音楽業界のインターンって何するの?時期や選考、業務内容について

音楽業界のインターンには多くの応募者が集まる激戦区。そのため、「音楽業界がどんな人材を求めているのか」をよく理解し、インターン選考を通過する必要があります。
しかし、華やかなイメージばかりが先行し、そのインターンの具体的な内容を知っている人はあまりいません。
そこで今回は、音楽業界のインターンの開催時期や体験できる業務内容をご紹介します。また、インターン選考の流れと対策についても解説しますので、ぜひご覧ください。

音楽業界のインターンって何するの?時期や選考、業務内容について
目次

音楽業界とは?

音楽を生み出す仕事

音楽業界と聞いてイメージされやすいのは、楽曲制作に携わり、音楽を生み出す仕事ではないでしょうか。
楽曲は演奏するアーティストが目立ちますが、そんなアーティストを支えるたくさんの仕事があります。
例えば、楽曲の制作全てを取り仕切る「プロデューサー」や、プロデューサーとアーティストの間で様々な調整を行う「ディレクター」が挙げられます。
また、新たな曲や歌詞を作る「作曲家」や「作詞家」や、理想の音を作り上げるために調整を行う「レコーディングエンジニア」も音楽を生み出すために不可欠です。

音楽を広める仕事

音楽業界には、生み出された音楽を世の中に広める仕事もあります。
例えば、アーティストや楽曲をより多くの人に知ってもらうために宣伝や販促を行う「プロモーター」、コンサートやライブなどのイベントを成功させるために働く「イベンター」として働く方が代表的です。
また、楽器店や音楽教室で働く中で、多くの人に音楽に親しんでもらえるよう取り組んでいる方もいます。

音楽業界に求められるスキル

音楽業界で働く人に求められるのは、何と言っても音楽に対する熱意です。
また、1つの楽曲を作るためにはたくさんの人の協力を得ることが必要となるため、コミュニケーション能力や協調性も求められるでしょう。加えて、いつも同じ仕事をしていればOKという業界ではないため、ある程度柔軟性を身に着けていることも大切です。

音楽業界のインターンの開催時期とは?

音楽業界では、1~3月頃に10日前後のインターンが開催される傾向があります。インターンへの応募期限はその1~2ヶ月前に設定されるため、早めにインターン選考への準備を行っておく必要があります。
また、1DAYインターンや3~5日間など短期のインターンであれば、夏にも冬にも用意されているので、ぜひ参加してみましょう。

音楽業界のインターンで体験できる業務内容は?

アーティストマネージャー

アーティストマネージャーとは、アーティストのスケジュール管理や体調のチェックに加え、アーティストに代わって様々な交渉なども行う仕事です。いつも共に行動するため、仕事のパートナーとしてはもちろん、アーティストの心の支えにもなる大切な役割です。
インターンでは、アーティストのマネジメントプランを立案し、そのプランをプレゼンテーションで発表するといった体験型のものから、実際にアーティストに同行するものまで企業によって様々な内容のものが用意されています。

研究開発

音楽業界の中でも、より良い音楽を生み出すための研究開発は欠かせません。例えば、響きが良い楽器を作るためには素材や部品に改良を加えていく必要がありますし、デジタルで音楽を作ることも増えた現在ではその技術向上も求められています。
インターンに参加することで、企業の研究テーマを知り、学んでいくことができます。

接客や清掃など華やかではない仕事も地道にこなそう

音楽業界のインターンでは、接客や清掃などの地味な業務も与えられます。これらも労働環境を整えたり、アーティストやお客様が気分良く過ごしたりするために必要な仕事です。
音楽業界のインターンではついつい華やかな業務を期待してしまいがちですが、こういった仕事も目的意識を持って主体的に取り組んでいきましょう。

音楽業界のインターン選考の流れとポイント

エントリーシート提出

音楽業界のインターン選考では、エントリーシートに熱意をぶつけることが大切です。音楽への熱意はもちろん、インターンを希望している企業への熱意も忘れずにアピールしましょう。そのためには企業研究にもしっかり時間をかける必要があります。
冬期インターンへ応募する段階では、エントリーシートを書き慣れていない方も多いと思います。キャリアセンターなどを活用しながら事前にしっかり練習しておきましょう。

面接

書類選考に通過したら、面接のステップに進むことがほとんど。面接ではエントリーシートに書いた内容をさらに深く質問される傾向が見られます。
また、面接では音楽業界が求めているコミュニケーション能力や柔軟性がチェックされますので、硬くなりすぎず、余裕をもって答えられるよう、練習を重ねておきましょう。

最後に

音楽業界のインターンは就活生からの人気が高く、インターン選考を通過するのは大変です。ただし、なんとなく華やかだからというミーハーな理由で応募している学生も少なくないため、まずは「音楽業界で就職したい」という熱意を具体的にアピールすることが大切です。
また、音楽業界と言っても社会人としてのマナーやふるまいは大切。一朝一夕では身につくものではないため、対策が不十分だと面接でボロが出てしまうことも。早めに対策を始めて慣れておくようにしましょう。

インターンシップを探す

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ