中外製薬のインターンシップ体験談

中外製薬の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

中外製薬
目次
  • 中外製薬のインターンシップ(2016卒)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

中外製薬のインターンシップ(2016卒)体験談

インターン、学生情報

企業名中外製薬株式会社
参加期間1日間
参加時期3年生の夏、冬 2015年
卒業予定年2016年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

元々製薬メーカーを志望しており、中でもオンコロジーが専門分野である中外製薬にも興味を持っていました。
また、中外製薬のインターンは1日~1週間あり、1日目の審査に通った人がその後の1週間のものに参加が可能な形式でした。
また、1日のみで次に進めなかった場合でも実のある充実したインターンが受けられるという先輩からの評判があり、
今後の就職活動の参考になればと思い参加を決意しました。夏冬1回ずつ参加をしました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

製薬メーカーや製薬業界に関する下調べはもちろん、インターンでは論理的思考や柔軟な思考能力、
時事知識やコミュニケーション能力が必要だと感じていたので、大学のキャリアセンターなどでの
情報収集をしました。

ES、面接の内容

志望動機などを含め、なぜインターンシップに参加をしたいか、その熱意などが求められていると思いました。
また、MRでは提案力やコミュニケーション能力が必要になるのでそういった部分の強みのアピールや
学生時代頑張ってきたことなどをアピールしたと思います。

インターンシップで体験した仕事内容

仕事内容というよりも、論理的思考や柔軟な発想を元に、チームワークをどれほど生かして一つの結果を出すかというワークでした。
経済的戦略も求められ、アイディアをチームの中で練り、すべての人の前でプレゼンテーションをするワークでした。
提案には時間制限が設けられ、質やスピード、チームとしてのまとまりなどを総合的に評価されます。
このステージが結果として1週間のインターンシップに参加できるかどうかのボーダーの日になります。
この中で、ランダムに組まれた学生たちと話し合い、ワークに取り組みます。
知らない人たちと、即座に協力し信頼関係を構築、コミュニケーションを取りながら結果を出すという経験が 非常に面白く、その後の就職活動ならびに社会人になってからの思考やコミュニケーション能力として生かされていると思います。
与えられた環境の中で、そして限られた時間の中でパフォーマンスを求められるのが社会だと知りました。
お題はその時々によって違いますが、銀行を立て直す方法や、例題の都市の中で売れるケーキ屋を出店するにはどんなメニューを提供したらよいかなど
現実に近い設定のワークとなっていました。製薬メーカーの営業であるMRとしてだけではなく、結局その他の企業に就職したとしても活用できる経験でした。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ