新生銀行の就活本選考体験記(2020年卒,総合職(資産運用コンサルタント))

新生銀行の就活本選考体験記(2020年卒,総合職(資産運用コンサルタント))です。先輩の体験記を参考にして、就活を有利に進めましょう!

就活本選考体験記一覧

会社名株式会社新生銀行
部門(職種)総合職(資産運用コンサルタント)
卒業予定年/卒業年2020年
内定(内々定)が出た時期大学4年生の5月
新生銀行の就活本選考体験記

選考フロー

エントリーシート・テストセンター(spi)→グループディスカッション→面接2回

説明会

参加時期

4月上旬

形式、選考への影響、感想など

100人弱ほどの説明会。
ES通過後に参加したため選考への影響はあまりないと思われるが、面接で説明会などに参加したか聞かれるため参加した方が良いと思われる。

エントリーシート

提出時期

4年生の3月

提出方法

マイページから提出

設問、文字数

今年のESは全て写真だけで
・あなたが学生時代頑張ったことがわかる写真
・あなたらしさが最もよく表れている写真
の2つだけで、それぞれ写真について100文字程度で説明。

結果連絡の方法、日数

5日後、メールで

留意したポイント、アドバイスなど

資産運用コンサルタントコースだったので、人当たりがよさそうに見える写真を選んだ。
正直そこまでひどい写真でなければ落とされることは無いと思われる。

筆記試験

受験方法

テストセンターで受験

内容や難易度

至って普通のspiのため、対策をしていれば大丈夫だと思われる。
ボーダーも7割程度ではないか。

結果連絡の方法、日数

5日後

グループディスカッション

1グループの学生の人数

4人

ディスカッション時間

45分

内容や進め方

新しい新生銀行のビジネスモデルを考えるというもの。
最初に新生銀行のビジネスモデル及び、将来使われるであろうテクノロジーなどについてのレクチャーがあり、その後45分程ディスカッションをしてから班に1人付いている社員さんに発表。
その後フィードバックがあり終了という流れである。

雰囲気

全体に向けて発表などはないので緊張感などはあまりない。
社員さんが班に一人ついているため活発に発言することが重要。

留意したポイント、アドバイスなど

議論がズレそうになったときに修正することに重点をおいた。
議題がかなり難しいものであるため下手に仕切らないほうがいいかもしれない。

結果連絡の方法、日数

翌日、メールで

一次面接

同時に面接を受けた学生の人数

1人

面接官の人数、役職など

1:1を2回、中堅社員

時間

30分×2

質問内容や進め方

多少のアイスブレイクの後に
・学生時代頑張ったこと→


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ