コニカミノルタの短期インターンシップ体験談

コニカミノルタの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

コニカミノルタ
目次
  • コニカミノルタのインターンシップ(2022卒,1月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • コニカミノルタのインターンシップ(2020卒,8月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

コニカミノルタのインターンシップ(2022卒,1月)体験談

インターン、学生情報

企業名コニカミノルタ株式会社
インターンシップ名冬季インターン
参加期間1日
参加時期大学3年生の1月
職種ビジネス職
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私がコニカミノルタのインターンシップに参加しようとした理由は3つあります。1つ目は、大手BtoBメーカーの社員がどのように働いているかに興味があったからです。BtoCの企業ばかり見ていたので、BtoBとBtoCの違いを探りたいなと思っていました。2つ目は、新卒スカウトサービスでオファーを頂いたからです。コニカミノルタという企業名は知っているくらいでしたが、実際に調べてみると世界的に事業を展開している企業であることを知り、グローバル展開していることを魅力的に感じました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

事前に企業情報を調べて、扱っている商材や主要取引先なども調べた。

ES、面接の内容

人事との面談では学生時代に力を入れたこと、

なぜそれを頑張ることができたのかやきっかけ、なぜXXに留学をしたのか、将来はどのようなことをやりたいのかを聞かれ、会話ベースで面談が進みました。最後には逆質問の時間もありました。

インターンシップで体験した仕事内容

今回のインターンシップのテーマは人材不足が深刻になりつつある建築業界に対して、コニカミノルタの社員としてデジタルトランスメーションを提案することでした。主に3つの内容で構成されていました。1つ目はコニカミノルタに関する説明です。メーカー業界全体についての説明を受けた後、コニカミノルタがどのような商材を扱っていて、世界ではどのように事業展開を行なっているのか、企業の風土や企業理念について説明がありました。2つ目は、グループワークです。マーケティングに関する基礎知識を講義形式でインプットした後に、グループで提案営業形式のワークを行いました。最後には、パワーポイントを用いて全体で発表をして、優秀チームは表彰されていました。限られた時間で提示されたデータを分析し、提案を行うのが非常に困難でした。3つ目は、座談会です。人事部長、新卒入社して人事、営業社員とグループにわかれ、学生が自由に質問する形式でした。

インターンシップで得たものや成長できた点

今回のインターンシップで得られたと思うことは、相手のニーズを汲み取るための質問力です。クライアントが何を求めているかということを限られた時間の中で質問しながら、顕在ニーズ、潜在ニーズを突き止めていく必要があったので、色々な質問方法を考えました。感想としては、もともとコニカミノルタにはあまり興味があったわけではなかったですが、インターンシップを通して本選考も受験してみようかなと思うようになりました。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

就職予定の業界は、IT業界で大手企業に就職する予定です。理由としては、スキルを身につけたいという点です。今後の日本情勢を鑑みた際に、何か個人で出来ることを増やす必要性を感じたからです。また、大手であれば福利厚生が整っているということも魅力的でした。

このインターンはどんな学生にオススメ?

BtoBメーカーに行きたい人、大手企業で国際的に活躍したい人

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

コニカミノルタのインターンシップは国際的に何かをしてきた人が多いと思いました。留学や海外ボランティアなどの属性です。インターンシップ全体に関しては、少しでも興味がある業界や企業があれば、躊躇わずに積極的に応募するべきだと思います。実際に、私はそのようにしたことで良い意味でも悪い意味でも企業の新しい部分を発見することができ、自身が進みたい道を考える際の大きなヒントになりました。選考が厳しい企業も多いですが、応募することで本選考の準備にもなるので、落ちても気落ちせずにとにかくエントリーシートや面接の練習を頑張ってください。

コニカミノルタのインターンシップ(2020卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名コニカミノルタ
インターンシップ名実践型!新規ビジネス創造1Dayインターンシップ
参加期間1日
参加時期修士1年の8月
大学名、学部名早稲田大学理工学術院
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

大学の研究室の先輩の中に就職した方がいて興味を持ったから。また、企業の説明会に参加した際に社員の方とお話しして、雰囲気が自分に合っていると感じたから。企業が掲げている積極的にチャレンジする理念にも共感することができた。業績の安定性や事業内容、社員の働き方などの観点から企業を選定していた。ITが関与する分野は、どの業界にとっても今後不可欠なものとなると考えていたので、広く社会と関わることができるという点で魅力を感じていたから。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特になし

ES、面接の内容

比較的オードドックな質問が多かったように感じた(志望動機、大学入学後に乗り越えた困難・挑戦して何かを成し遂げたこと経験・最も力を入れている研究内容などの具体的な説明など。特に、

そのトピックにおける難しかった点や自分なりに創意工夫した点を重点的に求められるような内容が多かった)。

インターンシップで体験した仕事内容

実際の業務ベースの課題を基にしたテーマだった。現場社員がインストラクターとしてマンツーマンでサポートしてくださったので、理系の方はもちろん、プログラミング経験がない文系の方も挑戦できる雰囲気だった。実施テーマは、かなり具体的だったように思う。顧客の抱える課題について、IT業界の最前線で活躍する社員と一緒にIT戦略を提案していくという内容だった。自分が参加したときのテーマは、大規模ネットワークを利用した新規ビジネス提案に関連したものだった。徹底した顧客目線や問題解決のアプローチなど、その企業の文化に触れながら仕事を体験することができた。また、社員との座談会もあったので、仕事に向かう姿勢や思い、さらには、会社の雰囲気などをざっくばらんに質問することができた。社員の方からリアルな側面からのアドバイスなども聞くことができて貴重な機会となった。イベントを通して、エンジニアとしての観点から、ITソリューションについて深く知ることができたし、今後の大学生活や仕事に活かせるような新しい知見や経験も得られたと思う。

インターンシップで得たものや成長できた点

本選考への優遇が少し見られたと思う。部門が細かく分かれており社員によって仕事内容が全く違うため、興味のある分野に携わる社員をOBOGの中から探すのは難しいが、インターンシップに参加すると、その後セミナーに呼ばれ、そこで多くの社員に会うことができた。なので、インターンシップを経て希望部門の社員を見つけ、その後社員訪問を行うことで詳しいキャリアプランの選択肢や部門の雰囲気を聞くことができ、志望動機を固めることができたのは大きなメリットだと感じた。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

IT業界に就職予定である。ITを軸に幅広い業界と関わることができると感じたから。その経験を積むことで自分の市場価値を高めることができればと考えている。また、本選考を通して社員の方とお話しているうちに、企業の雰囲気が自分とマッチしていると感じたから。

このインターンはどんな学生にオススメ?

オープンイノベーションの雰囲気を体感したい学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

社員の方がインターンシップの選考を行う際、プロフェッショナルとして活躍できる人材かどうかを見る判断基準は、「学生時代に勉強に打ち込んできたか」という点だと感じた。学業について深く聞かれる場面があり、事前に用意していた留学経験の話をしたのだが、インターンシップの選考では、特定の話題について、何度詰められても答えられるように事前に準備していくことが合否に大きく影響する。どういう目的意識で学業に取り組み、どのような工夫をし、結果どのような学びがあったか、といった点で学業に関するエピソードを事前に整理しておけると良いと思う。

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


メーカー業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ