プルデンシャル生命保険【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

プルデンシャル

プルデンシャル生命保険 2021卒,総合職内定者エントリーシート

ゼミ、研究について内容の説明

英文契約書の翻訳・研究、海外判例の研究を行うゼミに所属している。その他にも、他大学と共同の合宿や実務家への質問会を通して実務への理解を深め、法改正の影響を学ぶ活動も行ってきた。

自己PR

私は物事をとことん追求する人間だ。大学から始めた楽器では自分の実力をより高め、客観的に評価されたい想いが生まれ、全国大会への出場を決意した。評価項目が公開されている他の大会を参考に仮説を立て、過去の入賞者の動画を分析して評価対象となるポイントを探り出した。そのポイントに基づき、大会で評価される演奏を考え、自分のものにした。そして◯◯の技術の水準を上げるために、

様々な要素を変えて1日10時間以上練習することもあった。自分と向き合い技術を追求し続けた結果、この楽器を始めて2年ながらも目標としていた入賞を果たすことが出来た。

入社後に実現したいこと

お客様のニーズを汲み取った保険を届ける支えとなりたい。私は高校時代に部活で故障したものの、仲間が練習メニューを作成し支えてくれたおかげで克服した経験がある。この経験から身体、生命の支えとなる生命保険業界の中でもオーダーメイド商品を提供する貴社に関心を抱いた。問題の多い日本の生命保険業界の中でライフプランナーを通じて真のニーズを汲み取った「最後のラブレター」を提供し生命保険に変革をもたらす貴社に共感した。お客様本位の業務運営をしている貴社では、私の強みである様々な物事を追求する力を生かしライフプランナーの方々を陰から支える中で、貴社の一層信頼される生命保険会社になるような施策は何かを追求したい。

内定者プロフィール

会社名プルデンシャル生命保険株式会社
学校名非公開
学部系統非公開
職種総合職
卒業年度2021
内定日2020年5月22日

選考フロー

ES→説明会、適性検査→面接3回

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

ES単体で選考がされることはないものの、後の面接での材料となるため簡潔に、分かりやすく書くこと。

就活生へのアドバイス

インターネット上にもあまり情報がない企業であるため、説明会や毎回の面接の逆質問の時間に必要な情報を聞き出す必要がある。

プルデンシャル生命保険 2018卒,総合職内定者エントリーシート

学生時代に最も力を入れたことをご記入ください。

私は、大学の近くの共同マンションで外国人と生活をしていました。きっかけは、大学生活に刺激が欲しい、より自分の価値観を広げたいと思ったことがきっかけで大学二年生の時に始めて大学三年生の終わりまで生活していました。私の部屋にはロシア人、ブラジル人、インド人、ケニア人という各大陸から文化が全く違う人々でした。私にはこれまでに国際経験が全くなく、彼らとどのように接すれば良いのか手も足も出ない状況でした。そこで、注意深く彼らの会話や日々の生活の様子を遠目から見ることにしました。そこでわかったことはお互いの文化を尊重し合いしかし、言いたいことは言うし、オープンかつ尊重の気持ちを持ち合わせ生活していることがわかりました。私もその日を境に、彼らとの距離を縮め相手のことを考えつつ、未知の世界に臆することなく前進していきました。私はこの異文化共同生活で、相手を尊重する気持ちと、主張することの重要性を習得しました。

学生時代に2番目に力を入れたことをご記入ください。

私は、大学で留学生と日本人の交流イベントを主催したことがあります。なぜなら、異文化に触れることで様々な感性が磨かれ新たな世界を見つけることができるのではないか、それをみんなと共有したいと思ったからです。そして日々日本語を使って生活している留学生たちも自分の国の言語を話すことによってストレスから解放されると思ったからです。主な活動内容は、各国の言語で日本の本を読み聞かせることです。私のメンバーは6人でした。当初は困難の連続でした。参加してくれる外国人、

そして日本人が全く見つからない状況でした。そこで、私は仲間と協力して全力で留学生寮や周辺の日本語学校、そのうえ大学でも精力的にビラ配りを徹底し日本人の参加者を募りました。その結果、日本人約30名留学生8人が集まってくれました。私は仲間と協力することで、いかなる困難を乗り切ることができることを学びました。

プルデンシャル生命を選んだ理由をご記入ください。 

私は大学の授業や、御社の説明会で保険の大切さを学びました。常に私たちの生活は保険で守られていると言っても過言ではないと思います。私も車によく乗りますがやはり保険の存在は大きく安心して運転をすることができています。私は自分の発案力や柔軟な発想を活かして新しい風を業界に吹き込んでいきたいと思っています。貴社の社員の方々は、お互いに尊重し意見を言い合っているとお聞きして私にとてもあっていると感じたので貴社を志望します。

内定者プロフィール

会社名プルデンシャル生命保険株式会社
学校名立教大学
学部系統経営学部
職種総合職
卒業年度2018年
内定日2017年6月5日

選考フロー

エントリーシート、筆記試験、一次面接、二次面接、最終面接

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

なぜ興味を持ったのかを実体験を用いて書き同様に面接でも同じようなことを言いました。

就活生へのアドバイス

生命保険の自分が感じた魅力を話すことを心がけたほうが良いです。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


金融業界のES(エントリーシート)の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ