セブン銀行のインターンシップ体験談

セブン銀行の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • セブン銀行のインターンシップ(2020年卒,12月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

セブン銀行のインターンシップ(2020年卒,12月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社セブン銀行
インターンシップ名セブン銀行のインターンシップ
参加期間一日
参加時期3年生の12月
大学名、学部名青山学院大学 理工学部
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

金融業に以前から興味があったためにその職種でインターンシップを探していた。とくにその中でネットバンキングという次世代を担うシステムには気を惹かれたので興味があった。
そのさなか学生向けのインターンシップ検索サイトにて、このセブン銀行のインターンシップを見つけ自分の参加したいと思い応募へと至る。
その際に選考がなくとにかく早いもの勝ちでインターンシップへと参加することが可能だったことも要因の一つとして大きい。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ネットバンキングとは。
セブン銀行の企業情報について

ES、面接の内容

先着順であったために某インターンシップ検索サイトにて応募をする形で参加が可能。
ESや面接についてはとくにないが

任意のアンケートが存在しセブン銀行についての認識などをセブン銀行の会員サイトで答えることができる。

インターンシップで体験した仕事内容

座席がはじめに指定されておりそこへ着席。その順に6人のグループに分けられて班として行動。
始めはセブン銀行についての業務内容や労働時間、環境、福利厚生についてのいわゆる会社説明会のようなイメージの講演を社員の方一人が行ってくれる。
その後に班員同士のアイスブレイクをはさみ今度はセブン銀行の実績やこの先のセブン銀行が思い描く事業についてのお話をしていただく。
それらが終わったのちに別室にてグループワークが始まる。内容としては新規事業部として6人で全く新しい事業を提案せよとのこと。
そして斬新であったことがここでのグループワークはプレゼンテーションをお互いのグループで行いあうのではなく上司としてセブン銀行の幹部の方々に直接提案を行うという個所である。プレゼンテーションにむけて上司にアドバイスをいただく機会が三度ありそのたびに企画を改善して少しずつ良いものへと昇華させていく。
またグループなは常に社員の方がついていてくれて提案する事業が既存のものではないかなどチェックやアドバイスをいただくことも可能。
最終的には上司のかたからフィードバックをいただき各グループに順位をつけて最終評価という形でインターンシップは終わる。

インターンシップで得たものや成長できた点

ここでやはり重要なことは実際に企画立案の担当として上司に提案を行うというインターンシップの形態ではないだろうか。
自分はこのインターンシップを通して上司へ自分たちが苦労して作り上げた企画を提案することの大変さを強く学んだ。
それはただ企画するだけではなくて数字や明確な根拠をもったものでなくてはならないし、生半可な企画では上には承諾をいただけない。
そのほかにも競合との兼ね合いもあり全く新しいものを作ることの大変さを思い知った。

インターンシップの報酬

無し

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

金融業はもちろん興味深かったのだがそれ以上に
ネットバンキングというシステムにとても興味を惹かれた。
この先10年、20年と続いていく会社を考えたときに非常に頼もしくやりがいのあるセブン銀行のような会社に入りたいと思った。

このインターンはどんな学生にオススメ?

まず一つとして数字に強くあること。やはり銀行であるため企画一つ考えることに関しても数字に基づく根拠が必要である。
そして勉強が嫌いでないことも条件として考えられる。常に新しいものを作らねばならないために世の中を常学んでいく必要がある。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

インターンシップを経験するうえでやはり大切になってくる要素が一つある。
それはやはりグループワーク。すなわち人に自分の意見を述べて伝えて、また他者の意見もききながら意見をすりあわせてよりよいものへと案を練っていくという作業である。
これを経験するためにはやはり自らの積極性と発言に対する強い自身が必要となる。その自信と積極的な姿勢を学ぶためにもこのインターンシップは非常に自分の力をつけてくれるので個人的におすすめをしたい。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


金融業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ