【回答例あり】面接で「あなたにとって働くとは?」と聞かれたときの対処法

就職活動をしていても「働くとはどういうことか?」について、改めて考えたことがないという方も多いかもしれません。しかし、「働くこと」について自分なりの考え方を持つことで、より自分の就きたい職業、やってみたいことが明確になり、就活に対して前向きになれる可能性があります。
面接で聞かれることも多い、「あなたにとって働くとは?」にどんな回答をすべきか、一度考えてみましょう。

【回答例あり】面接で「あなたにとって働くとは?」と聞かれたときの対処法
目次

「あなたにとって働くとは?」の質問の意図は?

就活の面接で「あなたにとって働くとはどういうことだと思いますか?」という問いを投げかけられることがあります。
抽象的で答えるのが難しいこの質問、面接官はどういう意図を持ってこの質問をするのでしょうか。

思考能力を試すための質問

志望動機や希望職種など、回答が想定できる具体的な質問に対し、「働くとは?」という質問は、幅広い回答が考えられる抽象的な質問です。こういった質問に対する回答では、日頃から物事を深く考える習慣があり思考体力が養われているか、予期せぬ質問にもその場で頭を回転させて答えを出せる思考能力があるか、ということをチェックされている場合があります。

面接では、ある程度聞かれる事柄を想定して、それに対する回答を用意して臨むことができますが、やはり1~2問は、想定していなかった質問を受けると覚悟しておいたほうがよさそうです。
このようなケースに対応するためには、日頃から自分が何か感じたことに対し、具体的な気持ちやどうしてそう感じたかなど、説明する訓練をするとよいでしょう。 例えば、映画を観て「いい映画だったな」で終わるのではなく、どの場面に心動かされたのか、その理由は何か、登場人物の言動で印象に残った場面はどこか、自分だったらどうしたか、など、感想文のようなものを書くことを習慣づけるととよい訓練になると思います。

働き方への考え方から企業との相性を探る

学生の働くことに対する考え方が、企業の考え方とマッチしているか探っている場合もあります。
例えば、「能力主義、成果主義の会社で、成果を出した分だけ多くの報酬を得られる」という社風の会社に、「無理のないワークライフバランスで働き、仕事のためにプライベートは犠牲にしたくない」と望む学生が就職しても、他の社員との考え方に隔たりがあり、なかなか長続きしないという可能性があります。
そういったミスマッチを防ぐためにも、学生が働くことにどんな価値を求めているかを知りたい場合もあります。

回答を考える時のポイントは?

「あなたにとって働くとは?」の回答を考えるにあたり、どんな内容を盛り込んだらよいのか、またNGな回答はどんなものか、解説します。

お金を得るためだけではNG!

人が生活に必要なお金を得るために仕事をすることは、ごく当たり前のことです。「働くこと=お金がもらえる」というのは、最低条件として常にあることなので、これを働く意味として回答するのは意味がありません。
「働くこと=お金がもらえる+何か」の”何か”の部分を明確にする答えでなければなりません。

働くことが与えてくれる価値から考えてみる

働くことで何が得られるのかよく分からない、”何か”の部分にどんな要素が入るのか想像できない、という方は、アメリカの教育学者、ドナルド・E・パーカーが提唱した、人の仕事に対する14の価値観から考えてみてもいいかも知れません。
この中に、仕事をする中でこういうことが得られたらいいな、と感じるものがいくつかあるのではないでしょうか。

ドナルド・E・スーバー 14の労働価値
1. 能力の活用―自分の能力を発揮できること
2. 達成―良い結果が生まれたという実感
3. 美的追求―美しいものを創りだせること
4. 愛他性―人の役に立てること
5. 自律性―自律できること
6. 創造性―新しいものや考え方を創りだせること
7. 経済的価値―たくさんのお金を稼ぎ、高水準の生活を送れること
8. ライフスタイル―自分の望むペース、生活ができること
9. 身体的活動―身体を動かす機会が持てること
10. 社会的評価―社会に仕事の成果を認めてもらえること
11. 危険性、冒険性―わくわくするような体験ができること
12. 社会的交流性―いろいろな人と接点を持ちながら仕事ができること
13. 多様性―多様な活動ができること
14. 環境―仕事環境が心地よいこと

「あなたにとって働くとは?」回答例

上記で紹介した14の価値を参考にしながら、自分の言葉で、自分にとっての働くことの意味を説明できるようにしておきましょう。 ここでは、3つの例文を紹介します。

例文1

私にとって働くとは、多くの人と関わりながら、仕事を通じてしかできないわくわくするような体験を得られるものです。
学生時代に、イベント企画をする会社でアルバイトをしていました。イベントごとにいろいろな人と協力してアイディアを出し、どうしたら多くの人を楽しませることができるか、考えるときのわくわくは仕事しか味わえないものでした。
御社での仕事でも、人を楽しませることを自分自身が楽しみ、社内外の人と交流することで自分の人生を豊かにしたいと考えています。

例文2

私にとって働くとは、自分の能力を発揮することで成果を出し、それによりよい暮らしを実現させられるものです。
独学で培った英語力や、多くの海外旅行を通じて得た交渉力を活かし、成果をあげることで自分の理想とする暮らしに近づくために邁進したいと考えています。

例文3

私にとって働くとは、人の役に立ち、相手を喜ばせることで自分も幸せを感じられるものだと考えています。
私は、学生時代にホテルのフロントでアルバイトをしていて、世界中から訪れるお客さまの困りごとに対応し、感謝されることにやりがいを感じ、活力を得ていました。 御社での仕事でも、お客さまに喜んでもらうことを第一に考え、それにより、自分が働くことのやりがいや喜びを感じたいと思っています。

最後に

自分が働くことで何を得たいのかを明確にすることで、自分のやりたいことや、仕事を通じて実現させたいことが浮彫りになります。就活にひたすら打ち込むだけでなく、たまには立ち止まって自分の求めていることをじっくり見直す機会も大切だと思います。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ