農中情報システム【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

農中情報システム

農中情報システム 2019卒,総合職エントリーシート

SEを志望する理由と、当社を志望する理由を教えてください。(600文字以内)

就職活動を始めるまで、SEはプログラミングがメインとなる理系の仕事だと勝手なイメージを抱いていました。しかしSEのことを調べていく中で上流工程において顧客へのヒアリングや、プロジェクトのマネジメント力、チームでのコミュニケーション能力などのスキルが求められる仕事が多いことから文系のSEでも活躍できるフィールドがあるとわかり、興味を持つようになりました。IT業界の仕事を調べていくうちに、ITのもつ「課題解決力」と「成長の速さ」に魅力を感じ、また、システム作りによって多くの会社の仕事を支えているという意味で社会のインフラを陰で支える大きな存在であると感じ、自分が手掛けるシステムによって広く社会貢献をしたいと考えるようになり、SEを強く志望するようになりました。その中でも、貴社が農林中央金庫とJAバンクの大規模で広範なシステムを支えることにより、国民生活に欠かせない農林水産業の発展に唯一貢献できる重要な役割を担っているという点に私は強く惹かれ志望しました。日本の経済全体への影響力も大きいことから責任感も伴うため、日々向上心と誇りをもって仕事に励みながら成長できると感じ、今日FinTechなどで金融の仕組みが大きく変わりつつある中で、金融とITの両方の知識を兼ね備えたプロとして、貴社の業務を通じて社会全体の安心を支えることに貢献したいと考えています。

学生時代に最も達成感を得た体験について述べてください。(600文字以内)

大学生活においては単に学問の知識を伸ばすだけでなく、社会人として仕事をする上で必要となる能力やチームで働いた経験を多く身につけたいと考え、敢えて学部では難しいとされるグループ討議が名物のゼミに身を置くことで、ゼミを通して自身を鍛えようと活動に専念しました。そうして3年次より所属した経営学のゼミにおいて昨秋大がかりな研究発表会があり、「自転車のシェアリングエコノミー」をテーマに夏休み返上で取り組みました。ところが、国内事業に関する情報が非常に乏しく研究は行き詰まりを見ましたが、

農中情報システム 2018卒,システムエンジニアエントリーシート

趣味・特技(200字以内)

私の趣味はマラソンです。大学一年生の頃、箱根駅伝を走る明治大学のランナーを応援しに行ったことがきっかけで、自分も走ることに挑戦してみたいと思い、マラソンを始めました。現在、週に3日以上は5キロ以上のランニングと週に2日のジムトレーニングを継続して行っています。昨年はハーフマラソンを完走することが出来たため、大学卒業までにフルマラソンを完走することを目標に日々努力を続けています。

大学の専攻内容(科目・研究・ゼミ)など、これまで大学で学んできたことを誰にでもわかるように説明してください。(400字以内)

研究タイトル「移動オブジェクトの変位画像解析に基づくドローンによるオブジェクトトラッキングシステム」
ドローンによって物体を自動追跡することで自由視点の映像撮影を可能にするシステムを開発しています。ドローンが撮影した映像に対してアフィン変換という計算を利用することで、一定時間内にどの程度物体が動いたかを判定しています。現在スポーツ中継などにおける既存の自由視点の撮影手法は、スタジアムに設置した30台ほどのカメラがそれぞれ分担をして撮影するものなどがあります。しかし、 これらの撮影装置は大規模な設備と拡張性がないという問題があります。一方、本システムはドローンとPCだけの通信でリアルタイムの自由視点の撮影が行えるため、大規模な設備が必要なく、コストを低く抑えられます。またWi-Fiの届く範囲であればどこでも撮影が可能であるため、一定の場所に限定されることなく撮影をすることができます。

あなたが学生時代に達成感を感じた体験について述べてください。(600字以内)

大学で学んだICTの知識を活かし、アルバイト先の予備校で業務を効率化するために「登下校管理システム」を開発したことに達成感を感じました。予備校では長期休みに勉強内容や登下校時間などを基準に得点を競うイベントが行われていました。登下校情報を記録する際、50人以上生徒が在籍していたため、先生が、常に受付で生徒を確認し、紙に記録する作業に毎日20分以上の時間を費やす必要がありました。
私はこの状況をどうにか改善したいと考えました。そこでルールの決まった作業であればシステム化が可能であると考え、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ