1dayインターンは参加すべき?しなくてもいい?

2017年6月、「経団連に所属する企業のインターンシップ日数は5日以上」という日数規定が変更され「1日以上」になりました。これにより「1dayインターン」と呼ばれる1日のみのインターンシップを行う企業が、これまでよりさらに増えるものと思われます。
今回は1dayインターンシップに参加するメリットや、1dayインターンシップに参加することでどんなことができるのかについて解説していきたいと思います。

1dayインターン

1dayインターンシップの内容

1dayインターンシップとは、字のごとく1日以内に全てのプログラムを終えるインターンシップのことです。
代表的な開催形式は
・説明会/座談会型
・見学/ワークショップ型
の2つです。
「午前中に見学/ワークショップを行い、午後に説明会をする」といったように、開催形式を組み合わせた複合型の1dayインターンシップが開催される場合もあります。

説明会/座談会型

3年生の3月1日から解禁される会社の個別説明会とほとんど同じです。社長や役員、先輩社員と近い距離で話をすることが出来る座談会の形式をとる場合も。就活の情報解禁の直前である3年生の1月〜2月に最も多く開催されます。

見学/ワークショップ型

見学型は工場やオフィスをざっくりと見学させることで、学生にインターンシップ開催企業で働いているイメージを持たせることが目的です。 ワークショップ型は、例えばゲーム会社ではゲームのプランニングやマーケティングを体験できるといったように、インターンシップ開催企業の仕事を模擬体験できるグループワークを行い、学生の企業理解を助けることが目的です。

よくある1dayインターンシップの流れ

ここでは1dayインターンシップの一例を紹介したいと思います。今回紹介するのは、ワークショップ・説明会複合型のものです。

1日の流れは
〜10:00 インターンシップ開始時刻
〜10:20 この日にやることの流れを説明
〜10:40 アイスブレイク(参加者の緊張をほぐすこと)を行う
〜12:00 午前中のワークに取り組む
〜13:00 お昼休憩
〜15:00 午後のワークに取り組む
〜17:00 企業の説明を受ける/質疑応答
〜19:00 インターンシップ終了
といった感じになります。

1dayインターンシップは選考なのか

1dayインターンは選考に直結していないことがほとんどですが、中には1dayインターンで選考をしている会社もあります。
志望度がそれほど高くない学生も気軽に参加できるため、企業側からすれば、1dayインターンに集まってくる学生を全員採用候補にするのは危険。一方である程度のふるいにはなるため、母数を確保しつつスピーディーに採用活動を進められるというメリットもあるのです。実際、「1dayインターンで優秀だと判断した学生にコンタクトを取り、その後の選考に進むよう促すこともある」という会社もあるそう。その企業がどのポイントを優先するかによって、「1dayインターンが選考かどうか」は変わってくるのです。

1dayインターンシップに参加するメリット

それでは、1dayインターンに参加するメリットは何なのでしょうか。

1dayインターンシップに参加する学生にとってのメリットは
・時間的拘束が少なく、気軽に参加できる
・ESを書かずに、インターンシップに参加できる
の大きく2つがあげられます。

1dayインターンシップを実施する企業の目的は
・自社のことを学生に認知してもらうこと
・学生と早期に接触して、自社を受けてもらう動機付けを行うこと
の大きく2つが考えられます。

こんな人は1dayインターンシップに参加した方がいい

【1dayインターンでできること】
・業界や企業について短時間でなんとなく理解できる
・説明会が解禁される3年生の3月1日よりも早く、説明会と遜色ない企業情報を知ることができる
・自分の興味が無い業界は本当に興味が無い業界なのか確認できる

【1dayインターンでできないこと】
・実務スキルがほとんど身に付かない
・内定直結であることがほとんどない
このことから考えると1dayインターンシップは、
・企業/業界研究を始めたい学生
・部活の練習や留学などでインターンシップに参加する時間をうまくとれない学生
などにとっては参加する意義が多いにあり、オススメできると言えます。
逆に
・インターンシップを通じて、スキルの獲得を目的にしている学生
・内定への近道を目的としている学生
には参加する意義があまりないと言えます。そういった学生はもっと期間の長いインターンシップに参加してみましょう。

まとめ

今回は1dayインターンシップのよくある形式やメリットについて解説してきました。
企業/業界研究を始めたい学生は就活の情報収集のために1dayインターンシップに参加することをオススメします。
大学一年次からインターンシップに参加するなど就活を見据えた行動をとっていた学生にとっては、あまり参加するメリットはないかもしれません。何を目的にしているかによって1dayインターンシップや数日間のインターンシップ、長期インターンシップを使い分けるようにしましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 19卒の就活ももう始まっています!早い企業は20卒も動き始めるかも!? 就活の採用選考への最初のステ...

続きを読む
就活イベントまとめ【合同説明会、就職セミナー】

全国の就活イベントを日付順にまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方、必...

続きを読む
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、250社以上の内...

続きを読む
19卒・20卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2018年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。大学3年生・4年生対象の短期インターンや就活内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめインター...

続きを読む
大学生は1年生・2年生もインターンシップに行こう!

「インターンシップは大学3年生が就活のために行くもの」と考えていませんか? 確かに日本の大学生の多くは、大学3年生(あるいは修士1年生)になって周りが「就職活動」を意識する雰囲気にな...

続きを読む