森永製菓の就活本選考体験記(2019年卒,研究開発)

森永製菓の就活本選考体験記(2019年卒,研究開発)です。先輩の体験記を参考にして、就活を有利に進めましょう!

就活本選考体験記一覧

会社名森永製菓株式会社
部門(職種)研究開発
卒業予定年/卒業年2019年
内定(内々定)が出た時期修士2年の5月
森永製菓の就活本選考体験記

選考フロー

エントリーシート→webテスト(2回)→GD→面接(2回)

説明会

形式、選考への影響、感想など

説明会・インターンシップに参加しなくても選考には関係ないと思われます。ただ名前を覚えてもらうくらい熱意のアピールをすれば有利になるとは感じました。

エントリーシート

提出時期

修士1回生3月

提出方法

マイページから提出

設問、文字数

志望理由(200)、学生時代に頑張ったこと(400)、研究及び力を入れた科目(200)、森永製菓でどのように仕事に取り組むか(200)

結果連絡の方法、日数

締め切りから2、3日後メールにて

留意したポイント、アドバイスなど

熱意が伝わるようアンケート項目などもしっかりと記入しました。また自身の長所が働く上でどのように活きるかイメージを持てていることをアピールすることが大切だと考えます。そのため、頑張ったことと入社後の取り組みを結び付け、長所が生かされる場面、成功体験の再現性があることをわかりやすく伝えるよう心掛けました。

筆記試験

受験方法

自宅でwebテスト→SPIテストセンター

内容や難易度

難しいテストではないが、計2回のテストでかなり落とされていた印象がある。他の食品メーカーよりも重視されているかもしれない。性格検査も慎重に受験する必要があると思う。

結果連絡の方法、日数

一週間以内にメールにて

グループディスカッション

1グループの学生の人数

6

ディスカッション時間

1時間

内容や進め方

新製品案を考える

雰囲気

時間にゆとりがあるので楽しみながらできる。複数人の社員が周囲で評価を行っているが、厳しい雰囲気ではない。

留意したポイント、アドバイスなど

人の話をしっかり聞き、自身と相手の意見両方を織り交ぜたアイディアを提案することで協調性をアピールすることを心掛けた。

結果連絡の方法、日数

2,3日以内にメールにて

一次面接

同時に面接を受けた学生の人数

1

面接官の人数、役職など

3人(人事1人、現場管理職2人)

時間

30分

質問内容や進め方

研究内容、ガクチカ、志望動機の深堀(会話形式で進められる)、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ