ワークスアプリケーションズのインターンシップ体験談

ワークスアプリケーションズの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

ワークスアプリケーションズインターンシップ体験談

ワークスアプリケーションズのインターンシップ(2021卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名ワークスアプリケーションズ
インターンシップ名
参加期間1か月
参加時期大学1年生の2月
職種
大学名、学部名慶應義塾大学法学部
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私が参加を決めた理由は主に3つある。(1)IT業界に興味があったため(2)説明会が魅力的であったこと(3)高報酬であることだ。(1)については当社は、BtoBビジネスではIT企業の中でも確立された地位を築いており、学べることが多いと思い、応募した。また一ヶ月というある程度の期間でインターンシップができたことも同期の一つだ。(2)説明会は今までの人類の歴史を振り返りながら、なぜITが未来において必要かなどを、様々なデータや名言を交えながら、説明される。人によって好き嫌いはあると思うが、多くの人にとっては今後大学生活を有意義に過ごし社会に出るまでに何を身に着けたいのかということを再考する機会になると思う。また成果によって振れ幅はあるが、最低16万円が支払われることも魅力だった。(※しかし2018年春にかぎっては無報酬だった)

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特になし、面接は学チカを聞かれるのでその準備(しかし1年生だったので高校の経験を語った)

ES、面接の内容

私の年はESがなかった。その代わり説明選考会で社会問題に関する小論文を自由にかけ、

ワークスアプリケーションズ(2020卒,夏)のインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社ワークスアプリケーションズ
参加期間1ヶ月
参加時期大学2年の夏
職種エンジニア
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

1年生の夏は、塾講師として毎日朝から深夜まで「教える」立場として働き詰めでした。2年生の夏はどう過ごそう?と考えた時、去年と同じように塾講師として過ごすのではなく、何か自分の身になること、自分に刺激を与えてくれるような新しい環境で自己成長したいと思い、名の知れた企業でインターンをしてみようと決心しました。ワークスアプリケーションズにした理由は、インターンシップの報酬としてお金がもらえると聞いたからです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特になし

ES、面接の内容

いままで生まれてから現在にいたるまでの期間で人生のターニングポイントになったような出来事は何か、

ワークスアプリケーションズ(2018卒,9月)のインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社ワークスアプリケーションズ
インターン名サマーインターン
参加期間1ヶ月
参加時期大学3年の9月
職種エンジニア
大学名、学部名一橋大学、経済学部
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

多くの先輩からオススメのインターンと聞いていたし、CEOの牧野さんの考えをメディアなどで拝見しており、ワークスアプリーションズでインターンをしてみたいと思ったからです。この時代において安定はない。リスクを取らないことの方がリスク。という牧野さんの言葉はとても印象に残っております。 またこのインターンは1ヶ月行われ、しっかりとその時間分の報酬も出るため企業の本気度が伺えたので間違いないと思いました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特に特別なことはしておりません。他の企業のウェブテストなとでSPIとかに慣れておけば、

ワークスアプリケーションズ(2017卒,3月)のインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社ワークスアプリケーションズ
インターン名20日間能力開発プログラム
参加期間1か月
参加時期大学3年の3月
職種エンジニア
大学名、学部名千葉大学文学部
卒業予定年2017年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

ロジカルシンキングや提案力、開発力、社会人になるうえで大切だと思われることを20日間でみっちりと鍛えられると思ったから。そして20日間コミットした結果として報酬が出るということで遊びではなく仕事として時間を使うことができることが良かったと思っていた。きっかけはすごい社長に会えるという説明会で、これから社会人として必要になる力がここでつけられるというのを確信したから。また優秀なメンバーが集まるということを思った。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にありません。テストもこれまで勉強していたことや知識が生きるものではなかったので、

ワークスアプリケーションズのインターンシップ(2017卒,3月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社ワークスアプリケーションズ
参加期間3週間
参加時期大学3年生の3月
卒業予定年2017年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

株式会社ワークスアプリケーションズで開催されるインターンの特徴は、高く設定されている課題の難易度と終了後の成績優秀者に送られる即内定という点です。1日や数日で終わるインターンを開催する企業が圧倒的に多い現状でこれだけ学生をじっくり時間を掛けて評価する企業は稀です。また、就職活動に直結しているインターンでは珍しいのは、高く設定されている難易度から報酬も設定されていることも他のインターンとの異なっている点と言えます。
インターン自体の難易度も高く、報酬も出ることは、就職活動を本格的に開始する前の絶好の腕試し機会であり、IT業界でのインターン自体の知名度が高いことから、その後の就職活動でのアピールに利用することを考え参加しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

このインターンで求められることは、一言で表すと課題解決を行うための能力です。そのため、仕事を行う上で求められるような業務上の問題を一通り把握し、問題に切り込む広い視野や実行する能力が求められます。そのため、付け焼刃で準備をすることでいい結果を得ることは難しいです。
大学の授業や課外活動を通して学んだことを整理し、リラックスした状態で臨むことが一番です。また当然のこととしてこの会社で行われている事業内容に対する理解も進めておくことが必要です。

ES、面接の内容

その時に行われる回により内容は変化するようです。私が参加した時は、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ