【例文付き】ゼネコン・建設業界の志望動機の書き方!

企業の内定を得るためにはしっかりとした事前準備が必要です。特に志望動機はどの選考を通過するために最も重要な要素の1つです。ゼネコンの志望動機を書く時に知っておくべきことや、書き方のポイントを解説します。

【例文付き】ゼネコン・建設業界の志望動機の書き方!
目次

ゼネコン業界の仕事内容や求められる人物像

ゼネコンとは

ゼネコンとはゼネラル・コントラクターの略称で総合建設会社の事を指します。ゼネコンが手掛ける工事は土木、建設に大別することができます。

日本の建設大手企業上位5社は、鹿島建設、清水建設、大成建設、大林組、竹中工務店です。この5社はスーパーゼネコンと呼ばれます。

建設業界は震災の復興需要やオリンピックの影響で、首都圏を中心に再開発が相次ぎ需要超過の好景気になりました。業界の課題としては若い人材不足が挙げられます。受注しても工事に取り掛かれていない繰り越し工事が多く残っているため、人材確保が急がれます。

ゼネコンの仕事内容

ゼネコンのビジネスモデルは不動産などから受注し、協力会社や工事業者を統括し建設を行うという形です。職種は事務系だと、営業職やコーポレート職があります。

規模の大きい企業だと他に商業施設、物流施設などの投資用不動産開発を行う不動産開発の職種がある場合があります。理系職は建造物の性能や形を企画する設計や、現場でものづくりに携わる施工・施工管理があります。

ゼネコンで求められる人物像

ゼネコンの仕事は自社以外の企業や建設業者など顧客以外の人々とも関わりが多いのが特徴です。様々な人と困難な課題を一つずつ解決しながら長い期間をかけて完成を目指し、地図に残るスケールの大きいビジネスを成し遂げることができます。

そのため学生に求められる人物像として以下のようなものが挙げられます。

・多様な価値観を持つ人たちをまとめ、協力できるコミュニケーション能力がある
・目標達成に対して前向きで実行力がある

自分の過去や経験を振り返ってこの業界とマッチできるか検討し、志望動機に活かしましょう。

ゼネコンの志望動機におすすめの構成2パターン

結論から書き始め、理由や根拠を自分の経験に基づいて書くというのが志望動機の基本構成です。ここではゼネコンの志望動機作成におすすめの構成2パターンをご紹介します。

ゼネコン業界や企業への熱意をアピールする志望動機の構成

「どうしてもこの企業で働きたい」「絶対にゼネコンで働きたい」など、ゼネコン・建設業界や特定の企業に強い憧れがある場合はその熱意をベースに志望動機を作成しましょう。次のような構成で書くと、スムーズに志望動機が作成できるはずです。

1 ゼネコン・建設業界に興味を持ったきっかけ
2 その企業を志望する理由
3 企業に貢献できること

まず「ゼネコン・建設業界に興味を持ったきっかけ」を語り、次に「なぜその企業なのか」を伝えます。

最後は成し遂げたいことで締めくくるといいですが、夢や目標が明確になっていない場合は、自分の性格や能力などをアピールして企業に貢献できることで締めくくるのがいいでしょう。

将来の目標や自分の能力をアピールする志望動機の構成

ゼネコン・建設業界でやりたいことや将来の目標などが明確になっている人は、その夢や目標を軸にして志望動機を作成しましょう。このパターンでおすすめの構成は、次のような流れです。

1 ゼネコン・建設業界で成し遂げたいこと
2 その企業を志望する理由
3 自己PR

まずはじめに結論である「ゼネコン・建設業界で成し遂げたいこと」で夢や目標を語ります。続けて、「そのためにはこの企業でなければならない」という書き方をすると説得力が高まります。

最後には、「こういうことが得意だから自分にはこの夢が達成できる」というように、自己PRをからめて締めくくるのがいいでしょう。

ゼネコンの志望動機作成のポイント

ここでは、ゼネコンの志望動機を作成する際に意識するといいポイントについて解説します。

企業の具体的な事業や強みを取り入れる

志望動機を書くときは何故その企業を志望したいと思ったのか、その企業の魅力的だと思った点を書く人が多いと思います。この志望理由に説得力を持たせるために企業研究を行い、具体的に企業の事業や強みにしていることに触れましょう。

企業研究がしっかりできていれば、志望動機を読んだ人に熱意を伝えることができます。企業のホームページや資料だけではなく、インターンシップやOB訪問でより実りのある情報を集め志望動機に活用しましょう。

協調性やリーダーシップ力など特性をアピールする

前の章で解説したように建設業界の仕事では多様な価値観の人と協力することが必須です。志望動機では自分がその企業とマッチしていることを主張ることが重要です。

協調性やリーダーシップなどチームで仕事をする際に必要なスキルを持っていることを、過去の経験や具体的なエピソードを交えアピールしましょう。

【例文紹介】ゼネコンの志望動機

ゼネコン・建設業界の志望動機の例文を紹介します。是非参考にしてみてください。

世界中の人々の生活の基盤を豊かにする産業に関わりたいと思い、貴社を志望しました。

私は大学で都市環境デザインを専攻しています。大学で学んでいるうちにものづくりに興味を持つようになりました。特に空港や鉄道、公共施設などの多くの人々が利用する建築のものづくりなど、社会に及ぼす影響力が大きい仕事に携わりたいと考えゼネコンの業界を志望しています。

特に貴社の事業は日本本土をつなぐトンネルや橋など大規模な国家プロジェクトを多数手がけていて、他社より多様なものづくりに携われるという点が強みであるとインターンシップで社員の方からお話を伺いました。社会の基盤を作っている貴社の事業に魅力を感じ、貴社を強く志望しています。

もし貴社に入社することができましたら大学で学んだ知識を活かし、共に働く企業間を超えたチームと社会を支える仕事に貢献したいと考えております。

最後に

ゼネコンなど建設業界は事業のスケールの大きさや、社会貢献度の高さなどの観点から就職先として学生に人気の業界です。特にスーパーゼネコンと呼ばれる大手上位5社はとても倍率が高いです。事前準備をしっかり行い、選考に臨みましょう。



志望動機の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ