日本総合研究所のインターンシップ体験談

日本総合研究所の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

日本総合研究所

日本総合研究所のインターンシップ(2021卒,12月)体験談

インターン、学生情報

企業名 日本総合研究所
インターンシップ名 「IT戦略コース(企画・PM)」1dayインターンシップ
参加期間 1.5日(半日と1日)
参加時期 大学3年の12月、1月
職種 SE
大学名、学部名 早稲田大学基幹理工学部
卒業予定年 2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

夏のインターンシップでは大手のITや金融の企業に行ったので、秋以降ではさらなる業界分析のために二番手に位置されるような企業を調べていた。その中で、早慶の学生からの人気も高くかつ金融系SIerでは最大手として知られていた日本総研が気になった。最上流のSEとしてクライアントに最適なシステムをプレゼンするという内容が面白そうだった。また、研究室や授業に支障が出ないぐらいの日程でちょうど良かったのも選んだ理由の一つである。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特になし。

ES、面接の内容

【ES】
インターンシップ志望理由と

日本総合研究所のインターンシップ(2021卒,11・12月)体験談

インターン、学生情報

企業名 株式会社日本総合研究所
インターンシップ名 システム企画・PMコース
参加期間 5days
参加時期 修士1年の11月(3days)12月(2days)
職種 SE職
大学名、学部名 慶應義塾大学大学院 理工学研究科
卒業予定年 2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

SI業界における業務理解のためです.就活を初めて間もない頃だったためとにかくたくさんの業界に目を通すことを考えてインターンシップに申し込んでいました.その中でも当社インターンははSEとしての技術力ではなくコミュニケーション能力や発想力を問われるインターンシップであると聞いていたため非情報系の自分でも参加できると感じES提出に至りました.また研究室の先輩が19年度のインターンシップに参加されていて「とても頭を使うインターンシップで成長を感じられた」と聞いたため興味が湧いたため応募に至りました.

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ESの提出と筆記テスト,グループディスカッションと個人面接が選考で課されていたためインターンシップガイドやワンキャリアを確認して準備していました.

ES、面接の内容

ES
今後,

日本総合研究所のインターンシップ(2021卒,11月)体験談

インターン、学生情報

企業名 株式会社日本総合研究所
インターンシップ名
参加期間 5日間
参加時期 大学3年生の11月
職種 ITソリューション
卒業予定年 2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私が考える就職活動の軸と一致する点を感じたということ、働くことのイメージを確実なものにしたいとの2点である。 まず、私が考える就職活動の軸とは、ITスキルの習得、そして思考力やアイデアとITを駆使しものづくりをしたいということ。今後、ますますITを前提としてビジネスが当たり前となる社会において、将来的にITリテラシーが乏しいことはビジネスの幅が限定的になると考え、20代のうちにITスキルは高めたいと考えている。また、技術力だけ、アイデアだけではビジネスには繋がりにくいということをスタートアップのインターンシップで学んだ。この経験を生かすことができると考え志望した。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

エントリーシートの作成、第三者への添削依頼、面接対策

ES、面接の内容

◆エントリーシート

日本総合研究所のインターンシップ(2021卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名 日本総合研究所
インターンシップ名
参加期間 5日間
参加時期 修士一年の9月
職種 総合職
大学名、学部名 徳島大学工学部
卒業予定年 2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

自分がコンサルタントという仕事において、どこまで通用するのか試したいと思ったから。私は学生時代、所属組織の全てでリーダーを務めた。そこで組織ごとに発生する課題に対してヒアリングを行うことで、課題の本質を見抜き、最善策で解決へ導いてきた経験を持つ。その力を活かして、実在するプロジェクトを題材にしたプログラムに全力で取り組むことで、自分に不足している能力を把握し、身の丈を知りたいと考えるようになったから。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

なぜ日本総研がいいのかという所をなんとなくではなくて社員の方に聞かれても応えられるようにしておくべきだと思う。
また事前に日本総研の事を調べて置き、社員の方に質問をするときは「自分はこのように認識しているのですが実際はいかがですか?」と聞くと深い回答が得られると思う。

ES、面接の内容

エントリーシート、

日本総合研究所のインターンシップ(2021卒,1・8月①)体験談

インターン、学生情報

企業名 日本総合研究所
インターンシップ名 IT戦略コース
参加期間 5日間(前半3日間・後半2日間)
参加時期 修士1年の8月と1月
職種 SE
卒業予定年 2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

6月に秋葉原で開催された就活イベントに参加した際、日本総研のブースでお話を聞き、興味が湧いた。また、中高時代の友人が日本総研で働いていたので元々親近感を持っていた。他大学の学生と話して刺激を受けたいとも思った.所属している大学はわりとのんびりしている学生が多く,少し危機感を感じていた.前年にこのインターンシップに参加していた研究室の先輩の友人にお勧めされた.コンサルティングとSEの違いがよくわかっていなかったので,実際にその違いを理解しようと思った.

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

企業のコーポレートページを読んだ

ES、面接の内容

ESでは,学部・院において研究したい専門テーマとその理由,

日本総合研究所のインターンシップ(2021卒,1・8月②)体験談

インターン、学生情報

企業名 日本総合研究所
インターンシップ名 IT戦略コース
参加期間 5日間
参加時期 大学院1年生の8月と1月
職種 IT戦略コース
卒業予定年 2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

もともとコンサルティング業界の志望であり、そちらの部門に応募していたが、併願としてIT戦略コースの方も調べてみたのがきっかけ。同社は三井住友フィナンシャルグループの一員であり、金融システムをITの面から支えている企業である。自分自身、株式や仮想通貨などの投資をよく行っていることから金融業界にも興味があり、またITの先端技術に興味があったためこのインターンに参加してみたいと思った。また、この会社は学生をゲストとして迎え入れるのではなく、一社員として接してきちんとした指導を行うということを標榜していた。私はこのインターンに参加することで大きく成長できると感じたため、応募を決断した。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ES、ウェブテスト、GD、面接

ES、面接の内容

ESは「今後、学部・院において研究したい専門テーマとその理由」「現在力を入れていること(研究、部活、学外連携、社会活動等)」「自己PR」「職種の志望動機」であった。面接は1時間実施され、

日本総合研究所のインターンシップ(2020卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名 株式会社日本総合研究所
参加期間 5日間
参加時期 3年8月
職種 戦略コンサルティングコース
大学名、学部名 早稲田大学法学部
卒業予定年 2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私は当初から、総合商社を目指して就職活動をしていましたが、商社にはサマーインターンが無いため、ウィンターインターン応募の際にエントリーシートにインターン参加歴を記入することで少しでも箔付けになればなという想いと、 単純にいわゆる選考難易度が高いところを受けて力試しをし、優秀な学生や社員の方々と関わる経験がしたかったので、外資系投資銀行やコンサルティングファーム、シンクタンクはほぼ全ての企業にエントリーをしました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

この企業のために特別に準備したことはありません。

ES、面接の内容

エントリーシート ・今後ゼミ等で研究しようと思っていること(400字) ・学生時代に力を入れたこと(400字) ・自己PR(400字) ・ジョブに期待すること(200字) 面接


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加


コンサルティング業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ