大学生が投資をするときに知っておくべきポイント

大学生活は様々な場面でお金が必要になります。講義の教科書代だけではなく、飲み会代、旅行代など充実したキャンパスライフを送るためには何かとお金が必要です。

アルバイトでお金を稼ぐのもよいですが、投資に挑戦することもおすすめです。上手にやればお金を増やすことができますし、経済の勉強にもなります。

本記事では、大学生が投資をするときに知っておくべきポイントを解説します。

大学生が投資をするときに知っておくべきポイント
目次

投資とは?

投資とは、ざっくり言うと「お金を使ってお金を増やす」ことです。分かりやすい例が株です。例えば任天堂の株を400万円で買ったとします。任天堂の株価が上がり、450万円になった場合、50万円の利益が出たことになります。

このように、株価上昇などを利用してお金を使ってお金を増やすことを投資と呼びます。投資対象も株だけではなく、外貨(外国のお金)や仮想通貨、不動産など様々です。それぞれについて解説していきます。

最も有名な株式投資

投資といえば株式投資が最も有名です。そもそも株とは、企業が資金調達のために発行するものです。投資家は株を購入し、経営権の一部であったり配当金、株式優待を得ることができます。また、株価の上昇による売却益も狙うことができます。

経営権の一部を得ることに関しては大きな資金が必要となるので、大学生が株をする場合配当金などの利益(インカムゲイン)もしくは株価上昇による売却益(キャピタルゲイン)を狙うとよいでしょう。

少ない資金でも買うことのできる株も多いので、まずは株価の安い企業の株を試しに買ってみるのがよいです。

危険なイメージ?FX

FXも有名です。ただし、どちらかというと投資より「投機」のイメージが強いです。投資とは長期的な利益を狙うものですが、投機は短期的な利益を狙うのでギャンブル要素が高いです。

FXは為替差益を狙う投資方法です。例えば、1ドル=100円のときにドルを買います。いずれ1ドル=110円になった場合、10円の利益となるわけです。

そして、FXの大きな特徴が「レバレッジ」と呼ばれる仕組みです。この仕組みを使うと、所持金が1万円しかなくとも、10万円分の取引ができるようになるのです。この場合、レバレッジは10倍です。大きな利益を狙うことができますが、当然損失の幅も大きくなります。

レバレッジの存在こそが「FXは危険」と呼ばれる理由でもあります。低資金でもはじめられるので大学生向きではありますが、初心者はレバレッジを低く設定して取引することをおすすめします。

流行りの仮想通貨投資

2017年あたりから仮想通貨投資も大流行しています。興味のある大学生も多いのではないでしょうか。有名な仮想通貨にはビットコイン、イーサリアムなどがあり通貨の種類も日に日に増えています。

仕組みはFXと似ていて、2つの仮想通貨の為替差益を狙うことになります。100万円=1BTC(ビットコイン)から110万円=1BTCになった場合、日本円に換金すれば10万円の利益を得ることができます。2017年は年初から年末にかけてビットコインの価値が20倍にもなり、俗に言う「億り人」があちこちで誕生したそうですね。

株式投資やFXと比べてまだまだ歴史の浅い投資方法なので今後どうなるかは誰にも分かりません。興味があったら、まずは低資金からはじめてみるのがよいでしょう。

大学生には難しい?不動産投資

不動産投資は投資の王様とも呼ばれています。かのアメリカのトランプ大統領も不動産王として財をなしました。不動産とはざっくり言うと「土地」や「家」のことです。分かりやすい例がマンションのオーナーです。彼らはマンションを棟単位であったり、部屋単位で所有し、居住者から家賃を受け取って利益としています。

いわゆる不労所得で誰もが憧れるオーナー生活ではありますが、そもそも土地や家自体の価格が高いので大学生には厳しいでしょう。

投資で知っておくべきポイント

投資で知っておくべきポイントをいくつか解説します。

リスク管理はしっかり

投資は自分のお金をリスクに晒すことになります。ですので、本来は最悪0になってもよい資金で投資をすることが大切です。

貯金全てを投資に回してしまって大損をしてしまい、学費や生活費が払えない、、、では元も子もありません。投資はあくまで余剰資金でやることが大切です。

証券口座はどこがいい?

投資をするためには多くの場合「証券口座」が必要です。この証券口座から株式、債権、投資信託など金融商品を買うことができます。ちなみに、FXであればFX口座、仮想通貨であれば取引所の口座が必要です。

口座にも多くの種類がありますが、おすすめはネット証券の口座です。理由は手数料が安いからです。実店舗がない分、手数料が安くても運営できるからですね。

初心者の方は楽天証券、SBI証券あたりのネット証券を開設するのがおすすめです。

投資までの流れ

証券口座を開設できたならばいよいよ投資をはじめることができます。まずは証券口座に入金しましょう。ATMからでも入金できますが、ネットバンキングを利用するとスマートフォンで入金が完了するので便利です。

すぐに投資ができるかは金融商品によります。例えば株ならば市場が開いている平日の9時〜11時半、12時半〜15時に取引をすることができます。

入金額内で買える株を探し、買い注文を出してみましょう。売り手が現れれば資金が減り、その金額分の株が購入されているはずです。

大学生におすすめの投資方法

大学生におすすめの投資方法としては、低資金ではじめられる株式、FX、仮想通貨あたりがよいでしょう。特に、株式には「インデックスファンド」と呼ばれる、低資金かつリスクの低い金融商品があります。

インデックスファンドを購入し、少しずつ利益を上げていけるような投資が安定的で大学生にはおすすめです。

大学生は投資でどれくらい稼げる?

具体的に、大学生は投資でどれくらい稼げるのでしょうか?もちろん、投資資金額にもよりますし、投資する金融商品にもよります。例えば、インデックス投資だと平均して年利5%の利益が出ると言われています。ですので、10万円を投資した場合、5000円の利益となります。

一方で、リスクの高い金融商品(FXの高レバレッジなど)だと一日で資金が倍になることもありえます。ただし、その分資金が半分になってしまう確率も高いわけです。投資はリスクとリターンのトレードオフが全てなので、自分の資金量や正確にあった投資に挑戦しましょう。

最後に

大学生のうちから投資を学び実践することは今後の人生で必ず役に立ちます。経済の勉強だけではなく、会社からもらう給料+αの収入源を狙うことができるようになるからです。

ぜひ、大学の勉強に加えて投資の勉強と実践をしましょう。


この記事を書いた人
かくすけ画像
かくすけ
上場企業でエンジニアとして働くかたわら、エンタメ系やキャリア関連のライティングも行う。趣味はフットサル。
facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ