腕や企業の持つ技術といった定性的な見方で評価する勉強をしてきた。し かし、御社のインターンに参加させて頂き、企業の価値を定量的に評価する方法をはじめ て知り、面白さを感じた。二つ目は、投資銀行で働くことによって、自分にスキルが付き 、どこでも通用する人間になれると考えたためである。数年まで、超優良企業と言われた 企業でも、今ではそうではないという場合が往々にある。東京電力や、シャープ、東芝な どがその例だと言えよう。会社にすがる働き方をしていたら、会社が何らかの理由で傾い たとき、自分の中に何も残らなくなってしまう。その点で、投資銀行で働くことで、勉強 や実務を通して自分に様々なスキルが付き、どこでも通用する人間になることは、とても 魅力的なことだと思った。(410)

2、これまでの人生で、あなたが周囲の人と協力してやり遂げたことと、その中であなた が果たした役割とその成果を教えて下さい。(400)

アルバイト先での企画立案、実行の経験である。私は大学受験塾の事務としてアルバイ トをしており、その塾は正社員がいないため全ての運営を12人の大学生の事務によって行 っている。その中で新規生徒募集担当として、生徒募集を行う中で生徒数が激減している 事実を目の当たりにした。事務は時間給で働いているため、実質的には生徒数の増減は、 賃金の面では変わりがなく、生徒数が減っていても何もアクションを起こす動きがなかっ た。そこで、大学受験予備校業界を分析し、生徒数が回復のための方策を文章としてまと め、塾長に提出した。その結果、私と塾長を中心として、対策委員会が発足し、生徒数回 復のために様々な政策を行っていった。募集結果は20人程度しか生徒数は増えなかったが 、私の取った行動により減少が続いていた状況に歯止めがかかった。このように、私には 当事者意識を持って、アクションを起こしそれを実行していく力があると考えている 。(400)

3、投資銀行部門において最も関心のある業務を教えて下さい。(300)

私が最も関心のある業務はIPOである。なぜなら、IPOに携わることが、私の軸であ る「企業の成長の後押しをしたい」という思いを最も果たせると考えているからだ 。IPOは上場という目標に向かって、何年もスタートアップの企業に寄り添って仕事 をしていく。その結果、上場を果たした企業は新たな資金調達の方法を得て、企業と して成長する一歩を歩んでいくと考えている。この仕事は、企業の成長を最も肌で感 じられるはずだ。また、投資銀行であれば、上場後もM&Aや増資など、それ以降の成 長にも関わっていけることにも魅力を感じている。(254)

内定者プロフィール

会社名 三菱UFJモルガンスタンレー証券
学校名 慶應義塾大学
学部系統 経済学部
職種 総合職 投資銀行部門
卒業年度 2016年
内定日 2015年5月30日

選考フロー

インターン →エントリーシート →面接12回 →内定

面接、エントリーシートにあたり頑張ったこと、苦労したこと

選考の過程で毎回フィードバックをお願いし、マイナス面のご指摘を真摯に受け止めて、次につなげるようにしました。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 2018卒,総合職内定者エントリーシート

自己PRを教えて下さい。(300文字以下)

私は、「問題意識を持ち、行動に起こす」ことが長所である。留学中のプロジェクトでは、その長所を活かすことができた。チームは私以外の5人がアメリカ人学生で、士気の低さから遅れを取っていた。そこで、私はチームを引っ張るべく、信頼の獲得に注力した。具体的には、チーム課題を率先して引き受けるなど、行動でやる気を示した。また、私の行動にメンバーが気付き始めたら、一緒に勉強する場を設けた。約1ヶ月半続けると、メンバー間の距離が縮まり、取り組む姿勢が変わった。結果、学期末の発表でクラストップの評価を頂くことができた。貴社においては、日々の業務に問題意識を持つことで、お客様とより良い関係を築きたいと思っている。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社し、どのように社会に役に立ちたいと考えていますか。(300文字以下)

「日本に資産運用を定着させる」ことで社会の役に立ちたい。日本人は投資に対して保守的であり、他国と比べて預金比率が高い。一方で、将来私たちは満足に年金をもらえる保証がない。したがって、人々が幸せな生活を維持するためには、主体的な資産運用が不可欠だと考える。その定着のためには、人々の投資に対するイメージを変える必要がある。この課題に対して、私はお客様との将来設計を通じ、対処したいと思う。将来の生活を想像し、いつ頃、どの程度の資産が必要になるかを把握することで、運用の重要性が伝わりやすくなると考えている。このように、私は貴社において、「日本に資産運用を定着させる」ことで社会に貢献したいと思っている。

あなたのこれまでの経験を踏まえ、社会人として働く上で大切だと思うことを具体的に教えてください。(200文字以下)

「利他の精神」が大切だと考えている。私は、高校の野球部時代にこの大切さを学んだ。3年春に私は腰のケガをし、練習ができなくなった。当初私は、ただ練習を見ているだけであったが、いつも仲間は私を励ましてくれた。そこで私は、例え雑用だろうと、チームのために献身しようと決めた。この経験から、組織の中において仲間に気を配る習慣がついた。社会人としても「利他の精神」は大切だと考え、今後も実践していきたいと思う。

会員登録して内定者の選考レポートを見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、250社以上の内...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 まだまだ18卒の秋採用などのエントリー締切もありますし、19卒も外資系などの早い企業はエントリー受付開...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2017年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめインターン等...

続きを読む
就活イベントまとめ【合同説明会、就職セミナー】

全国の就活イベントを日付順にまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方、必見で...

続きを読む