JFE商事のインターンシップ体験談

JFE商事の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

JFE商事
目次
  • JFE商事のインターンシップ(2022卒,9月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • JFE商事のインターンシップ(2022卒,1月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • JFE商事のインターンシップ(2021卒,2月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • JFE商事のインターンシップ(2020卒,1月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

JFE商事のインターンシップ(2022卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名JFE商事株式会社
インターンシップ名1dayインターンシップ
参加期間1日
参加時期大学三年生の9月
職種
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

モノを持たない商社のビジネスに興味があったため、広く商社のことについて知りたいと思い、参加しました。また、1日のインターンシップであまり選考要素もないと感じたため、会社のことに詳しくなくても気軽に参加できそうだと思ったのも、参加した理由の1つです。参加のきっかけは、合同説明会で商社の説明を聞いていた際に、この企業に出会い、人事の方々の人柄に惹かれたためです。その際にインターンシップの案内がされたので、応募しようと思いました

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特になし

ES、面接の内容

1dayインターンシップだったため、ESや面接の選考はなく、

抽選で参加できるものでした。参加学生はMARCH以上が多く、学歴層は高めだったため、選考がないとはいえ、学歴も考慮されているかもしれないとは感じました。

インターンシップで体験した仕事内容

3〜4時間程度のものだったので、基本的には人事部の方々から商社についてや企業情報について教えていただく、講義形式が中心のインターンシップでした。3名の若手人事部社員の方がインターンシップに参加されており、最初に自己紹介をしてくださいましたが、若手のうちから活躍できるというJFE商事の社風がインターンシップの運営にも表れていました。その後、商社がどのような仕事をしているか、鉄鋼の汎用性・将来性について、JFE商事の基本情報、事業部の説明、鉄鋼商社の中でのJFE商事の位置付けなどについて詳しくご説明いただき、JFE商事および商社業界について理解を深めることができました。その後、5〜6人のグループに分かれて、簡単なワークを行いました。ワークといっても普段の自分の考えを話すもので、直接事業や商社の知識が必要とされるものではありませんでした。お題は3つほどあり、他の学生とも接することができた良い機会でした。

インターンシップで得たものや成長できた点

商社を志望している学生が多かったので、明るく話を回してくれるような人が多く、振る舞い方の面では非常に勉強になりました。話がうまい学生が多かったので、わかりやすい伝え方や人を惹きつける話し方など勉強になるところが多かったです。また、福利厚生や残業時間など、学生が自分から質問しづらいワークバランス系のことについても社員の方々の方から教えていただけたので、学生に対して非常に丁寧な企業さんだと感じました。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

インターンシップに参加する前は、商社に興味がある、という程度でしたが、参加したことによって、商社を第一志望にして就職活動を進めるようになりました。理由としては、商社で働く方々の人柄に魅力を感じたことがあります。

このインターンはどんな学生にオススメ?

商社志望

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

選考がなく、インターンシップの時間自体も短いので、気負うことなく参加して良いと思います。業界や企業について詳しくなくても、そうした説明がこのインターンシップの中心なので、ここで学ぼうという気持ちで気軽に参加できると思います。ワーク中は社員の方が見回っていたので、緩やかな雰囲気ではあるとはいえ、的外れな発言には気をつけながら、いつも通り参加すれば問題ないと思います。最後に質問できる機会があるので積極的に質問してみると良いと思います

JFE商事のインターンシップ(2022卒,1月)体験談

インターン、学生情報

企業名JFE商事株式会社
インターンシップ名
参加期間2日間
参加時期大学3年生の1月
職種総合職
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

総合商社に入社したいという思いあったので、専門商社のインターンシップに参加してみようと思い応募したのがきっかけです。鉄鋼専門商社の中で、規模も大きく自社でも鉄鋼の製造過程を持っていて他の鉄鋼系とは違ったため、業務レベルでどのような違いがあるのかを体験したかったのでインターンシップに応募しました。また、新卒の配属部署や職種、新卒社員がどのくらい活躍しているのかリアルな情報を取りたかったのも理由の1つです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

JFEグループは鉄鋼系で幅広い事業展開を行っているので、全グループについてインプットは事前に行っていました。

ES、面接の内容

エントリーシートと1回の面接でインターンへの参加合否が決まりました。内容は

志望動機と学生時代に力を入れたこと200字ずつでした。面接は人事1対学生3の集団面接で、主に学生時代に力を入れたことが聞かれました。

インターンシップで体験した仕事内容

今回のインターンシップは、JFE商事が実際に取引しているクライアント情報を元に架空のクライアントがあり、何回か質問をして課題や現状を特定し、提案営業を行うというテーマでした。主に3つの内容で構成されていました。1つ目は、企業に関する説明です。総合商社や専門商社の仕事内容について、JFEがグループをたくさん持っているからこその強みなどの説明がありました。2つ目はグループワークです。5人1グループにわかれた上で、商社が行っている営業業務をワークを通して体験した。具体的には、鉄鋼製品をどの会社から買って、営業としていろいろと質問をしながらどの会社に売るのかという流れでした。最後には人事部長に提案を発表するという形でフィードバックを1チームずつもらいました。3つ目は、座談会です。人事部長、現役の営業社員に対して、学生が自由に質問する形式でした。海外駐在出張などにも若手のうちから積極的に参加できるとお話ししていました。

インターンシップで得たものや成長できた点

インターンシップに参加する前には、専門商社の営業はただ買って、ただ売るというような仲介業しかしていないのかなと思っていたのですが、実際にはクライアントの経営状況や課題に対して、様々な面を考慮した上で工夫して商材を提案しなければならないということが分かったので、その点は非常に学びになりました。感想としては、チームとして比較的良いフィードバックを貰ったので商社の選考に参加していく上で、かなり自信になりました。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

就職予定の業界は、IT業界で大手企業に就職する予定です。理由としては、スキルを身につけたいという点です。今後の日本情勢を鑑みた際に、何か個人で出来ることを増やす必要性を感じたからです。また、大手であれば福利厚生が整っているということも魅力的でした。

このインターンはどんな学生にオススメ?

鉄鋼系に興味がある学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

鉄鋼系は様々な専門商社、メーカーがあるので本選考の際に差別化を図るのが非常に難しい業界だと思います。インターンシップに参加できるとそれを社員さんに聞くこともできますし、彼らが面接で話していた志望動機も聞くことができるので、自分の本選考の際に大きく役立ちます。インターンシップは応募して損することは基本的にないですし、本選考の準備や面接練習にもすることができるので積極的に応募、参加することをお勧めします。

JFE商事のインターンシップ(2021卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名JFE商事
インターンシップ名
参加期間2日間
参加時期大学3年生の2月
職種総合職
卒業予定年2021年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

総合商社を第一志望として就職活動をしていました。総合商社内定を目指し就職活動をしていく過程で、総合商社と専門商社との違いが明確に理解できている必要があると考え、専門商社のインターンシップを通じ業界理解を深めたいと思い、参加を決めました。また、JFEで尊敬する先輩が働いており、鉄鋼メーカーの専門商社の中でも特にJFE商事のインターンシップに参加したいと考えて、選考に参加し、インターンシップにも参加しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ES対策、面接練習

ES、面接の内容

学生時代頑張ったこと、

それをインターンシップでどう活かせるか、部活やサークル・ゼミなどの活動はしているか、周りからどんな人だと言われるか、チームの中でどんな役割を担う存在か、海外で働くことに抵抗はあるか、あなたの強み・弱みは何か、など。

インターンシップで体験した仕事内容

・業界理解のインプット: そもそもJFE商事とは何をする会社なのか、パワーポイントスライドや紙媒体のしりょうをもとに社員の方から説明をしていただきました。特に、専門商社の特色、総合商社とのちがい、またJFE商事の特徴、入社後の仕事内容やグローバルビジネスとは何かということについて、自分で業界分析をしていて理解が及ばなかったところまで、しっかりと理解することができました。鉄鋼メーカーの専門商社ならではの事業内容や大切にされている点など、インターンシップに参加しなければ知ることができなかったことがたくさんあり、とても有意義なインターンシップの業界理解インプットせっしょんだったと思います。
・グループワーク、プレゼン、フィードバック: JFE商事の事業モデルを基にグループワークを行い、プレゼンをし、社員の方からフィードバックをいただきました。インプットセッションで学んだことを生かし、実際にJFE商事で働くとはどういうことなのか、少しですが体験できました。

インターンシップで得たものや成長できた点

インターンシップに参加し、圧倒的に専門商社への業界理解が深まったと感じます。また、参加学生のレベルはそこまで高くありませんでしたが、基本的に明るくハキハキとした方が多く、とても楽しくグループワークを行うことができました。インターンシップで得られる人脈(人事の方、参加学生)を大切にすることは意識すべきだと思います。また、第一志望群の企業だけでなく、その関連会社や関連業界のインターンシップに参加すること、業界理解を深めることは、第一志望企業の内定獲得の近道だと感じます。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

大手の飲料メーカーに就職します。理由は総合商社から内定がいただけなかったから、また飲料メーカーを総合商社と同じく強く入社を希望していた企業だったためです。その他企業からも内定をいただきましたが、内定を頂いた中で最も待遇が良く、やりたいことが実現できると感じた企業に就職します。

このインターンはどんな学生にオススメ?

総合商社、専門商社志望者

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

このインターンシップへの参加のキーポイントはずばり面接だと思います。特にチームの中でどのような役割であるか、その性格がわかるエピソードを印象深く面接官の方に伝える必要があると感じます。加えてあたりまえですが、面接時はスーツや髪型など清潔に身だしなみを整え、明るくハキハキと受け答えができる必要があります。また、海外勤務や英語への抵抗がないことも選考の過程で重視されているように感じました。専門商社志望者だけでなく、総合商社志望の方にもおすすめできるインターンシップです。

JFE商事のインターンシップ(2020卒,1月)体験談

インターン、学生情報

企業名JFE商事
インターンシップ名3daysインターンシップ
参加期間3日間
参加時期大学3年生の1月
職種総合職
大学名、学部名明治大学
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私が期待することは参加後、参加者全員の貴社についての具体的な理解、そして人間的成長をしていることである。貴社はものづくりを支え、世の中に大きな影響を与えることができる鉄と、新規ビジネスを作る商社の仕事の両面を持っている。しかし、私たちが日常的に鉄を扱うことは少ない。そのような日常と離れているビジネスを具体的に理解できる環境と共に、社員の方々のフィードバックを通して成長できる環境を期待している。
だからこそ、その期待を込めて参加した。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ESを仕上げる、面接練習

ES、面接の内容

これまでの学生生活の中で、

取り組んだ事を3つ挙げてください。(箇条書き)
100文字以下
上記の回答の中で、最も充実感を得る事が出来た取組みは何ですか?
200文字以下
今回のインターンシップに期待することは何ですか?
200文字以下

インターンシップで体験した仕事内容

1日目は人事部新卒採用担当による鉄鋼業界、鉄鋼専門商社の歴史、ビジネスモデル、今後の概観に関する説明が行われた。その後グループワークの説明があった。グループワークは各グループに分かれてJFE商事のキャッチフレーズを考えるというお題だった。時間は30分でグループワーク中は社員の関与はまったく無かった。グループワーク終了後、各グループの代表者が結論を発表した。その後、社員との座談会が行われ「入社3,4年目の社員が前に登壇した。非常にフランクな方で自由に質問が出来た。
2日目は商社の体感ワークであった。具体的には、取引先に対してどのように営業をしていくか、考えて実際に別室にいる人事部社員に営業をかけに行くという内容であった。チームは再編されて、また知らない人ともやらなくてはいけないため、チームワークが大切になってくる。
3日目は事業投資をどのようなことにしていけばいいか、考える体感ワークであった、新規事業立案のような形のため、チームワークがカギとなってくる。

インターンシップで得たものや成長できた点

このインターンに行くまでは鉄鋼業界や鉄鋼専門商社のことはあまり知らなかった。このインターンに参加することで理解が深まり、今までの歴史や今後の展望を知ることが出来た。また、グループワークを通じて就職活動におけるグループワークの練習にもなった。他の参加学生との交流を通して周囲の就活状況を知ることも出来たし、様々な情報を得ることが出来た。このインターンを通じて社員の方との交流をすることによって自分が働くイメージを持つことが出来た。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

金融業界を志望している。理由は世の中のお金の流れを知れると考えたからである。その世の中の根幹であるお金の流れを知ることは今後の自分自身が考えるキャリアにおいては大切であると考えたため。ファーストキャリアとしては金融業界、特に銀行を選ばせていただいた。

このインターンはどんな学生にオススメ?

鉄鋼業界、商社業界を知らない学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

先ほども書いたが、鉄鋼業界や商社に関心が無い学生や、興味はあるが知らない学生は参加してみると良いと思います。参加することで自分の知識が増え、志望度が上がるかもしれません。社員の雰囲気を見れるだけでも非常に有益なものであると思います。
またこのインターンに参加する事は難しいとは思いますが、参加して損をする事は無いと思います。とても優秀な方が多いので今後の就職活動に励みになります。また、早くからインターンに参加していれば、3月の情報解禁で焦る事無く6月の本番に臨めると思うので是非チャレンジしてみて下さい。また、企業によってはインターンの参加が本選考に直結したりするので、頑張って下さい。
しかし、どんなに会社のことを理解して志望度が高くても会社がノーと言えば不採用になります。ものすごく鬱になりそうになるかもしれませんがめげずに頑張ってください。 本当に応援しています。

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


商社業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ