面接に受からない!見直すべきポイントは?

面接で受からない時の原因は何でしょうか。その時の面接官との相性が悪かったという場合もありますが、自分の面接の受け方に改善点があるかもしれません。面接に受からない時に見直すべきポイントを事前準備と本番の2つの視点から解説します!

面接に受からない!見直すべきポイントは?
目次

面接は事前準備と経験が重要!

面接で受かるためにはどのようなことが必要となるのでしょうか。それは企業研究や自己分析などの事前準備と、面接慣れするための経験です。

面接が受からないと思った時は自分の面接対策を見直してみましょう。また面接本番でも話し方や表情などどのようなことを意識するかでも結果は左右されます。見直すべきポイントを事前準備と面接本番の2場面に分けて振り返ってみてください。

面接に受からない時に見直すべきポイント【事前準備編】

事前準備は面接だけでなくエントリーシートや適性検査など、就活において最も重要な要素です。面接の質問に回答するときや自分の強みをアピールするためにも、時間をかけて準備する必要があります。

企業研究は十分できているか

1つ目は企業研究がしっかりできていたかどうかです。志望する企業の仕事内容や強み、競合他社との違いなどをしっかり自分なりの言葉でまとめられていたか見直しましょう。企業研究がどれだけできていたかは面接での質問の回答や、逆質問などで図れます。十分に企業研究を行い活用できていなければ、面接官に志望度や熱意が伝わりにくいです。

自己分析は十分できているか

2つ目は自己分析が十分にできているかどうかです。自己分析は自分の強みや弱みだけでなく、学生時代の経験を振り返ることも含まれます。面接で学生時代の経験についてどのような質問が来るか予想し、答える出来事やエピソードについて細かく分析しておきましょう。

また自己分析と企業研究を組み合わせて考えることも重要です。なぜこの仕事をやりたいと思ったのか、実現したい目標など過去の経験と結びつけて考えると説得力が増すからです。

面接の練習をしているか

面接本番で失敗しないためには面接練習を重ねることが有効です。面接の流れや雰囲気を知って面接慣れしておけば緊張しにくくなります。大学のキャリアセンターや模擬面接のサービスを提供している就活エージェントなどを活用しましょう。客観的な視点からアドバイスを貰うこともできます。
また企業の選考を複数受ければ本番慣れもできます。少しでも興味がある企業の選考を受けてみて本番の面接の回数を重ねましょう。

面接に受からない時に見直すべきポイント【面接本番編】

次に面接本番で見直すべきポイントを解説します。面接本番では話の内容の他に自分の見た目や、話し方なども評価されるポイントになります。どんなに話している内容が良くても面接官にとって印象が悪い人は選考を通過しにくいです。意識をすればすぐに改善できるので実践してみてください。

基本的なマナーはできているか

1つ目は基本的なマナーについてです。入退出時の挨拶や動作、敬語や時間を守っているかなど社会人として必要なマナーを守れていたかどうかです。これは完璧にできていたからといって加点されることは少ないですが、逆にできていなければ悪目立ちをしてしまいます。マイナス印象を与えないように常に意識しましょう。

質問に適切に答えられているか

2つ目は面接官の質問に適切な回答ができているかです。面接は面接官としっかりコミュニケーションが取れるかが重要です。質問を予想して準備してきた回答が、本番の質問と合わない場合もあります。その場での柔軟な対応をすることも必要です。

話し方や表情まで意識できているか

3つ目は話し方や表情についてです。面接では紙面ではなく声で情報をやり取りするので、相手に考えていることを正確に伝えるためには話し方や表情も意識する必要があります。

例えば結論ファーストで論理的に答えられているか、相手の目を見て話せているかなどです。また表情は入室時から笑顔を心がけましょう。明るい表情やハキハキとした話し方は面接官に好印象を抱かれます。面接での話し方や表情まで意識できていたか振り返ってみてください。

適切な逆質問を考えているか

4つ目は逆質問についてです。逆質問は面接の最後にされることがほとんどで、どのような学生なのか印象に残りやすい質問です。注意すべきなのは面接官に好印象を抱かれるような質問ができていたかです。

まず仕事内容より待遇面だけを聞くような質問は避けるべきです。また担当している面接官に合った質問かどうかも重要です。面接官が人事部の社員なら企業の雰囲気や全体について、営業部の社員なら営業の仕事についてなどその場に合った質問を使い分けることが重要です。

相手の得意分野の話であれば会話が広がり、面接で良い印象を残せます。逆質問の時は会話が盛り上がるような質問や適切な質問ができていたのかなど注意してみてください。

最後に

面接に受かるには事前準備と面接に慣れるための経験が必要です。何故面接で受からないのか事前準備と本番と2つの視点で見直してみましょう。失敗した経験を次に活かし、自分の納得がいく結果が出るまで根気強く挑戦し続けてください。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ