テクノ・セブンのインターンシップ体験談

テクノ・セブンの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

テクノ・セブン
目次
  • テクノ・セブンのインターンシップ(2015卒)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

テクノ・セブンのインターンシップ(2015卒)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社テクノ・セブン
インターンシップ名3Dプリンターを体験しよう
参加期間1日
参加時期2014年10月
大学名、学部名神奈川工科大学・情報学部
卒業予定年2015年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

就活をしなければならなかったので、参加できるインターンシップを探していました。どの項目をみても「IT業界を知るためのインターンシップ」や「会社見学」などありきたりな内容で興味をひかれなかったのですが、ここだけ3Dプリンターを体験させてくれるということで興味を持ちました。3Dプリンターはまだ身近ではなく、当時はそこまで3Dプリンターについて騒がれていなかったように思ったので、貴重な経験ができると考え参加しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

会社のホームページを見て事業内容と近頃取り組んだ案件について調べました。

ES、面接の内容

軽い自己紹介と大学時代にどんなことに取り組み、その中でも特に印象に残った事柄と、その経験を踏まえてどんな新しいことに取り組んだか?ということ。大学以外では中学・高校生の時に入っていた部活動と部活動以外でがんばったことなど面接時に聞かれました。

インターンシップで体験した仕事内容

自分が参加した時は10人くらいの人数でした。初めはそれぞれ自己紹介を行い、そのあとすぐに一人一台ずつ用意されていたパソコンを立ち上げて、企業で開発し販売している3Dプリンターの紹介と使い方について学びました。造形物のデータはすでに用意されており、シーサーとカエルの造形物を造るためのデータでした。データを3Dプリンターへ読み込み、プリンター調節ソフトがあるのでそのソフトの使用法について教わりました。操作は簡単だったので、あとは3Dプリンターが造形物を造っている最中に昼食になりました。昼食を食べながら会社の社員さんと、会社内の仕事や苦労した点や質問事項などに答えてくれました。始終質問に対し「よくわからない」「何とも言えない」などの回答が多かったため、あまり参考にならなかったことを覚えています。昼食後はすでにあらかじめ造らせておいた造形物が完成していたので、そこからは時間の許す限り、ひたすら用意されている造形物のデータを大きさや色を変えたりしてみたりして出力しました。最後にお世話になった社員さんから改めて会社の魅力や仕事のやりがいなどをうかがいました。会社を出る際に、自社で開発し販売している製品を展示している部屋があるのでそこを説明を受けつつ周り終了しました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ