農中情報システム【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

農中情報システム

農中情報システム 2018卒,システムエンジニアエントリーシート

趣味・特技(200字以内)

私の趣味はマラソンです。大学一年生の頃、箱根駅伝を走る明治大学のランナーを応援しに行ったことがきっかけで、自分も走ることに挑戦してみたいと思い、マラソンを始めました。現在、週に3日以上は5キロ以上のランニングと週に2日のジムトレーニングを継続して行っています。昨年はハーフマラソンを完走することが出来たため、大学卒業までにフルマラソンを完走することを目標に日々努力を続けています。

大学の専攻内容(科目・研究・ゼミ)など、これまで大学で学んできたことを誰にでもわかるように説明してください。(400字以内)

研究タイトル「移動オブジェクトの変位画像解析に基づくドローンによるオブジェクトトラッキングシステム」
ドローンによって物体を自動追跡することで自由視点の映像撮影を可能にするシステムを開発しています。ドローンが撮影した映像に対してアフィン変換という計算を利用することで、一定時間内にどの程度物体が動いたかを判定しています。現在スポーツ中継などにおける既存の自由視点の撮影手法は、スタジアムに設置した30台ほどのカメラがそれぞれ分担をして撮影するものなどがあります。しかし、これらの撮影装置は大規模な設備と拡張性がないという問題があります。一方、本システムはドローンとPCだけの通信でリアルタイムの自由視点の撮影が行えるため、大規模な設備が必要なく、コストを低く抑えられます。またWi-Fiの届く範囲であればどこでも撮影が可能であるため、一定の場所に限定されることなく撮影をすることができます。

あなたが学生時代に達成感を感じた体験について述べてください。(600字以内)

大学で学んだICTの知識を活かし、アルバイト先の予備校で業務を効率化するために「登下校管理システム」を開発したことに達成感を感じました。予備校では長期休みに勉強内容や登下校時間などを基準に得点を競うイベントが行われていました。登下校情報を記録する際、50人以上生徒が在籍していたため、先生が、常に受付で生徒を確認し、紙に記録する作業に毎日20分以上の時間を費やす必要がありました。
私はこの状況をどうにか改善したいと考えました。そこでルールの決まった作業であればシステム化が可能であると考え、校舎会議で登下校管理システムを提案しました。しかし、システムを作るという今までにない提案であったため、先生方から「本当に実現することが可能なのか」「システムを作るためには費用が掛かるのではないか」などの疑問や不安の意見がありました。そこで私は、システムのプロトタイプを作り、実際にどのように動くものかを先生方の前で実演することにより、システムの概要を説明しました。結果、理解を得ることができて、周りの意見を取り入れながら開発を行いました。システムを導入した結果、先生が登下校を記録する必要がなくなり、他の業務に時間を使うことができました。
貴社ではこの経験を活かし、ICTの知識が少ないお客様に対してもしっかりコミュニケーションを取ることで問題や要望を把握し、最適なソリューションを提供していきたいです。

あなたがこだわる、ちょっとしたもの(こと)について教えてください。(200字以内)

私は寝る前に「今日あったちょっとしたよかったこと」を3つ探してから眠りにつきます。私の性格は良く言えば慎重派、悪く言えば心配性で、常に物事のリスクなどを考えてしまいます。リスクを考えることも大切ではありますが、もっと前向きに物事を捉えたいと考えてこの習慣をつけています。毎日続けていると、普段何気なくあることに対しても、ポジティブな視点から物事を捉えることが出来るようになりました。

会員登録して内定者の選考レポートを見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ