就活で使うメンズ時計の探し方

就職活動では、必ず腕時計を身につける必要があります。しかし、これまでスマートフォンなどで時間を確認してきた方にとっては、就職活動で使うメンズ時計をどのように探せばいいか迷ってしまうと思います。そこで今回は、就職活動で使うメンズ時計の探し方をおすすめのブランドとともにご紹介します。

就活で使うメンズ時計の探し方
目次

就職活動で選ぶべき時計

まず、就職活動で選ぶべき時計についてです。どのような基準で選べばよいのでしょうか。よく就活雑誌やネットの記事などには「就職活動にふさわしいものを」と言われますが「ふさわしい」ってどんなものを言うのかわからない!と思っている方も多いと思います。そこでまずは「ふさわしい」の中身を細かく確認していきましょう。

社会人としての身だしなみにふさわしいもの

まずは、そのまま「社会人としての身だしなみ」に当てはめてみましょう。あなたが社会人としてその時計を身につけても問題ないかどうかの基準で考える必要があります。会社によっても許容される幅はさまざまありますので、一番厳しい会社に当てはめて考えましょう。
まず、ブランドものや派手なものはNGです。ぱっと見て明らかにブランドものとわかるようなロゴ入りのものや、モノグラム入りのものは、就活生や新入社員がつけていると「生意気だ」「身分不相応だ」と思われてしまい、あまりいい印象をもたれないため避けたほうが無難です。
また、社会人として相手に接する際は、色味が鮮やか過ぎるものや宝石がついているなど派手すぎるものは失礼にあたります。ごく一部のIT企業やアパレル企業などでは許容されていることもありますが、一般的な会社では派手すぎるものはビジネスにはふさわしくありません。

ベルトの色や盤面の色まで見られている!

全体だけでなく、ベルトの色や盤面の色単体にも注意しましょう。シルバーやメタリックのベルトが無難です。金色は派手かつ、ビジネスの場にはふさわしくないため避けましょう。さらに、革ベルトの時計の場合なら、黒か茶色のものを選ぶようにしましょう。

タイムキーパーや時間管理ができるもの

就職活動の選考の中には、グループディスカッションでタイムキーパーをする機会や、「1分以内で自己紹介をしてください」など時間管理を必要とされる場面があります。そのため、「分」まで細かく確認ができる盤面や、秒針がついているものが望ましいでしょう。しかしデジタルは、秒単位で管理できるとはいえ、ビジネスの場にはふさわしくないアンフォーマルなイメージがあるので避けましょう。さらに、たとえ時計といえどもアップルウォッチなど高価なデジタル時計も避けた方が無難です。もちろん、タイムキーパーとして時間管理をする役割になった時にスマートフォンでの時間管理を行なうのはそれだけで減点対象となりますので注意しましょう。

就職活動でおすすめの時計ブランド

それでは就職活動でおすすめの時計ブランドをご紹介していきます。男子学生の場合、これからご紹介する3つのブランドのものを身につけていればまず間違いはないと言えます。3つのブランドのなかから自分の好みに合うデザインのものを選びましょう。

SEIKO

世界的にも有名なブランドで、国内ブランドの信頼性や真面目なイメージを与える好印象さがおすすめのポイントです。その「精巧」さにも定評があり、壊れにくくズレにくいのも信頼の証です。社会人になってから愛用する方も多いので、就職活動のタイミングで購入し、社会人になってからも引き続き使い続けることができるのが嬉しいですね。

CASIO

電卓やG-SHOCKなどで有名なCASIOが作るメンズ腕時計は機能性が最先端で高い評価を得ています。営業、アパレル、ガテン系など、職種別にさまざまなデザインと機能性を兼ね備えたラインナップの多さが魅力です。お店やネットショップなどのラインナップをみると、かなりバリエーションにとんだ種類のデザインの多さに驚くと思います。中にはデジタルのものや、就職活動にはふさわしくないデザインのものもありますので、選ぶ際には注意してください。盤面がアナログ時計であること、スマートウォッチなどのデジタル機能がないものを選べば間違いないでしょう。

CITIZEN

CITIZENも国内ブランドの時計メーカーです。海外からも人気の高い見た目と、誠実な印象を与えるスマートなデザインが魅力です。1万円台から買うことができるコスパの良さも人気の秘訣です。SEIKOに比べるとスタイリッシュでオシャレなデザインのものが多いので、身につけるものにこだわりがある方にもおすすめです。

最後に

就職活動で使うメンズ時計の探し方とおすすめのブランドをご紹介しました。どのような時計が理想的で、どのような時計がNGかのイメージはわきましたか?さらに、ご紹介した3つのブランドの中から、社会人になってからも使い続けることのできる腕時計を探してみてくださいね!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ