【例あり】二次面接ではどんな逆質問をすべき?一次や最終面接とはどう差別化すべき?

面接の最後に学生から面接官へ質問する「逆質問」は選考過程によって適切な質問は変わります。二次面接ではどのような逆質問をすべきなのでしょうか。抑えておくべきポイントや一次面接や最終面接と差別化の方法などを解説します。 

【例あり】二次面接ではどんな逆質問をすべき?一次や最終面接とはどう差別化すべき?
目次

二次面接はより仕事への適性や熱意が見られる

二次面接ではより仕事への適性や熱意などが重視されます。面接官は学生に仕事の適性や熱意があるか測るために、一次面接より踏み込んだ質問や深掘りするような質問をします。そのため一次面接では基本的なマナーやコミュニケーション能力や人柄を見られますが、二次面接ではその企業や仕事理解が評価されるポイントとなってきます。

一次面接や最終面接の逆質問と差別化するために押さえておくべきポイント!

二次面接は一次面接より通過させる学生の基準をより明確にしています。そのため企業にもよりますが、通過難易度も二次面接のほうが高くなっています。二次面接の通過率を上げるためには一次面接や最終面接と差別化しておくことが重要です。二次面接での逆質問と他の選考の逆質問とを差別化するときのポイントを紹介します。

担当する面接官のキャリアを把握する

ポイントの1つ目は担当する面接官の職種やキャリアを把握することです。面接によって担当する面接官は変わるので、他の面接と差別化しやすくなります。また担当する面接官の普段の仕事やキャリアに基づいた質問は、相手にとって答えやすく話も盛り上がります。

二次面接を担当する面接官は現場の中堅社員や管理職クラスであることが多いので、一次面接で得られた情報を基に更に深掘りするような質問をすると良いでしょう。

仕事や業務理解に繋がる質問をする

ポイントの2つ目は仕事や業務理解につながる質問をすることです。1章で解説したように二次面接では学生の自社への熱意、仕事への積極性や適性があるかを重視しています。逆質問で仕事や業務についての理解を深めるような質問や、働く意欲が伝わるような質問が好ましいです。

二次面接で聞くべき!逆質問の例

二次面接では仕事理解に繋がる質問や働く意欲が伝わるような質問が好印象を持たれます。具体的にどのような質問があるのか例を挙げて紹介します。是非参考にしてみてください。

面接官の仕事経験や価値観について

面接官の経歴や仕事経験、価値観についての質問は仕事理解だけでなく、仕事への積極性や企業への熱意も伝わります。


「○○さんが所属されている△△事業の仕事に携わりたいと思っています。△△事業で活躍するために必要なスキルや、役立った感じた経験などについてお聞きしたいしたいです。」

「○○さんが新卒が成長するために意識しておくことや、経験すべきことはどのようなことだと思いますか。」

「○○さんは営業の仕事をするうえで大切にしていることはどのようなことでしょうか。価値観や自分の営業スタイルなどについてお聞きしたいです。」

入社後の仕事について

入社後の仕事についてや、自分の目指している将来のキャリアについてなどの質問も好印象を持たれます。


「入社後に営業職として配属されたとき、一日のスケジュールはどのような流れになりますか。外回りとデスクワークの割合はどのくらいでしょうか。」

「もし入社することができましたら、国内の営業の仕事をしながら将来は海外営業や海外拠点との関わりがある部署で働きたいと考えています。海外との関わりがある部署へは属される社員の方はどのような経験をされているのでしょうか。」

二次面接でより良い逆質問をするためには事前準備が必須!

二次面接でより質のいい逆質問をするためにはあらかじめ聞きたいことを決めておくなど、事前準備を行うことが重要です。企業の採用ホームページやパンフレットを見直して、事業内容や社員の仕事内容などの基本的な情報は把握しておきましょう。一次面接で社員の方から聞いた話や面接での雰囲気など、一次面接で得た情報なども活用しましょう。

最後に

二次面接では企業の仕事への適性や熱意が見られています。逆質問においても仕事理解を深める質問が適切です。より質のいい逆質問をするためにはインターンシップやOB訪問等の機会を活用し、事前に情報を集めておくことが重要です。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ