富士通エフサス【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

富士通エフサスの内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

株式会社富士通エフサスはICTシステムのトータルサービスを行う富士通系のIT企業です。
強みはICTシステム最適化をマルチベンダー環境を前提とした設計、構築、導入、展開、運用、保守といった全般の業務を行える点です。
設立は1989年で、従業員数は6,668名(2017年6月20日現在)です。

内定者のES一覧

富士通エフサス

富士通エフサス システムエンジニアエントリーシート

当社を志望した理由(共感した内容)と、ご自身が当社で仕事を通じて実現したいことについて記入してください。(500文字以内)

貴社の「お客様起点」という考え方に共感をして貴社を志望します。また、私はお客様の目線に立ってしっかりと話し合うことで、表面的なニーズだけでなく潜在的なニーズにも踏み込んだICTソリューションを提供していきたいと考えています。私は、アルバイト先の予備校で業務効率化システムである「登下校管理システム」を開発しました。しかし導入当初、業務を効率化することだけを優先的に考えてしまい、ユーザーの使いやすさやセキュリティに関しての意識が薄く、満足のいくシステムが作れなかった経験があります。この失敗を踏まえて社会では、もっとお客様視点に立つことで真に求められるシステムを提供したいと考えまた。貴社は、全国に約850カ所の拠点がありお客様のニーズを共有しやすくする環境やフューチャーセンターで社内外や地域の人と対話を通じて価値創造の場を設けています。また、トータルサービスを行い常にお客様に近いところで事業を進めることが出来ると考えました。このようにお客様起点の理念掲げるだけでなく、実際に形として落とし込んでいる貴社であれば、私の「真に求められるシステムを提供したい」という想いを実現できると考えます。

自己PRについてご記入ください。(300文字以内)

私は「新しい視点で物事に取り組める」人間です。私は大学で学んだICTの知識を活かし、アルバイト先の予備校で業務を効率化するために「登下校管理システム」を開発しました。予備校では長期休みに勉強内容や在校時間などを基準に得点を競うイベントがありました。登下校情報を記録する際、50人以上生徒が在籍していたため、先生が、常に受付で生徒を確認し、紙に記録する必要がありました。私は、この作業をシステム化すれば効率的であると考え、校舎会議で登下校管理システムを提案し、周りの意見を取り入れながら開発を行いました。導入をした結果、先生は登下校を記録する必要がなくなり、他の業務に時間を使うことができました。

あなたのなりたい姿に対して、現在のあなたの「弱みや短所」はなんですか。また、その弱みをどのように克服していこうと考えていますか。(500文字以内)

私の短所は、自分の意見を言うことをためらってしまう事があることです。「相手を嫌な気持ちにさせてしまうのではないか」「グループの輪を乱してしまうのではないか」などを心配してしまい、意見を主張することが出来ずに周りに流されてしまう事を後悔することがあります。具体的には、あるインターンシップに参加させていただいた際、私は案を考えていたにも関わらず、グループのメンバーが先に案を出した流れで議論が進んでしまい、意見を述べる機会を逃してしまったことがありました。しかし、社会に出て仕事をしていく上で、しっかりと自分の意見を言えることは重要あると考えます。特に、私は「お客様目線に立ったソリューションを提供したい」と考えているため、お客様としっかり意見を出し合いながら良いものにしていく必要があると考えます。私はこの短所を解決するため、残りの学生生活で意見を出し合いながら良いものを作っていく経験を積極的に積むようにします。具体的には、四年生から本格的に始まる卒業研究で他のメンバーの研究にも積極的に意見を言い、自分の研究内容に関しても自信をもって考えを主張しながら教授などと話し合っていきたいと考えています。

会員登録して内定者の選考レポートを見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ