東日本電信電話の短期インターンシップ体験談

東日本電信電話の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • 東日本電信電話のインターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

東日本電信電話のインターンシップ体験談

インターン、学生情報

<
企業名東日本電信電話株式会社
参加期間3日間
参加時期大学3年生の8月
大学名、学部名慶應義塾大学商学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

貴社でのインターンを通じて就職への視野を広げ、自己のやりたいことを探るために応募しました。そして参加する際には、社会基盤である通信業界の今後の可能性と、その中でも貴社が大事にしていることを内部の目線で感じ取りたいです。現在私は、人材紹介会社での営業職の長期インターンを通じて、働くとは周囲に対して責任を負うこと、営業とは相手の問題解決をするということを学んでいます。しかし他の業界の実態を知れておらず、視野が狭い状態です。そこで貴社のインターンシップでは3日間で通信業界を知ることができる上、実際に働いている人からのフィードバックをもらえることから上記の目標を達成できると思い、参加に至りました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にありません。

ES、面接の内容

ご自身の『強み』について、そう思う具体的な経験や取組みを踏まえて教えてください。 ※具体的な経験や取組みは、学業や課外活動等、どのような内容でも結構です。 300文字以下 NTT東日本のインターンシップに応募する目的と、参加するにあたっての目標について教えてください。 300文字以下

インターンシップで体験した仕事内容

通信×〇〇というお題で新規事業立案を3日間かけて行いました。 メンバー:6人(東大~日東駒専まで多種多様であった) 【1日目】 メンバー顔合わせ。自己紹介から始まり、人事部社員からのテーマの紹介を経てグループワークがスタート。 社会課題に焦点を当て、解決すべき社会課題のリストアップやその課題でNTT東日本として貢献できることを議論した。 【2日目】 1日中議論をしていた。途中で現場の第一線で働かれている社員さんがつきっきりでアドバイスしてくださり、議論が円滑に進んだ。 この日は、定時時間が過ぎた後も、近くのファミリーレストランで議論に明け暮れた。 【3日目】 2日目と3日目の間に1日空いた。この間に議論を深める班もあれば、集まりがない班もあった。 最終日は、朝から新規事業の発表を全班の前で行った。この際に、人事部長の方も全班の発表に耳を傾けてくださり、一班ずつに丁寧にコメントをしてくださった。 夜には懇親会を行い、全班合同の打ち上げを行った。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。★★
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ