就活の写真はどこで撮るべきなのか

就活で書類審査がなかなか通らない方は、もしかすると写真がよくないのかもしれません。今回は、相手にいい印象を与え、選考を通過するための就活写真についてご紹介します。

就活の写真はどこで撮るべきなのか
目次

写真はどこで撮った方がいいのか

証明写真は、どこで撮った方がいいのでしょうか。

写真館で撮っていると本気度が高いと思われる

一番おすすめできるのが、写真館です。ネットで検索すると○○スタジオや○○写真館といったお店が多数出てくるでしょう。スピード写真や自撮りでは再現できないきれいさで、きちんとした写真を撮ったことが一目でわかります。

そうした写真を使うことで、「うちへの志望度が高い」と思ってもらえる効果も。ただし、値が張るのがデメリット。スーツを買ったり交通費が毎日かかったり、何かとお金のかかる就活をするなかで、写真にいくらかけるかはよく検討してください。

写真館で撮影するメリットは多数

写真館での写真撮影は値段が高いというデメリットがありますが、メリットもたくさんあります。例えば、「就活対策に力をいれています」「面接通過率アップ」などと謳っているところは就活に関する知識があるカメラマンがいるんです。そういった店では「金融系を受けるなら真顔がいい」「接客業志望なら笑顔で」など、細かにアドバイスをしてもらえます。

また、撮影したあとに修正してもらえるのもメリットです。就活写真は「かっこよく」「かわいく」映る必要はありませんが、明るく素直そうな人物に見せられると有利です。そこで色味を調整したり、顔周りをすっきりさせたりといった補正をかけるのは有効。

そして、撮影した写真をデータでもらえるというメリットも。就活がさっと終わればいいのですが、長期戦になったりたくさんの企業を受けたりすると、その分大量の証明写真が必要になります。足りなくなるたびに撮りに行っていては時間もお金もかかりますが、写真館は一度撮影してデータでもらってしまえば、そこからはコンビニなどでかんたんに印刷出来て便利でしょう。

スピード写真や自撮りは好ましくない場合も

いつでも気軽に撮れるのが、スピード写真の魅力。また最近ではスマホで撮った写真をネットプリントで印刷することもできますよね。こうした方法は就活ではよくないと言われていますが、絶対にNGとは言えません。撮り方によってはきれいに見えますし、企業によってはそもそも写真をほとんど見ていない可能性もあります。既定の場所に既定のサイズで、常識的な格好で写った写真をはっておけばOKという企業があるのも事実です。

しかし、スピード写真はいかにもスピード写真だとわかるものなので、それをはることで「うちの選考はどうでもいいのかな」と思う面接官がいることも忘れてはいけません。何より、もし書類で落ちた時に「きちんとした写真じゃないから落とされたのか」と思ったら、悔やみきれませんよね。

急に写真が必要になったときなどは仕方ないですが、時間と資金にある程度余裕があるならきちんとしたものを撮影するのがおすすめです。

写真館選びのポイント

いくつもある写真館から、いったいどこを選べばいいのでしょうか。

ヘアメイクがあるか

就活では清潔感のあるヘアスタイルとメイクが求められます。写真を撮る前はしっかりとそれにそった見た目を整えましょう。

写真館では有料プランとして、ヘアメイクをプロが行ってくれるプランがあります。髪を結んだりメイクをしたりといったことは自分でもできるので、わざわざお金を払う必要はないと思うかもしれません。しかし専門的な知識を持った人が面接官に良く思われやすい見た目に変えてくれると思えば、数千円の出費でも価値を感じられるでしょう。

修正をかけられるか

自分でなかなかできないのが、撮影した後の修正です。ファッションモデルのように目を大きくしたり鼻を高くしたりする必要はありませんが、肌を整えて明るい雰囲気にしたり、浮いてしまったアホ毛を消してきちんとしたイメージにしたりといった工夫は効果的です。

フォトショップなどを使えるスキルがあるなら自分でやるのも一手ですが、そうしたツールが使えないなら修正をセットでつけてプロにお任せするのをおすすめします。

データがもらえるか

撮った写真をどんな風にもらえるかも重要です。大きく分けて二つのっパターンがあり、一度撮影したデータを写真館が保管しており、必要に応じて焼き増しをしてもらうのが一つ。もう一つは、CD-Rなどのデータでもらい、焼き増しは自宅やネットプリントなどで行うのがもう一つです。

毎回写真館に行くのは手間ですし、自分で印刷したほうが安上がりですから、なるべくデータでもらえるところを選びましょう。

きれいな就活写真を撮るコツ

最後に、就活の写真をきれいに撮るコツをご紹介します。

顎を引いて背筋を伸ばす

顔を明るくすっきりと映すためには、少し顎をひくのがポイント。顎が出ていると横柄な印象も与えるので、きちんと引きましょう。女性は引きすぎて上目遣いになってしまう人もいるのですが、照明がきちんと当たりにくいですし、子供っぽい印象になるので辞めましょう。

そして、背筋をしっかりと伸ばすことも重要です。猫背は自信がないように見えて、悪印象。肩を一度ぎゅっとあげて自然に落とし、正しい位置に持っていきましょう。胸を貼って鎖骨を少し前に出すようにすると、堂々として見えます。

髪はまとめ前髪は留める

髪型も写真の印象を左右する大きなポイント。まず、男性はくしでどかしたら、ワックスなどを使って整えます。プライベートでは少し筋を作るようなスタイルの人も、写真を撮るときはやめましょう。おでこが出るように前髪を上げるか分けるかし、眉にかからないようにしてください。

女性は、ロングへの方は後ろで一つにまとめましょう。高い位置には結ばず、後頭部の真ん中~下くらいにするのがいいですね。まとめられないくらいのショートヘアであれば、コテ一回転分内巻きにするときれいに見えます。前髪は長い場合は、横分けにしてピンでとめます。パッツン前髪の方は、とめられないにしても左右のどちらかに分けるといいでしょう。

就活メイクをする

メイクは、「盛る」ではなく「整える」ことを目的にします。血色がよく見えるピンク系の下地に、肌に合ったファンデーションをのせますクマなどはコンシーラーで消し、赤みが出ているところはパープル系の下地を使いましょう。眉は太すぎず細すぎないように書き足してください。

アイシャドウはベージュをベースに、明るいブラウンをのせます。ラメ入りのものは派手なになるので避けたほうがベター。アイラインは目の形の沿って描き、口紅はコーラル系がおすすめ。

ネクタイは落ち着いたものに

男性で悩むのが、ネクタイの色。落ち着いた色のネイビーが無難です。派手すぎるものは不適切なので、気を付けましょう。何本かで迷っている場合はいくつか持って行って、スタッフの方に聞いてみてもいいかもしれません。

最後に

就活の写真で失敗し、書類選考からもれたら残念ですよね。きちんとしたものを準備して、万全の状態で臨みましょう。



就活でのマナーの記事一覧
大学生おすすめコンテンツ